2019年ロンリーハーツ植物紀行
10月10日、八甲田山は紅葉してるかな。1

紅葉時期、八甲田山は過去に三回ほど掠めている。
最初は2008年の10月8日と翌9日(八甲田は葉っ紅だ!壱 ・  ・ )。この時は道路から眺めただけだが、凄まじい紅葉だった。
次いで、2015年の10月21日。この日は主に蔦温泉付近の晩期紅葉を愉しんだ(記録はこちら)。
三度目は2017年9月22日。この日は毛無岱を散策しただけ。まだ十分紅くなっていなかった(↓写真。記録はこちら)。

2017/09/22 下毛無岱の眺め

今回はまともに登山しながら紅葉を鑑賞してみようと、最も紅かった前例に倣い、10月10日に出かけてみた。
コースは6月19日と同じ。酸ヶ湯温泉から仙人岱経由で大岳に登り(余力が有れば、井戸岳、赤倉岳にも寄って)、毛無岱を通って酸ヶ湯温泉に下る周回ルートだ。


この日は秋田市自宅を午前3時前に出発、6時丁度に登山開始。
まだうす暗くてよくわからなかったが、酸ヶ湯付近の紅葉の進み具合は二、三分くらいだろうか。

酸ヶ湯の登山口。
出発時、山は雲で覆われ、見えなかった。

賽の河原

樹林帯のトンネル道 シラタマノキの実

登山道脇の樹木はまだ緑のままだった。
もう少し登ったら、紅葉してるかなと期待したが、今回は必ずしもそうではなかった。

地獄湯の沢

このコース、紅葉はほとんど無かったが、歩いているうちに雲がドンドン取れ、晴れ上がって行ったのは嬉しかった。

仙人岱から大岳への登り。

大岳山頂が近づくと、少しだけ草紅葉があったが、樹木の紅葉は無し。
大岳の上半分は針葉樹や笹に覆われており、紅葉したくても出来ない山だと後で気付く
(同じような現象は八幡平や森吉山、真昼岳、鳥海山でも経験している)。

チングルマとネバリノギランの草紅葉

水草の草紅葉 鏡沼と大岳山頂

そのため撮影で立ち止まることも少なく、8時には山頂に着いてしまった。

今回、山頂標がリニューアルしていた。
材料は青森ヒバなのか、ハッとするような香りが漂っていた。


今日の山頂からの展望は素晴らしかった。今まで登った中では最高と言える。

南側は・・・
手前は硫黄岳(1360m)、中景は左に南八甲田・乗鞍岳(1450m)、右に駒ヶ峰(1416m)、
奥に岩手山や八幡平。

南八甲田は・・・
右から。
横岳(1340m)と逆川岳(1184m)の連なり。

櫛ヶ峰(1517m)。南八甲田の最高峰。

櫛ヶ峰の左に森吉山が見えたが、そのすぐ右のシルエットは・・・。


もしかしら鳥海山。正しければ、最も北から眺めた鳥海山と言える。
それはさておき、その左は・・・

南八甲田の乗鞍岳(1450m)越しに岩手山。

手前は南八甲田の赤倉岳(1298m)。
中景左側は戸来岳/三ツ岳(1159m)、奥の真ん中辺は早池峰山と推測。

北側は・・・

田茂やち岳山頂と青森市街地を望む。

「北海道が見える!!」
と山頂で大声を発する御方(70歳台と思われる男性)も居たが、
私が見る限りは下北半島(恐山の山塊)を見誤っているようだった。こういう時は敢えて意見を述べない方がいいと思う。

避難小屋に向かって降りる。
井戸岳と避難小屋

大岳から下る余勢を借りて、井戸岳へ駆け上がる。
途中、振り返ると・・・
井戸岳途中から八甲田大岳を振り返る。

井戸岳山頂手前から望む小岳や高田大岳は素晴らしい。
どちらもアオモリトドマツと笹に覆われており、紅葉は皆無だが、それはそれで美しい。

小岳(1478m)

高田大岳(1552m)と雛岳(1240m)。ピラミッドの親子のようだ。

高田大岳(1552m)。ソロで。

田代平越しに八幡岳(1020m)



次(2)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2020年1月10日にアップしました。)