(`◇´)君は樹音さんちの壮絶なる○バシリ現世花園を見たか!
5.真夏の決闘★イエロー
VS ピンク

樹音 @ほっかいろ〜〜なほっかいどー  8月11日(木) 21時37分
オリエンタル系が咲きましたよ〜 一応撮ったんですが、毎日まっ晴れで色飛んじゃいました。
待たせておいて、こんなんでごめんなさいね(^_^;)
コンカドール イエローウィン オラニア

アカプルコ? キッスプルーフ トライアンファター?
だった筈・・
私もユリの香りでクルクル・クラクラしています。ユリは夜香りが強くなりますね(^^;)

┬┴┬┴┤π`;) 初夏に咲くユリを二種だけ。
タケシマユリ Lilium hansonii イトハユリ Lilium pumilum

┬┴┬┴┤π`;) どちらもフツウの家庭では見かけませんね。

続いて
ルリダマ青&白です。
ルリタマアザミ青花とルドベッキア、洋種クガイソウ。

ルリタマアザミ白花と白みみこ(スイセンノウ)。
樹音 @ほっかいろ〜〜なほっかいどー   8月11日(木) 21時49分
盆バー!の意味、もう様 了解致しました。 まるで私の為に有る様な・・(-_-;)
メモリアル化は嬉しいです。。 でも、無理はなさらないで下さいね。
な〜んて言いながら、現在の盆バー!状況を・・ 追加しちゃったりしてます。。
まずはルドベキア他のキク科達 暑苦しいです。
(^^;)確かにルドベは暑苦し〜!
でもベロニカ系や青玉、味噌川草とのアレンジ決まってますぜ〜!

手前の白斑入り葉はヘリオプシス・ローレンサンシャインだろうか。
うちでは2,3花咲いただけで消えてしまったが、TAFPでは
カタログよりも立派な花が咲く!なんでだろ〜?
あはは・・ また凄まじい物をお目に掛けてしまいました(^_^;)
最近は壮絶!の見本状態です・・ 色々な意味でも・・ けして、誇れる壮絶!では、有りません。

盆花代表 宿根フロックスも咲いて来ました。 宿根ヒマワリ‘旭はめんこいです。
┬┴┬┴┤π`;) ピンク系も壮絶なり!
サポナリアはサボンソウとかソープワートとか呼ばれます。
サポニン含有の有毒植物との事なので泡立たせた事は無いのですが、
葉と根を煮ると石鹸液が出来るらしい・・です。左上はモナルダ。

┬┴┬┴┤π`;) ここでちょっと伊吹山(滋賀と岐阜の県境)のお花畑を。
濃淡のあるピンクの小花はシモツケソウ(バラ科)。黄色い穂花はメタカラコウ。
写真提供:amiさん@京都。

┬┴┬┴┤π`;) いかにもイングリッシュボーダーのお手本になりそうな(半自然の)花風景ですが、
樹音庭だって負けておりませんぞ。





ピンクのモハモハはキョウガノコ(バラ科)。左の黄色い穂花はリシマキア・プンクタータ。
エゾシモツケソウもお餅らし〜。

こちらの縦型モハモハはアスチルベ(ユキノシタ科)。
奥の紅紫穂花はエゾミソハギだろうか。
樹音@ シキミは無いが・・ ワレモコウなら・・   12月28日(水) 10時20分
はま親分>現世花園には、ナガボノ白ワレモコウとかナガボノ赤ワレモコウとか有りそう〜。

残念! 赤は現在居なかった。 移動してる内に消えました(-_-;)
基本的に横文字は脳味噌が拒否反応起こしますんで・・ 「ワレモコウ」の仲間としか認識してませぬ。
仲間としてなら、「タンナ姫ワレモコウ」とか「屋久島ワレモコウ」も居たような気がする(-_-;)
勿論普通!?のや斑入りとかも・・ ハハハ・・ 只の植物集めのオバサンですな(撃沈)
ここで長穂白・・したいのですが地味過ぎで見当たらず、メンジェシー&ピンクタンナ投入(^_^)
サングイソルバ・メンジェシー Sanguisorba menziesii (バラ科)

ピンクタンナ

いずれも透視効果(詳しくはこちら参照)がよく効いてますね。(^^♪
14477.メルモ@首都圏  12月28日(水) 23時39分
樹音さん
> 残念! 赤は現在居なかった。
ここ読んでパソの前で爆笑しました。「現在」はいないのね。さすがTAFP、ほんとに何でも出てきますね。


ハナマメ(ベニバナインゲン) もちろん実は食べられます。
樹音 @ホッカイド〜   8月3日(水) 11時11分
此処北の果ての短い夏も終わろうとしています・・(もうトンボ飛んでる(^_^;))
春なんだか、夏なんだか、秋なんだか解らない内に花の季節は過ぎて行くのです(前日との気温差15度とか珍しくないんです。先週は18度だったのに昨日は31度!)
私の夏はこの子達なのです。 夏休みに亡き叔母が作ってくれたフサスグリの生ジュースが大好きでした。
グミの木の下に隠れたカクレンボ トゲが痛くて早々と出て見つかりました・・
古〜〜い話です。 でも見る度に思い出します・・ 年を重ねると特にね(*^_^*)
フサスグリ ビックリグミ?

ハマナスの実。
こちらは9月。近くのサロマ湖ワッカ原生花園にて撮影。


次(秋)へ行く
トップページに戻る

(本頁は2006年1月14日にアップしました。)