月山の花図鑑2.盛夏編

(本頁は「月山の花図鑑1.初夏編」の続きです。)

【盛夏の花】

年によって、場所によって、幅があるが、概ね七月下旬から八月中旬頃にかけて咲く花たちを扱ってみた。

ヨツバシオガマの小群生
2016/07/23

ヨツバシオガマ Pedicularis japonica
2015/07/05
ハクサンフウロ
Geranium yesoemse var. nipponicum
2014/08/02

ハクサンフウロの小群生。いろんな植物と混生することが多い。
2014/08/02

あくまでも個人的な印象だが、月山の真夏のお花畑はマゼンタのハクサンフウロとイエローのキク科のイメージが強烈だ。
それにハクサンシャジンの淡いブルーが加算され、独特な雰囲気を醸し出す。
同時期の東北の高山お花畑はどこも同じような顔ぶれだが、月山が一番みごとなような気がする。

ミヤマアキノキリンソウ(コガネギク)
Solidago virgaurea subsp. leiocarpa
ハクサンフウロと一緒。
2014/08/02
トウゲブキ Ligularia hodgsonii
東北では月山以北の高山で多く見かける。
2014/08/02

山頂付近の風衝地お花畑。ウサギギクの他に、
ハクサンイチゲ、ヨツバシオガマ、ネバリノギラン、ミヤマリンドウ、ハクサンシャジンなども見られる。
2016/07/23

ウサギギク
Arnica unalascensis var. tschonoskyi
2016/07/23
キオン Senecio nemorensis
ハクサンフウロも一緒。
2015/08/02

山頂部のお花畑。
初夏にクロユリが生えていた辺りは、盛夏になるとキオンやハクサンシャジン、ハクサンフウロに覆われる。
2015/08/02

ハクサンシャジン(タカネツリガネニンジン)
Adenophora triphylla var. hakusanensis
2015/08/02
ナンブタカネアザミ Cirsium nambuense
棘がとても痛いアザミ。開花時期に幅があり、
7月から9月まで咲いている。
2017/09/01

東北の山にはイワギキョウ、チシマギキョウなどカンパニュラ類が少ない。
イワギキョウが見られるのは、八甲田、岩手山、鳥海山くらい。
チシマギキョウは、朝日、飯豊、早池峰などが知られるが、月山にも少し咲いている。ただし植物保護のため、近寄れないのがつらい。

チシマギキョウ Campanula chamissonis
羽黒コースの稜線や風衝地で時々遠くに見かける。
2016/07/23

トウヤクリンドウは中部山岳では一般的だが、東北では極めて少なく、尾瀬の燧岳と月山だけと聞く。
ある意味では、ミヤマクロユリと並んで月山を代表する花かもしれない。

トウヤクリンドウ Gentiana algida
羽黒コースの風衝地で見かける
2016/07/23
ハクセンナズナ Macropodium pterospermum
鍛冶小屋跡付近の斜面で見かける。
2015/08/02

ミヤマセンキュウ Conioselinum filicinum
山頂部神社付近に多い。
2015/08/02
ミヤマコウゾリナ Hieracium japonicum
2014/08/02

ニッコウキスゲはこの山では群生せず、あちこちにパラパラ生えている感じだ。

姥ヶ岳山頂のお花畑。ニッコウキスゲやヨツバシオガマが目立つ。
2016/07/16

タカネアオヤギソウ
Veratrum maackii var. parviflorum form. alpinum
2016/07/16
オオバミゾホオズキ Mimulus sessilifolius
装束場浄身川にて。
2016/07/16

カラマツソウ
Thalictrum aquilegifolium var. intermedium
2015/07/05
ミヤマカラマツ
Thalictrum filamentosum var. tenurum
2016/07/16

キンコウカはあちこちで群生している。
姥ヶ岳の山頂付近や後出の弥陀ヶ原の群生は特にみごとだ。

キンコウカ Narthecium asiaticum
2015/08/02

地味な花も少し。

ネバリノギラン Aletris foliata
ミヤマウスユキソウと一緒。
2016/07/16
コメススキ
Deschampsia flexuosa
2016/07/23

オオレイジンソウ Aconitum umbrosum
姥沢にて。
2016/08/20
(撮影日は八月だが、花は終わる寸前だったので、盛夏に編入。)
フキユキノシタ Micranthes japonica
姥沢にて。
2016/08/20
(撮影日は八月だが、花は終わる寸前だったので、盛夏に編入。)

この時期に咲くものとしては、他に
シロバナクモマニガナ、ベニバナイチゴ、モミジカラマツ、ミヤマシシウド、ミヤマトウキ、イワオトギリ、ミヤマキンポウゲ、ヤマハハコなども見ているが、写真は省略。


次(3.晩夏〜秋編)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2019年1月19日にアップしました。)