珍しく海岸植物を語るスレ・三編
2.続・ハマギク /3.アツケシソウが見頃です

33227.続、続・・・ツワブキ&ハマギクが見頃です
アルプラント    10月29日(木) 7時31分
浜っ子@福島さんのハマギク素晴らしいです。
私も茨城県の高萩から五浦、福島県の勿来から塩谷岬に咲くハマギクやコハマギクを見てきました。
この辺りは私のノギクの観察地域、毎年出かけています。先ずは高萩海岸・・・

33228.
次は五浦海岸

33230.
そして福島県の勿来
と塩谷アの日の出

33235.樹音@蝦夷    10月29日(木) 13時57分
アルプラントさ〜ん 素敵ですね、好いなぁ ありがとうございます。

ハマギクの自生状態リアルに確認出来ました、こげな凄いとこに居るんだぁ(溜息)

・・が、どーしても最近のCMがよぎります・・ 「こんな大波が必要か?」な2時間サスペンスをパロったやつ・・。
33243.モウ@へとへと    10月29日(木) 23時56分
師匠。乙彼のところすみません。
素晴らしい、そしてダイナミックな花風景ありがとうございました。
33239.Alex@園芸文化向上委員会   10月29日(木) 22時54分
真ん中の写真、素敵です!
明けましておめでとうございます!来年もよろしく!・・・と言いたくなる!
そういえば、年賀はがきが発売になった。
(一部略)
33253.アルプラント    10月30日(金) 17時18分
樹音さん、もうさん、Alexさん今晩は、、、
北の国はボチボチ初雪が舞う頃ですね。
私も滝川に8年住んでいましたよ。
ハマギクは学名に日本が入っている朱鷺と同じ程に日本の大切な固有種ですね。
遠目にはコハマギクと同じように見えるものの、花は比較にならない程に大きく、その迫力は他のノギクに群を抜いています。
波のあたる磯に群していることが多く、良い写真は船からの撮影が相応しいですね。
33255.ami    10月30日(金) 18時50
アルプラントさん 波の被る場所のハマギク、この迫真のお写真は船上から撮影されたのでしょうか、すばらしいです♪樹音さん同じく溜息〜。
海浜に生きる植物はまた格別の風情がありますね。






33257.とみちゃん    10月31日(土) 0時22分
やはり浜におけ ハマギク!
って、浜じゃあなく断崖絶壁に咲いていますね〜

ホームセンターでゲットしていた薄紫のハマギク、昨年までいたのに、気付かない間に消えていました・・・
おかしいな〜丈夫そうだったし、挿し枝でよく増えていたのに
跡形もない・・・
庭では無理なのか・・・長雨にやられたか、ナメにやられたか・・・モ庭の正体不明ノギク

やはり潮風が恋しかったのかな〜
こんな素晴らしい画像を見せてもらうともう一度庭に誘致はあきらめました。
やはり適地でのびのびと・・・
(一部略)
33260.浜っ子@福島    10月31日(土) 13時52分
アルプラントさま
素敵なお写真の数々、ありがとうございます。
今回は船を仕立ててごらんになったのですね。
ハマギク、確かに船からの撮影がベスト!そんなところに生えていました。
私の写真は携帯で撮影のものだったので、ズームも出来ず、画像もいまいち不鮮明。今度は一眼レフで撮りに行こうと思っていたところでした。
構図もすばらしい!!!とても勉強になります。

五浦〜塩屋崎の海岸線は菊の観察スポットだとは知りませんでした。
今までは高山にばかり目が行っていたのです。
これを機に、海浜植物ウォッチングもします。
(といっても、我が家は車がないので、自転車&バスでいけるところになってしまいますが)
(一部略)
33262.モウ@早くも冬タイヤ交換   10月31日(土) 17時19分
浜っこさん
> 今回は船を仕立ててごらんになったのですね。

すっ( ̄π ̄;すごいですね。
船を仕立てて魚釣りならよくありますが、花見の為と言うのは珍しいですね。さすが天下のアル師匠です。

とみちゃん
> ホームセンターでゲットしていた薄紫のハマギク、昨年までいたのに、気付かない間に消えていました・・・

ハマギクの薄紫は初めて聞きました。何か他の種類との交雑品種でしょうかね。
添付は今頃の季節になるとうちの庭に咲く正体不明の野菊。昔買った時のラベル名は「シベリアノギク」だったが、そんなのありかな。








33264.アルプラント    10月31日(土) 17時40分
浜っ子@福島さん、モウさん、今晩は、、、、
今回も船からではありませんよ。
船から撮影できると良いのにな・・・と言う意味でした。
今回は500mm程度の望遠レンズで撮影しました。
今は手ぶれ防止が入っていて、500mmでも手持ちで撮影できます。便利になりましたね。
五浦の六角堂の周囲が一つの撮影ポイントです。

