2013年ロンリーハーツ植物紀行
2013/08/17 白馬八方&五竜の花

このシリーズ、の二頁で終わるつもりでしたが、まだ少しだけ残ってました。
高原の女王、ヤナギランです。
今回の信州巡りでは何故かさっぱり逢えませんでした。写真はリフト駅の陰に細々と咲いていたもの。

いよいよ山を降ります。
昼近くなったので、人が増えてきました。リフトの乗り継ぎ道路には行列が出来ていました。一説ではこの行列は東京や名古屋からずっと続いてるようです。
下のリフト。
これより下はゴンドラになります。

白馬の街から八方尾根を仰ぎ見る。


8月17日は八方から降りた後、もう一箇所、ゴンドラに乗って花見をしてます。
すぐ南にある白馬五竜高山植物園
ここは五竜岳2841mに連なる尾根の標高1500m付近にあります。
バックにある峰はさっきまで歩いていた八方尾根。雲を被っているのが唐松岳2696m。

五竜と唐松の間に突き出した岩山は大黒岳

八方でもパラパラ咲いていたカライトソウがここではドッサリ有りました(もちろん植栽)。
カライトソウ

カライトソウの花はホント綺麗な紐なので、私も初期に園芸導入しました。葉も素晴らしいです。地植えで五年くらいは持ちました。
昨年は北海道十勝でみごとな使いっぷりに遭遇しました。

http://www.mouzuika.com/yezo1208f.html

シモツケソウ タカネバラ

エーデルワイス

コマクサも大面積に植わってましたが、残念ながら花の盛りは過ぎておりました。
コマクサ クロクモソウ

ミソガワソウやハクサンフウロ ハクサンオミナエシ

カンパニュラ・カルパティカ
ヨーロッパ原産の高山植物も出たので、ヒマラヤや中国奥地原産の高山植物も少し。
下の一枚目は
たぶんプリムラ・カピタータ。
手前に一本だけ青味の抜けかかった青ケシ(メコノプシス)。
最近、カピタータとよく似たプリムラを秋田のホムセンでも見かけます。
北海道以外の日本では維持出来るのかな。
メコノプシス・ネパレンシス

ここを訪ねるのは、時期的には7月中がベターかなと思いました。
名残惜しいのですが、そろそろおいとましなければなりません。

またまたゴンドラに乗って、酷暑日常の下界へ。


行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2013年10月5日にアップしました。)