2013年ロンリーハーツ植物紀行
2013/08/17 白馬八方の花2

今回の信州巡りは天候には恵まれましたが、視程は良くなかったです。
なんかいつも舫っている感じで、期待していた北アルプスの連峰を始め、途中の妙高戸隠連峰もさっぱり見えませんでした。

八方尾根はとても眺めの良いところです。折角お金をかけて登ってきたのに(T_T)残念と思っていたら、
ホンの数分間だけ、このように山が見えました。
三角の立派な山は白馬鑓ヶ岳です。雲が晴れたのはこの時だけでした。
7月下旬に観た
映画『風立ちぬ』の高原みたいでした。
もっと視程が良いとこんな感じ。⇒ http://www.mouzuika.com/su9006.html

このシリーズ、花の色別に続けております(前頁はピンクと紫)。次は黄色い花。
ニッコウキスゲ シロウマタンポポ?

シロウマタンポポ?
左の小さなピンクはユキワリソウ(サクラソウ科)
シナノオトギリ?

高山性タンポポは東北の高山には分布していません。もし有ったらセイヨウタンポポが紛れ込んだものでしょう。
ここではろくに調べもせずにシロウマタンポポとしましたが、道端の植生復元箇所に少しだけ咲いていました。
キンコウカ。バックの葉はイカリソウの仲間のようです。
こんなに高山に生えるとは知りませんでした。これも蛇紋岩マジック?

続いて白い花。
イワショウブ。バックはキンコウカ。 ウメバチソウ

ウメバチソウは秋田の低山でも普通にありますが、こちらは高所のせいか開花が早いですね。
ところで皆さん、ウメバチソウって何科の花かご存知ですか。最近はニシキギ科だそうです(昔はユキノシタ科)。

ヤマブキショウマ
低山のものと較べると葉も丈もコンパクト。
タテヤマウツボグサとイワシモツケ

イワシモツケ

ミヤマウイキョウ

オヤマソバ
下の方にタカネセンブリ
ミヤマコゴメグサ
ミヤマコゴメグサはハマウツボ科の半寄生植物。秋田の山にはたぶん無いと思います。
丈は10センチ足らず。めんこい花です。
ホソバツメクサ

赤黒い花をふたつ。一枚目はタカネシュロソウ。二枚目はワレモコウ。
実は秋田ではワレモコウ、とても珍しいんです。花そのものは綺麗ではないですが、草姿に風情があり、個人的には好きです。透視効果を生かし、園芸的にもドバーッと使ってみたい素材なのですが、(-_-;)うちの庭では気息奄々です。
タカネシュロソウ ワレモコウ


行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2013年9月28日にアップしました。)