33265.とみちゃん    10月31日(土) 20時34分
>ハマギクの薄紫は初めて聞きました。何か他の種類との交雑品種でしょうかね。
モウ様 一昨年の画像です。
薄紫のハマギク(だと思うのですが)ハリコしてみます。へったっぴ画像ですが、消えた今となっては撮り直しもできません。
33267.モウ@早くも冬タイヤ交換   10月31日(土) 22時7分
葉に特有の光沢が無いですね。背も低すぎるし、ハマギク Nipponanthemum nipponicum とはだいぶ違います。
別属のダルマギク Aster spathulifolius のように私は思いましたが、コージさん、或いは他のどなたか、鑑定お願いします。
手餅図鑑によると、こちらも海岸植物で、分布は本州(中国地方)と九州とのこと。
昔、うちでも地植えしてますが、あうぅ(つдi)一年でお亡くなりになりました。

やはり潮風が恋しかったのかな〜、それとも秋田の冬は{{{゚◇゚;}}}ガクガク寒すぎたのかな。
33270.setton8    10月31日(土) 22時25分
>別属のダルマギク Aster spathulifolius のように私は思いました
実は私もそう思いました。自信ないのでどうしようかと思っていたのですが、モウさまのレスで意を強くしました。
とみちゃんのは、毛がもこもこにあるように見えますね。

それと、てっきりアルプラントさんの画像は、皆様と同じく海上からの撮影と思ったのですが、望遠でしたか。
ハマギクやコハマギクはやはり大変な所に住んでいるんですね。(それとも、こういう場所でしか、もう残っていないということなんでしょうか?)
(一部略)







33271.コージ@今度はエリクサーか…   10月31日(土) 22時54分
『野菊』の類はアルプラント師匠の専門領域なので、棲み分けをはかっているのですが(^_^;
すでにsetton8さんが答えておられますが、ワタクシもダルマギクとお見受けします。葉がべたべたしている、
と言うか、触った時に湿っぽく感じませんでしたか?
伸びているのは光が足りないのかな〜という印象です。

自生地は以下のurlに示されているような場所で、栽培上も、真夏に遮光する必要はありません。
http://www.wildplants.sakura.ne.jp/goubenkarui/darumagiku.htm
http://ha3.seikyou.ne.jp/home/Hirokazu.Abe/1451.htm
http://keiko65.sakura.ne.jp/umi/darumagiku/darumagiku01.htm

モウさま
シベリアノギクと言う呼び名は、たしか古〜い文献でAster sibiricusに使われていたような記憶がありますが、
モウさまのは明らかにキク属なので別種ですね。
ノジギクか、その近縁のもののように見えます。
33273.モウ@早くも冬タイヤ交換   10月31日(土) 23時23分
> ノジギクか、その近縁のもののように見えます。
早速ありがとさん。

> 『野菊』の類はアルプラント師匠の専門領域なので、棲み分けをはかっているのですが(^_^;
そっ( ̄π ̄;そうだったんですか。
どうりで先日も・・・。
私は昔(40年以上前)、『野菊の墓』を読んで野菊や竜胆が好きになったんですが、
秋田のような北国では、旧Chrysanthemum系の野菊はほとんど自生してないですね。
南部の由利地方でまれにキクタニギク(アワコガネギク)を見かける程度です。
33278.とみちゃん    11月1日(日) 11時0分
皆さん、失礼しました。
ハマギクとダルマギク検索しましたら、私の思い違いと分かりました。ごめんなさい!
私が貼ったのはダルマギクですね!
海岸の植物という共通点での勘違いでした。おさわがせしました。
キク科は塩水に強いのでしょうか・・・
(一部略)
33279.アルプラント    11月1日(日) 11時5分
キクも恥ずかし、キクに少しハマっているアルプラントです。
トミちゃんのキクは紛れもなくダルマギクですね。
ダルマギクの自生地はハマギクとは全く違って、西日本の日本海側です。山口県の萩の側の青海島で撮影した写真を添付します。
ハマギクよりも更に岸壁に自生していますよ。一枚目は矢張り望遠レンズで小島に自生する姿を撮影したものです。









33280.arisu@しんじょう(=^^=)♪   11月1日(日) 14時28分
アルプラント師匠。絶景かなぁ〜絶景かなぁ〜です。(^^)
菊系いいですねぇ
日本を感じる花の一つです。
素敵な景色を有難うございます。
33283.モウ@明日以降はこちらも積もるらし〜 11月1日(日) 19時52分
師匠。
秘蔵写真を惜しげもなく公開頂き、感謝致しております。
特に一枚目の絶壁にこんな可愛い花が張り付いているなんて信じられない光景ですね。
先にも申し上げました通り、秋田のような北国では、旧Chrysanthemum系の野菊はほとんど自生してないので、
私にとってはいずれ新鮮な花風景。
今後も折に触れてご紹介頂けましたらさいわいです。
33285.とみちゃん    11月1日(日) 20時56分
アルプラント様
勘違いにおとがめもなく素晴らしい画像で花を添えて下さいましてありがとうございました。
そして、ここにも、ツワブキっぽい葉っぱがありますね〜

美しい画像をありがとうございました。
絶えたダルマさん、ごめんなさい!





