2016年ロンリーハーツ植物紀行
8月20日、月山残り花紀行2

(本頁は「8月20日、月山残り花紀行1」の続きです。)

浄身川はいかにもひと休みしたくなるようなスポットだ。
今日も前回も白装束の皆さんが大勢休んでいた。


ゴマナ Aster glehnii

ダイモンジソウ Saxifraga fortunei var. alpina クロクモソウ Micranthes fusca var. kikubuki

クロクモソウ Micranthes fusca var. kikubuki
変わった色の花、クロクモソウは他の山にもあるが、訪ねる時期や生える場所の関係でなかなか開花に巡り合えないでいた。
今回、浄身川にこだわったのは、
前回、特徴的な葉を見つけ、たぶん今頃なら咲いてるだろうと思ったから。
モミジカラマツ Trautvetteria caroliniensis var. japonica
の残花
ゴゼンタチバナ Cornus canadense
の実

ミヤマアキノキリンソウ(コガネギク)
Solidago virgaurea subsp. leiocarpa
エゾオヤマリンドウ
Gentiana triflora var. japonica subvar. montana

エゾオヤマリンドウ
Gentiana triflora var. japonica subvar. montana
この場所、今はエゾオヤマリンドウが咲いてるが、
早い時期には別の高山植物が咲いている。前回(7月)に来た時はすぐ近くでキヌガサソウが咲いてた。



登山口の姥沢周辺にもいろんな花が咲く。
今回は時間にゆとりがあったので、下山後、周辺をうろついてみた。
ツルニンジン Codonopsis lanceolata

クロバナヒキオコシは日本海側ならどこの山にでもあるが、
写真撮影はきわめて難しい。
クロバナヒキオコシ Isodon trichocarpus

クロバナヒキオコシ Isodon trichocarpus フキユキノシタ Micranthes japonica

この湧水地斜面は広葉草原になっていた。
時期が早ければもっと多くの花が咲いていた模様。

オタカラコウ Ligularia fischeri

オニシオガマ Pedicularis nipponica の蕾

そろそろ帰ろうという矢先に姥沢で珍しい花を見つけた。
薄いグリーン色のトリカブト、オオレイジンソウだ。
オオレイジンソウ Aconitum umbrosum
ここで見出したことは嬉しいのだが、残念ながらシーズンを過ぎていた。
もうひと月早く来るべきだった。来年もまた来なくちゃ。

帰りに見た鳥海山(大須郷付近より)
今日の鳥海山山頂はずっと雲に隠れていたようだった。


次(鳥海山)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2016年10月7日にアップしました。)