(`◇´)君は樹音さんちの壮絶なるアバ○リ現世花園を見たか!
3.初夏の花壇はマジメに行くぞー!

┬┴┬┴┤π`;) 前頁ではトンでもない芳香いや方向に脱線してしまい、スミマセンでした。
初夏の樹音庭は真面目に行こうと思います。
ただし頁の構成上、日時が少し入り乱れてしまいましたが、どうかご寛容あれ。
本州以南ではアコガレ〜♪のデルフィ林立が此処では・・・(^o^;)
(2004年7月上旬に撮影)
樹音 @北海道    5月29日(日) 20時37分
・・・我庭はオープンガーデンでは有りませんが、クローズでも有りません
近所の人や一部の花好きの人達は眺めに来ますよ。 只敢えて「見に来て・・」とは、言いません。
だってね〜 酷いんですよ〜(^^;) 完全に《植物収集場》で、しか有りませんから・・ しかも、亡き父が作成した30年前の基本形が・・ 人にはけして誇れる状況では無い・・ 
これは使っちゃ〜不味い物が区切りに有るし・・ エッと言う物が存在したりして・・ ハハハ・・(^^;)
家の庭は安らげません! 友人は疲れると言いますし・・ 近所のオバサンは聞かれた花の名伝えると難しくて解らない! と、言います。 
でも、又聞いて来るんですよね〜 で、教えると・・逆ギレ起こして帰ります(-_-;)
メルモさん 花菱さん デルフィニウムは宿根しないんですね。此方では普通に持ちますから宿根草と思って居ました。
ルピナスと云い、此方は宿根草には、有利だったのですね・・
 多少(極寒?)の寒さは、我慢せねば・・

樹音 @北海道   5月21日(土) 20時16分
ルピナスが宿根しない・・と言うことがピンと来ないんです。此方では野生化したのも多いですよ 野生化したのは白〜桃〜紫なんですけどね。
実際我家でもかなりの暴れ者!で、色合いが濃い以外はほぼ野生です(^^;)
ニュージーランドで絵はがきに多用されてるルピナス・・帰化植物だからみんな抜いちゃう・・って言ってたけど、どうなったのかな〜??
暴れん坊ルピナス これでも半分位(^^;)
(2004年6月下旬に撮影)

樹音 @北海道   6月3日(金) 10時6分
今日は肌寒くて曇り 絶好の撮影日和 しかし壮絶写真しか撮れない私(-_-;)
いつもは花の記録写真ばかりでしたが、庭風景?・・ 撮って見ました。安物のデジカメで、撮影技術もゼロです。
雰囲気だけでも伝われば嬉しいのですが・・

アメリカケマンソウやユーフォルビア類、イカリソウなどなど

┬┴┬┴┤π`;) 一見すれば、おわかりの通り、
此処ではいわゆる「山野草」系の草花が地面で伸び伸びと・・・
ジュノーアイリス Iris bucharica。バックの黄色は何だろ。
イヌナズナ(ドラバ)の仲間だそうです。
樹音 @北海道   6月2日(木) 22時8分
・・・山野草を元気に育てるコツは・・植えっぱ(^o^)  これは私だけらしいですけど・・しかし環境だけは考慮していますよ〜 同居のお仲間達との相性とかね。
ドデカセオン Dodecatheon の一種
カタクリとシクラメンの合いの子みたい。
北米原産のサクラソウ科。
ルナリア(ゴウダソウ) Lunaria annua
(^^;)これは山野草ではない。
ヤマブキソウ@本州以南原産 ウルップソウ
かと思ったらノピネチドリだった!!
入手経路はシーッ(-_-;)内緒なのだ。
しっ(;゚Д゚)信じられん。
ノビネチドリが花壇の一員になってるなんて!!
ポンポン咲きのツツジは、エクスバリーツツジ ‘ホームブッシュ’
Rhododendron 'Homebush'
エクスバリー系のコレクションは名不詳込みで20種前後あるとか!
樹音 @ほっきゃいどー   6月18日(土) 11時25分
>私もTAFP(The Abashiri Flowers Park)の公式ガイドブック、欲しいです。
amiさん メルモさん それカッコイイですね。 ホームページの作成など手掛けてみたいな〜とは・・
が、しかし・・ スーパー機械音痴、不美的写真技術、特に不美的庭(-_-;) ついでに三日坊主の横着者 これでは無理な話なのではないのかと・・(沈)
・・・・
実の処 居住する花達は色別品種等で記録(?)している物で、現在
1500種位(-_-;)(-_-;)
現実的にはこれ以上は無理! なのに《欲しいな〜リスト》記載が増えて居る・・ 新品種も出てくるし・
ケマンソウやヘレボラスの元気なサマにご注目を!
樹音 @北海道   6月13日(月) 14時29分
は〜い 通路沿いにはバイケイソウもおりますです。
・・・此処の処 カラーリーフに目が無くて・・ 色モンのヘメロカリス、シモツケ、アストランティア、ラミウムとかです。
樹音 @北海道   6月12日(日) 11時18分
・・・ティアレラ&へウケラ数えて見ると20種位で、 名も解らない仔も居るので確定出来ませんが、中にこれは何(?)と言う仔が居ます。 
多分お仲間だと思うのですが・・ 教えて下さいm(_ _)m
樹音 @北海道   6月15日(水) 9時40分
・・・銅葉のヘウケラに囲まれたのは、(トルミエアの)青葉普通種[注]なのですね。
この子は最近見つけたのですが、売場のお姉ちゃんに品種名は? と訪ねると・・ 「セット物なので、個別では解りません」とニッコリ笑顔で答えられました(-_-;) ま〜いいか・・ 笑顔だから・・(-_-;)
我家に居るのですから当然!地・植・えです。寒冷地無理みたいな事書いてますね〜 
寒冷地の皆さ〜〜ん「ホッキャイドーでも大丈夫ですよ〜〜(^o^)」良い物です、お奨めしま〜す。こういうのがA支局 樹音の任務! ですよね(^_^)v


