2016年ロンリーハーツ植物紀行
7月23日、月山・弥陀ヶ原で遊ぶ

羽黒ルートがユニークなのはスタートが弥陀ヶ原という湿原である点。
この湿原は標高1400m超と高所にあるので、湿原性のみならず高山性の植物も豊富に生育している。
したがって無理に月山に登らなくても、多くの花が見られる場所だが、私はいつも下山の際にここを一巡りするようにしている。
まずは月山をバックにした湿原風景。


続いて鳥海山をバックにして。
鳥海山がこんなにはっきりと見える日はとても珍しい。



湿原の花たち

モウセンゴケ Drosera rotundifolia キンコウカ Narthecium asiaticum

キンコウカ Narthecium asiaticum が特に濃い場所。

ニッコウキスゲも有った。


ニッコウキスゲ Hemerocallis dumortieri var. esculenta コバギウシ Hosta sieboldii

オオコメツツジ Rhododendron tschonoskii subsp. trinerve






オゼコウホネ Nuphar pumilum var. ozeense
池塘に浮かぶ丸っこい葉の水草はオゼコウホネだ。
長らく尾瀬と月山(弥陀ヶ原)にしか無いと思われていたが、1970年頃、私の高校時代の恩師が秋田県内の湖沼でも見出している。
オゼコウホネ Nuphar pumilum var. ozeense


弥陀ヶ原から見た月山

帰途、五合目付近から見た鳥海山。下は立合沢川の谷。

月山に行ったのに今回は終始、鳥海山ばかり見ていたような感じだ。
最後に鶴岡市郊外から見た月山を。
鶴岡市郊外から見た月山


行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2016年8月22日にアップしました。)