2016年ロンリーハーツ植物紀行
7月23日、月山・羽黒ルートで見た花

月山は花の豊富な山。
7月23日、羽黒ルート沿いで見かけた花を列記してみる。
ハクサンシャクナゲ Rhododendron brachycarpum
行者返しにて。遠景は鳥海山。


ハクサンイチゲは終盤に差し掛かっていた。
ハクサンイチゲ Anemone narcissiflora var. japonica ミヤマシオガマ Pedicularis apodochila
こちらは最後のひと花

代わって今が盛りだったのは
ハクサンフウロ Geranium yesoemse var. nipponicum

ハクサンフウロ Geranium yesoemse var. nipponicum
のアップ。
ハクサンシャジン Adenophora triphylla var. hakusanensis
は咲き出したばかり。

月山なのに白山の名のついた花ばかり続いたが、立山も少しあった。
タテヤマウツボグサ Prunella prunelliformis

ナンブタカネアザミ Cirsium nambuense トウゲブキ Ligularia hodgsonii
も咲き出したばかりだった。

数は少なかったが、モックラ坂付近で見たのは
チシマギキョウ Campanula chamissonis
チシマギキョウは以前は全く見かけなかったのに、去年から植生復元箇所付近で目にするようになった。
復元作業の成果だとすればそれは喜ばしいことだ。

トウヤクリンドウは(尾瀬燧ヶ岳を除けば)東北では月山にしか無いと言われる花。
今回は時期的にはまだ早いと思っていたが、咲き始めの数個体に巡り会えた。
トウヤクリンドウ Gentiana algida

トウヤクリンドウの生育場所は限られているが、
ミヤマリンドウは弥陀ヶ原の湿原から山頂の乾いたところまで広く分布していた。
この花が咲くと早くも秋の気配を感じてしまう。
ミヤマリンドウ Gentiana nipponica

ミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ)
Leontopodium fauriei
コメススキ Deschampsia flexuosa

もろ山頂付近で
ヨツバシオガマ Pedicularis japonica

ヨツバシオガマ Pedicularis japonica ミヤマキンポウゲ Ranunculus acris var. nipponicus


ウサギギク Arnica unalascensis var. tschonoskyi

山頂部

雪渓の周辺で咲く花たち
チングルマ Geum pentapetalum ヒナザクラ Primula nipponica

ヒナザクラ Primula nipponica

アオノツガザクラ Phyllodoce aleutica


行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2016年8月20日にアップしました。)