[注] 中ほどの青葉は、ユキノシタ科のトルミエア Tolmiea menziesii 英名/ピギーバックプラント(piggyback plant)だそうです。
このところ、ヒューケラ(ツボサンゴ)Heuchera やティアレラ(ズダヤクシュ) Tiarella などユキノシタ科植物人気がじわじわと上昇中ですね。
この仲間については、別頁で特集を組んでみました。 →
なぜティアレラ&へウケラは特集されないのか?!!

樹音 @北海道   6月6日(月) 20時29分
一部コーナーの公開です。小果樹と宿根草達で、咲いてるのはバレリーナ系リンゴ&ユスラウメ&チャイナチェリー&ハスカップの果樹、黄色のはドロニクム、スノーフレーク(白)が盛りです。
タコ足(エレムルス)も大勢居ますし、これから花が切れる事は有りません(*^_^*)
樹音 @北海道   6月8日(水) 22時0分
>アバシリフラワーパーク・・・
イエイエ 敢えて命名するならアスレチックガーデンもしくはサファリガーデン等が宜しいのでは・・
庭内のパトロールは機敏性と柔軟性と平衡感覚が重要なのです、枕木は私にとっての管理通路です。此処から足を踏み出す事は許されません(-_-;)
我庭ルールその1〔けして土の上に足を踏み込むなかれ〕ですから、アクロバット姿勢で草取りして、足つったりは日常茶飯事なのです(結構笑える体勢(^^))

┬┴┬┴┤π`;) 花木シリーズに突入です。
レンギョウとリビス?が咲き出しました。
精確にはリベス サングイネウムでした。
Ribes sanguineum
(ユキノシタ科)
樹音 @北海道   6月12日(日) 12時29分
・・・既にその名残は無く成りつつ有りますが、これでも通路です。淀川ツツジが見頃です。
手前左の葉はコバイケイソウに似ている。
ケマンソウやヘレボラス、センダイハギくらいまでは判るが、
奥のイエローは?(トロリウスだそうです)
ヨドガワツツジのアップ こちらはクロフネツツジ
お気に入りベスト・ワン!のクロフネツツジです(*^_^*)
┬┴┬┴┤π`;) ツツジの次は・・・

  樹音 @北海道   5月24日(火) 16時4分
   バラか〜 好きなんですけどメンテがね〜 以前トゲ有り植物禁止が母に発令されて以来、地植え無いんですよ。
   なので大きな鉢毎の地植え(?)なんですよ・・ 他の仔もプランター植え。余り増やせないから、バラは! 我慢してま〜す
キョウガノコやハニーサックルが元気ですね。
┬┴┬┴┤π`;) 従って、続きはフジなんです。
バックにレンギョウやリベスが咲いてます。
このフジの蕾の出し方は変わってますね。芽出しの葉色もなかなかですね。


同じ初夏だがへ行く

最初(早春編)から読み返す
トップページに戻る

(本頁は2006年1月1日にアップしました。)