2017年ロンリーハーツ植物紀行
6月29日、早池峰2nd(後編)

(本頁は「6月29日、早池峰2nd(前編)」の続きです。)

咲いている花の種類が多いので、頁をあらためてミヤマアズマギクを。
ミヤマアズマギク Erigeron thunbergii subsp. Glabratus

ミヤマシオガマやキバナノコマノツメ他と一緒。

ミヤマシオガマやミヤマキンバイと一緒。

薬師岳をバックにミヤマアズマギク。

竜ヶ馬場より上ではイワウメの花が目立つようになる。

イワウメだけではなく、他の花も適宜混じっている。

チングルマ Geum pentapetalum とイワウメ Diapensia lapponica var. obovata

チシマアマナ Lloydia serotina
チシマアマナは前回(6月6日)もいっぱい咲いていたが、風に揺れてなかなか撮影できなかった。
今日はほとんど無風だ。他の東北の山ではなかなか見られない花なのでここぞとばかりに撮りまくる。
チシマアマナ Lloydia serotina チシマアマナ Lloydia serotina

小田越コースの名所、天狗の滑り岩の鉄梯子。
赤い↓に注目。

上写真の赤い↓部分にはミヤマキンバイが咲いていた。

ミヤマキンバイ Potentilla matsumurae

鉄梯子を登るとほどなくして剣ヶ峰分岐、そして山頂。
山頂付近ではミネザクラが咲き残っていた。

下山後、小田越から早池峰山を仰ぐ。

小田越に下山してから、今回も薬師岳山腹のオサバグサを観に行く。
オサバグサ Pteridophyllum racemosum
(ケシ科一属一種、しかも日本固有)
花はもはや終盤モードだったが、
今回は群生している様子を見ることが出来た。
オサバグサの群生シーン


河原坊(駐車場)までの道すがら。
コケイラン Oreorchis patens ヤマオダマキ Aquilegia buergeriana

あまり写す人は居ないと思うが、最後に早池峰登山口の岳集落を。
今年から平日登山ばかりしている私にはクルマで通り過ぎるだけの場所になってしまった。
岳集落。左の方に早池峰山が見える。


次(7月20日、3rd)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2017年7月22日にアップしました。)