2017年ロンリーハーツ植物紀行
8月3日、早池峰山(今年4回目)

今年、早池峰山に登るのはこれで四回目だ。
前回(7月20日)、訪ねてからまだ半月しか経っていないが、8月になって、秋めいた花も咲き出しているのではないかと思い、訪ねてみた。
今日の天気は河原坊から歩き出した途端に晴れ出し、一合目の御門口付近ではご覧のように青空になり、向かいの薬師岳もよく見えたが、
その後はガスってしまい、景色はほとんど見えなくなった。
よって今回は花中心、熱中症の心配もなく、涼しい山行きとなった。
早池峰山特産種のひとつ、ナンブトウウチソウ Sanguisorba obtusa と薬師岳。
一合目の御門口付近にて。

たぶん今年は今回で最後かもしれないので、低いところから順に花をピックアップして行く。
小田越から針葉樹林帯を歩き出すと、カニコウモリがやっと咲き出していた。
カニコウモリ Parasenecio adenostyloides キンロバイ Dasiphora fruticosa

森林限界付近で真っ赤なクルマユリを見た。上にも咲いているのかなと思ったが、それきりだった。
キンロバイは前回よりも花数が増えたように感じた。
クルマユリ Lilium medeoloides

ナガバキタアザミは北海道には多いが、本州では早池峰山だけと聞く。
今回、花を期待して行ったのだが、まだ蕾ばかりだった。個人的には先週、大雪山で見たので良しとしよう。しかし印象はだいぶ違っていた。
ホタルサイコは前回、登った時も少し見かけたが、今回は森林限界付近のあちこちに咲いていた。
ナガバキタアザミ Saussurea riederii subsp. Yezoensis ホタルサイコ Bupleurum longiradiatum var. elatius

ハヤチネカラマツ
(一緒にホタルサイコやハクサンシャジン)
オヤマソバ Aconogonon nakaii

地味な花ばかり続くが、
いずれも早池峰特産か東北ではここでしか見られない花ばかり。
紅葉しかけたミヤマヤマブキショウマ Aruncus dioicus var. astilboides
とホソバツメクサ Minuartia verna var. japonica

カトウハコベ Arenaria katoana
カトウハコベは蛇紋岩植物の典型として知られる。前回、山頂付近で初めて遭遇したが、花付きがよくなかったので写真は載せなかった。
今回は山頂付近の他に御門口付近でも見つけた。こちらも花付きはイマイチだったが、一応、掲載させて頂く。

ミネウスユキソウはまだ健在だった。
ミネウスユキソウ
Leontopodium japonicum var. shiroumense
イブキジャコウソウやタカネナデシコ

今回は斜面のあちこちでピンク色の花が咲いていた。
イブキジャコウソウ Thymus quinquecostatus
タカネナデシコのピンクが特に目立った。
地元の詳しい方によると今年はこの花が当たり年らしい。
タカネナデシコ Dianthus superbus var. speciosus

竜ヶ馬場付近の緩斜面には、前回もそうだったが、サマニヨモギとチシマフウロが多い。
サマニヨモギ Artemisia arctica subsp. Sachalinensis チシマフウロ Geranium erianthum
ヨモギの仲間は風媒花だとばかり思っていたが、
サマニヨモギにはアブの仲間が盛んに訪花していた。このレベルだと虫媒花としても十分やっていけるようだ。

毎回のように取りあげている天狗の滑り岩鉄梯子。
今回は今頃の時期が盛りと思われるナンブトウウチソウを添えて。
天狗の滑り岩鉄梯子とナンブトウウチソウ

前回、初登場したミヤマアケボノソウ、特に山頂部の大株は今頃が盛りだった。
ミヤマアケボノソウ Swertia perennis subsp. cuspidata ミヤマアケボノソウ Swertia perennis subsp. cuspidata

ミヤマアケボノソウ Swertia perennis subsp. cuspidata ナンブトラノオ Bistorta hayachinensis
咲き残り

山頂稜線を剣ヶ峰の方に向かったら、岩陰に咲いていた。
ミヤマダイモンジソウ Saxifraga fortunei var. alpina

もう終わりかなと思っていたハヤチネウスユキソウだが、山頂稜線ではいまだに新鮮なものが残っていた。
ハヤチネウスユキソウ Leontopodium hayachinense ハヤチネウスユキソウ Leontopodium hayachinense

稜線を西の方に歩いたら・・・
ハクサンシャジン Adenophora triphylla var. hakusanensis
右端にタカネウスユキソウ

タカネヤハズハハコ(タカネウスユキソウ)
Anaphalis alpicola
チシマギキョウ Campanula chamissonis


へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2017年9月3日にアップしました。)