2014年ロンリーハーツ植物紀行
9月上旬、紅葉前の八幡平(2)

(本頁は9月上旬、紅葉前の八幡平(1)の続きです。)

今回(2014年9月3日)の八幡平山頂部では、リンドウがよく咲いてました。

ところで、このリンドウ、正式な名称は何だろうとface book上で質問してみたところ、
紆余曲折ありましたが、エゾオヤマリンドウ Gentiana triflora subvar.montana ということになりました。

湿原で咲いていた他の花たち。
サワギキョウはまだ咲き出したばかり。 コバギボウシはそろそろ終わりでした。



この日(9月3日)はモウ一箇所、別の湿原を訪ねています。
八幡平焼山火山の西麓にある大場谷地です。


こちらは標高1000m程度の低層&中間湿原。今頃の時期は背の高い草(高茎草本)が目立ちます。

ミヤマシシウドでしょうか。
セリ科は難しいです。
ハンゴンソウ

トリカブト
バックにゴマナ、ハンゴンソウ。
トリカブトとゴマナ

トリカブトは種名がわかりません。オクトリカブトでしょうか。

サラシナショウマ

大場谷地のエゾオヤマリンドウ アオモリアザミ(ノハラアザミの変種)

老化したヒロハユキザサ。 いち早く色づきだしたレンゲツツジ


これは高山の花ではありません。
八幡平の帰り、仙北市田沢湖町の国道端で遭遇した野花風景です。
白い小花はオトコエシ、濁ったピンクはヨツバヒヨドリ。
黄色いのはあまり見たことがないと思います。これはハチミツソウというキク科の外来種。
私が確認した範囲では秋田では仙北市だけに異常に多いんです。何故このエリアにだけ蔓延るのかわかりません。

これで初夏春を追いかけて八幡平へから続けてきた今年の八幡平シリーズはおしまいと致します。
約半月後の本格的な草紅葉の様子は昨年の記録、
2013/09/22 八幡平のプレ草紅葉  2013/09/28 八幡平の草紅葉1.火口沼編  2.ヤチマナコ編  3.山岳展望編 をご覧下さい。


行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2014年10月18日にアップしました。)