早春の北陸ミニ紀行3/富山編

(本頁は、早春の北陸ミニ紀行1/金沢編 、/白川郷編の続きです。)

二日目(3月6日)の宿泊は富山駅向かいのでかいホテルでした。
ワタシのような山好きは窓から見える標高差3000mの北アルプス、剣立山連峰の大観を大いに期待していたのですが・・・
残念ながら、ご覧の通り曇がかかってしまい、(T_T)何も見えません。
かろうじて北陸新幹線が見える程度でした。

富山市では路面電車が健在でした。面白いことにJR駅舎から垂直方向(南)に出入りするんですね。
(´π`;)ワタシは撮りテツではないですが、思わず撮ってしまいました( 乗ってもみました)。



三日目(3月7日)は朝から雨や雪の降るあいにくの天気でした。
帰りの新幹線まで少し時間があるので、富山市内のどこかでヒマつぶし、いや観光しなければなりませんが、
天気が良くないので室内で楽しめるスポットをあたってみました。
いろいろ迷いましたが、近くに有名なラーメン屋のある富山市ガラス美術館という処を訪ねてみました。
この建物は有名な建築家、隈研吾氏の設計で、図書館としての機能もあり、素晴らしい建物でした
(先に行った21世紀美術館とは違い、家内もご機嫌でした)。
富山市ガラス美術館


美術品はガラス製に限らず、見る目も知識も無いものですからその良し悪しはわかりませんでした。
一応、常設展の「グラス・アート・ガーデン」から三枚(いずれも撮影可の展示品)。現代ガラス美術作家の巨匠デイル・チフーリの作品とのこと。


今回の小旅行、最後のグルメは有名な富山ブラックラーメン(&ます寿司)に決めておりました。
実は (´π`;)ワタシ昨年二月からラーメンはドクターストップがかかっており、
ほとんどマッタクと言っていいほど食べてない(それまでは週平均4食)のですが、
年に一回くらい、しかも人生一度の卒業旅行の時くらいはいいだろうと勝手に判断、食べちゃいました。
お店は先のガラス美術館と小路を挟んで対面する「西町大喜」という老舗、
何やら富山ブラックラーメン発祥の聖地?のようです。
西町大喜の店内

富山ブラックラーメン(かきまぜた後)

かきまぜる前のラーメン かまやつひろし氏の色紙が張ってありました。
(T_T)合掌。
食べてみて感じたことは、とっ( ̄π ̄;とにかくしょっぱいということ。
チャーシューやシナ竹にもしっかりと塩分が浸みこんでおり、真っ黒なスープに至っては啜ることさえ
ためらうほどのしょっぱさでした(レンゲを置いてなかった理由がわかりました)。しかし (´π`;)美味しかったです。

さていよいよ秋田に帰ります。
帰りの北陸新幹線は「はくたか」でした。車両は「かがやき」と同じで、違いは停まる駅の数が少し多いだけのようです。
帰りの新幹線の車窓は富山、新潟県内は雪なので何も見えません。
長野から先も曇りで山も見えなかったのですが、高崎付近で北の方に白いお山が。
上州武尊山だそうです。

大宮でこまちに乗り換え、一路、秋田へ。


行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2017年4月14日にアップしました。)