2016年ロンリーハーツ植物紀行
8月6日、岩手の高原花紀行

8月の第一週週末は珍しく山には登らず、家族サービスで岩手の海岸を訪ねました。
といいつつも行く途中、花の綺麗な高原があるので、そこにはしっかり立ち寄ってます。
その高原の名は早坂高原。地元以外はほとんど知られていません。よって土曜日なのに観光客は我々だけでした。

オミナエシ Patrinia scabiosifolia
この高原にはオミナエシがとても多いです。
もちろん秋田にもオミナエシは有りますが、数は疎らで気息奄々といったところ。
ここでは野生のキキョウも咲いています。
キキョウ Platycodon grandiflorus クサレダマ Lysimachia vulgaris var. davurica

ヤナギランは高原の花の女王的存在。
秋田では県北部の限られた場所に気息奄々ですが、ここでは割と普通に見かけます。
残念ながら開花シーズンは過ぎていました。
ヤナギラン Chamerion angustifolium

クガイソウ Veronicastrum japonicum
クガイソウはすこぶる多いですが、こちらもシーズン終了間近。

クルマユリ Lilium medeoloides ノハナショウブ Iris ensata var. spontanea (咲き残り)

シモツケ Spiraea japonica

ホタルブクロ Campanula punctata

オオバギボウシ Hosta sieboldiana だろうか。

ちょっと珍しいどころを。
ハナイカリは秋田では駒ヶ岳で一回しか見ていません。ここには割と豊富でした。
ハナイカリ Halenia corniculata

チダケサシ Astilbe microphylla
チダケサシは秋田では見たことがありません。
似たような花はトリアシショウマばかりですが、ここには両方有りました。
トリアシショウマ Astilbe odontophylla

トモエシオガマ Pedicularis resupinata var. caespitosa カセンソウ Inula salicina var. asiatica

ツリガネニンジン Adenophora triphylla var. japonica

この高原、花の種類がとても豊富なんです。
昔ならどこの山や高原でもよく見かけたような花々が此処にはまだいっぱい残ってるんです。
ただし花の種類によっては盗掘され、道の駅で販売されたりすることもあるようで、これはとても嘆かわしいことです。
ご興味のある方はそれがしの過去の記録をご覧あれ。
 8月下旬、黄金とマゼンタの草原を彷徨う  9月中旬、某高原のラストフラワー(1) (2)
 7月下旬。盛夏に向かって咲く穂花  真夏のシラカバ林地味花  8月上旬、乾いた草原に咲く花 
 7月16日、今度こそノハナショウブの出番だ。(1) (2)

 7月2日、高原なのに何故ハマナス  君はアヤメの大洪水を見たか 
 うずのしゅげを知っていますか。  6月19日、見渡す限りのスズランは?

今日は牧野にベコは居ませんでした。
また時期を変えて遊びに来てみます。

この後、我々は岩泉町を通り、宮古海岸の宿に入ってます。
写真は無いですが、この日の岩泉の谷間はとても綺麗でした。
台風で被害に遭われた皆さまお見舞い申し上げます。一日も早い復旧をお祈りいたします。

次(岩手の海)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2016年9月10日にアップしました。)