2013年ロンリーハーツ植物紀行
2013/09/22 八幡平のプレ草紅葉

9月も下旬になると、高い山の頂き付近ではそろそろ紅葉が始ま.る。
八幡平の場合、山頂付近はアオモリトドマツの樹海なので紅葉はほとんど期待できないのだが、
湿原はどうだろう。私の拙い経験では湿原の草紅葉(くさもみじ)は木の紅葉より少し早く始まるように記憶しているが、
それを確かめるべく、9月22日の日曜日、行ってみた。
大沼湿原(標高約990m)

案の定、草紅葉は始まっていた。
大場谷地(標高約970m)

いち早く赤くなった木は
ヤマウルシかと思っていたが、オオカメノキも早かった。ここ大場谷地ではウルシとオオカメが同時に赤くなっていた。

八幡平山頂付近は思ったとおり、ほとんど紅葉していない。
見返り峠(標高約1600m)

20分ほど登ると、ガマ沼、そして
ガマ沼。岩手山は雲にとり付かれている。
八幡沼の展望台に到着。
八幡沼と凌雲荘
八幡平山頂部はこの通り、笹や常緑針葉樹(アオモリトドマツやハイマツ)ばかりなのだ。
よって紅葉しないことは責められない。

湿原はどうだろう。
八幡沼を掠める遊歩道(木道)を下ってみた。
こんがりと草紅葉になってる。
ニョキニョキ立ってるのはコバイケイソウ



こんがり度はこの辺が一番かな。


八幡沼の湖畔にもアプローチ
水面のキラキラやユラユラを見ていたら、時の経つのも忘れてしまった。


帰り近くになってやっと岩手山から雲が取れて来た。
その反対、西方向には森吉山。
左側の最も奥に微かに見える山並みは男鹿半島の本山。

実は翌週、9月28日も八幡平を訪ねている。
そちらとのダブリを避ける意味でも今回はここまでとしよう。

次(2013/09/28)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2013年11月2日にアップしました。)