2017年ロンリーハーツ植物紀行
7月20日、早池峰山3rd

毎日が日曜の特権を行使し、7月20日は今年になって三回目の早池峰山(二回目は6月29日
おそらく一年で一番、花の多い時期のようで、平日にもかかわらず登山者は多かった。
まずは低いところから。
森林限界付近で最初に目についたのは、キンロバイ。
キンロバイ Dasiphora fruticosa
続いてミネウスユキソウとタカネナデシコ。
ミネウスユキソウ Leontopodium japonicum var. shiroumense タカネナデシコ Dianthus superbus var. speciosus
まだ咲き出したばかりだった。
此処のミネウスユキソウはけっこう綺麗なので
有名なハヤチネウスユキソウと勘違いされる方が居るかもしれない。

岩だらけの道、と言うよりも岩の上を跳ねながら歩いていると、
岩の隙間にやたらと多いツメクサみたいなのは
ホソバツメクサ Minuartia verna var. japonica
今頃の登山道付近で一番個体数が多いのはこの花かもしれない。

地味な花が続く。
ハヤチネカラマツ ミヤマアケボノソウ Swertia perennis subsp. cuspidata

ハヤチネカラマツの隣にミヤマアケボノソウを見つけた時は吃驚した。
何故ならこの花は山頂稜線にあるもの、しかも8月以降でないと見られないものと勝手に思い込んでいたので、
森林限界を抜けてすぐ道端にあっけらかんと咲いていたのには吃驚した。
なおこの花は山頂稜線にも多く、そちらにはでかい株も有ったが、いずれも蕾だった。
斯様にこの山の植物の種類は森林限界より上、山頂稜線に辿り着くまでの斜面は低いところも高いところも、ほぼ共通。
ただし低いところは季節の進行が早いのか、早く咲いてる傾向があった。

今頃の時期、早池峰山に登る人の目あてはやはりハヤチネウスユキソウだろう。
高嶺の花のイメージがあるが、山頂まで行かなくても森林限界を超えるとすぐ見られる。
ただし下の方ではだいぶ古くなっていた。
月山や鳥海山で見られるミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ)に較べると、草丈も花(頭花とすぐ下の花弁状の苞葉)もでかくて立派だ。
ハヤチネウスユキソウ Leontopodium hayachinense
この個体は特に大きく、丈(長さ)は30センチ以上あった。

ハヤチネウスユキソウ Leontopodium hayachinense ミヤマオダマキの残り花と。

ハヤチネウスユキソウ Leontopodium hayachinense

イブキジャコウソウ Thymus quinquecostatus タカネサギソウ Platanthera maximowicziana

竜ヶ馬場付近ではサマニヨモギやチシマフウロが咲き出していた。
サマニヨモギ Artemisia arctica subsp. Sachalinensis

チシマフウロ Geranium erianthum ミヤマアズマギク Erigeron thunbergii subsp. Glabratus

ミヤマアズマギクは南側斜面ではほとんどが終わっていたが、
山頂付近ではまだ咲き残りが有った。
ミヤマアズマギク Erigeron thunbergii subsp. Glabratus
山頂にて。白花も有った。

ナンブトラノオ Bistorta hayachinensis
根元にはミヤマアケボノソウの蕾。
ミヤマシオガマ Pedicularis apodochila
の残り花。山頂にて。

天狗の滑り岩鉄梯子

御田植場から山頂にかけての湿った場所ではヨツバシオガマやハクサンチドリが咲いていた。
他の山では割と下の方で見られる花たちだが、早池峰では高所で初めて見られるのでちょっと意外だった。
ヨツバシオガマ Pedicularis japonica ハクサンチドリ Dactylorhiza aristata

チシマゼキショウ Tofieldia coccinea ムシトリスミレ Pinguicula vulgaris

今年は季節の進行は遅いものだとばかり思っていたが、このところの好天続きで一気に加速している部分もあるようだ。
小田越から森林限界までの間の針葉樹林帯には
今の時期、花はほとんどなかった
河原坊(駐車場)と小田越の間から見た早池峰山

が、河原坊(駐車場)と小田越の間の道路端には地味なラン科が二種咲いていた。
オニノヤガラ Gastrodia elata クモキリソウ Liparis kumokiri


次(8月3日の早池峰山へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2017年8月25日にアップしました。)