┬┴┬┴┤π`;) これで終わりにしようかと思ったのですが、
この少し前に、てぬさんと樹音さんから珍しい海岸植物の投稿があったことを思い出しました。
貴重な情報ですので、この後に続けようと思います。

33065.アッケシソウ
てぬ@瀬戸内    10月15日(木) 21時54分
北海道の花だと思いこんでいたら、本州唯一自生のアッケシソウが岡山にあると聞いたので見て来ました。
香川県でも生育が確認されているそうです。
それほどたくさんではなかったのですが、徐々に増えているそうです。
刺してある棒は毎年の生育範囲だそうです。

33068.モウ@ア〜キア〜キ秋田♪    10月15日(木) 22時18分
うわっ(^o^;)貴重な画像ありがとうございました
(当初、樹音さんの投稿かと思いましたが、よく見たらてぬさんじゃないですか)。




33069.てぬ@瀬戸内    10月15日(木) 23時8分
樹音さんは独占禁止法に触れたのですね(^^;)☆\バキ











33084.樹音@蝦夷    10月16日(金) 17時26分
んんにゃ 呼んだ?  呼んでなくても来ちゃうもんね(笑)

てぬさん >北海道の花だと思いこんでいたら、本州唯一自生のアッケシソウが岡山にあると聞いたので見て来ました。
>香川県でも生育が確認されているそうです。


んんま 珍し ありがとうございましたー、んが、何故に「本州唯一」が岡山、難産所?
もちっと近場の 例えば「秋田」とかでないんが不思議ですねぇ・・

>樹音さんは独占禁止法に触れたのですね(^^;)☆\バキ

ガハハ 毒専ならしてる・・鴨(笑)

能取湖の観光用栽培アッケシソウ(群生だしょ) 
サロマ湖の自生アッケシソウ(疎らだ) どちらも昨年撮影分

33086.てぬ@瀬戸内    10月16日(金) 21時57分
北海道のアッケシソウは樹音さん庭と一緒で、迫力満点で色が鮮明ですね〜
岡山のアッケシソウは北海道のとは遺伝的に違うもので韓国のと完全にDNAが一致するのだそうです。なんだか不思議です。

http://homepage1.nifty.com/countrylife/akkeshi2.htm
33089.アカザ科を語るスレ( ̄も ̄;)☆\バキ
モウ@ア〜キア〜キ秋田♪    10月16日(金) 23時46分
> 能取湖の観光用栽培アッケシソウ(群生だしょ) サロマ湖の自生アッケシソウ(疎らだ)

ワタシにはどちらも密に見えますが・・・

> もちっと近場の 例えば「秋田」とかでないんが不思議ですねぇ・・

今年は海岸植物にケッコウ気を入れたつもりなんですが、アツケシソウは無かったですね。
同じアカザ科ならハマアカザが有りましたが、形が違いすぎる。もしかしたら多肉系アカザの仲間、
オカヒジキは有ったのかもしれませんが、今回は見落としたようです。

添付は男鹿のハマアカザとうちの庭のホウキグサ。
ハマアカザ
(一部略)
33096.ami    10月17日(土) 0時28分
アッケシソウがてぬさん領域にも自生しているんですね!

> 岡山のアッケシソウは北海道のとは遺伝的に違うもので韓国のと完全にDNAが一致するのだそうです。なんだか不思議です。

おお!なんだかすごいです!
てぬさんのお写真のものはなんだか食用然としてます、ぷくぷくして。
樹音さんのお写真のものはスギナみたい、もっと膨れてくるのかしら?

うわ、検索してたら楽天にアッケシソウが原料のサプリメントを発見!
うわ〜気になる効能とお値段。
33108.樹音@蝦夷    10月17日(土) 17時5分
>> 能取湖の観光用栽培アッケシソウ(群生だしょ) サロマ湖の自生アッケシソウ(疎らだ)
モウさま >ワタシにはどちらも密に見えますが・・・

アレレ 説明不足ごめんなさいです、サロマ湖は3枚目だけで・・ 疎らなのです。
コキアはもう紅葉期なのですね、どうりで毎日ストーブ焚いてる(こちらでは)はずですわん。

てぬさん > 岡山のアッケシソウは北海道のとは遺伝的に違うもので韓国のと完全にDNAが一致するのだそうです。なんだか不思議です。

んまぁ たまげた・・ とぉーっても 不思議ですね。

amiさん >樹音さんのお写真のものはスギナみたい、もっと膨れてくるのかしら?

しみじみ見る事ないけんど、ソー言われるとそーかも・・ そこが違いなの鴨ですね。
┬┴┬┴┤π`;)  最後にアル師匠の今年のベストショツトの中から一枚拝借。
サロマ湖のサンゴソウ(アツケシソウ)とアオサギだそうです。

シーサイドフラワー・シリーズ目次
深浦海岸にシーサイドフラワーを訪ねて(1) (2)
 続・シーサイドフラワー/8月の深浦オクトパスガーデン1
深浦オクトパスG2、男鹿への道
  8月、男鹿のシーサイド&マウンテンフラワー
 初秋のシーサイドフラワー/深浦海岸編  男鹿海岸編

次はツワブキ&ハマギク  続・ハマギク/アツケシソウが見頃
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る

管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2009年12月26日にアップしました。)