2011年ロンリーハーツ植物紀行
ふらりと八幡平。8月下旬編

前回、『岩手の某高原同様、八幡平もあまり日を置かずに訪ね、花レポートを続けようと思う。』などと言った手前、
8月中旬にも訪ねたのだが、
この日は、あうぅ(つдi) 残念ながら山頂部は濃霧&強風で写真撮影は断念。
その後、月末に本業で鹿角市まで行く機会があった。折角なのでその行き帰りに立ち寄ってみた。

大場谷地はいつのまにか秋っぽい雰囲気になっていた。

7月下旬、雪のような花の帯を作っていたオニシモツケ(こちら)は枯れ色に変わっていた。
今、咲いているのはゴマナやハンゴンソウ、シシウドの仲間くらいか。
ハンゴンソウの繁みの中に青紫の花影が・・・
オクトリカブト

この時期、湿原には青や紫の花が多くなる。
エゾリンドウ コバギボウシ

他には黄色のミズギク、アキノキリンソウ、紅紫のノハラアザミ(正確にはアオモリアザミか)も見かけたが、いい写真が撮れなかったので割愛させて頂く。
山頂部のお花畑は・・・

ヒトツバヨモギ ゴマナ
ゴマナやコガネギク(ミヤマアキノキリンソウ)、ヒトツバヨモギなどキク科の花が咲き出していたが、
主役はキキョウ科のハクサンシャジン(タカネツリガネニンジン)だろう。
ハクサンシャジン

ハクサンシャジン シロバナトウウチソウ
ハクサンシャジンは東北を代表する高山植物のひとつ。
もうひとつ、シロバナトウウチソウ(ワレモコウの仲間)もたしか東北限定の筈だが、右上写真の株はあまり美しくない。

次はコバギボウシ。
秋田では地下水位の高い場所なら低地から高山まで広く分布している。花の色は高所ほど鮮やかな印象がある。
コバギボウシ
右上の握り拳のような物体はニッコウキスゲの実。

早くも紅葉(黄葉)が・・・
イワイチョウの葉
イワイチョウの花。
通常は初夏、雪どけの後、すぐに咲く。葉が多い割りに花は少ない。
トウゲブキの花もそろそろ終わりかな。
バックの青紫はコバギボウシ。

前回も今回も雄大な山岳展望には恵まれていない。
帰ろうとしたら、岩手山が夏姿をあらわして来た。


行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2011年10月8日にアップしました。)