2016年ロンリーハーツ植物紀行
5月15日、西八幡平に春を追いかけて

5月15日は例の葉隠れ姫を見た他に八幡平西部まで足を延ばしている。
玉川温泉付近のブナ林は新緑の真っ最中だった。
ブナの森越しに隣の山域の森吉山(1454m)がよく見えた。

有毒ガスの立ち込める叫沢付近(標高約850m)は
山一面にタムシバが咲く場所として以前から気になっていた。

コブシ Magnolia kobus ?
ずっとタムシバだと思っていたが、萼から葉のようなものが飛び出して見える。
ということは此処もコブシだったのか。

その先、標高約950mの大場谷地にも春が訪れていた。
大場谷地のミズバショウはまだ初々しかった。
右奥は焼山火山。

ミズバショウ Lysichiton camtschatcense

奥に行くと
ミズバショウとエゾノリュウキンカが程よく混じって咲いている。

エゾノリュウキンカ Caltha palustris var. barthei コバイケイソウ Veratrum stamineum の芽だし

ニッコウキスゲ Hemerocallis dumortieri var. esculenta の芽だし。

アキタブキ Petasites japonicus subsp. giganteus キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica

さらに奥の林に入るとサンカヨウやユキザサの群生地があるのだが、残念ながら今日はまだ雪に覆われていた。

大場谷地を後にし、鹿角方面に降下。
標高700m付近の林の中に開花中のサンカヨウを見つけた。
サンカヨウ Diphylleia grayi


周囲ではニリンソウをはじめとした
スプリングエフェメラル達がまだ咲き残っていた。
ニリンソウ Anemone flaccida

スミレサイシン Viola vaginata オトメエンゴサク Corydalis fukuharae

エンレイソウ Trillium smallii カタクリ Erythronium japonicum

おそらく今年、カタクリを見るのはこれが最後だろう。

帰りに見た山々。
高山の雪もだいぶ少なってきた。
田沢湖町から見た秋田駒ヶ岳

田沢湖町から見た羽後朝日岳


行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2016年6月11日にアップしました。)