2016年ロンリーハーツ植物紀行
7月23日、月山なのに鳥海山ばかり

7月23日(土)は鳥海山に行くつもりでいた。
7月2日、御浜まで行ったものの稜線上で雨に見舞われ、逃げるようにして降りて来た。花も景色も不満足な山行きだった(こちら参照)
今回は晴天になりそうだったので、そのリベンジのつもりでいたが、予定より早く目が覚めてしまった。
このまま出発すると、鳥海山登山基地の鉾立駐車場には早く着きすぎるし、まだ真っ暗の筈だ。
ところが月山羽黒ルートの八合目、弥陀ヶ原なら夜明け頃のいい時間帯になりそうだ。
また花の種類だったら、鳥海山よりも月山の方が豊富だし、眺めも鳥海山から月山を望むよりもその逆の方がゼッタイ良いだろうし・・・
てなわけで急遽、月山に向かうことにした。秋田市の自宅を午前2時20分出発、5時ちょうどに弥陀ヶ原駐車場に到着。5時20分から登山開始。
花の写真は可能な限り後回し(下山時)にしたので、7時20分には山頂付近に着いてしまった。

本頁はこの日に見た山岳風景を主体に報告してみる。
午前3時半頃、酒田みなとインター付近から見た鳥海山。

日の出直前、五合目付近から見た鳥海山。下は立合沢川の谷。

立合沢川の東側の山には
「やませ」の時、見られるような雲がかかっていた。

弥陀ヶ原でちょうど日の出。
八合目・弥陀ヶ原駐車場から南の方を望む。
月山西斜面の陰に以東岳が少し見えるが、手前の雲は何だろう。

いよいよ登山開始だ。
登りだしても、後ろの鳥海山が気になり、ときどき振り返る。
霧凌坂の途中から振り返ると・・・

九合目・仏生池の少し手前あたりから北を望む。
右(東)側はびっしりと雲に覆われていた。

九合目・仏生池小屋と鳥海山

月山なのに鳥海山の写真ばかりで恐縮だが、今日は鳥海山がよく見えるのでしょうがない。
少し東側の眺めもお届けしよう。

東側は雲海がびっしりと広がっていたが、東北の名山がいくつか同定出来た。
北北東方向を望む。
左奥に小さく秋田駒ヶ岳や岩手山らしき山が見えた。

北東方向は神室連峰や栗駒山が目立つが、左奥に焼石岳、微かに早池峰山も見えた。
手前の雲海は滝雲のようになっていた。

真東には葉山、そして船形連峰。

南東方向を望む。
左から神室岳、雁戸山、蔵王連峰。
この雲海の正体だが、この日はやませの勢力が強く、奥羽山脈を越えて、山形県の内陸盆地まで雲が押し寄せたせいではないかと後で気づく。

モックラ坂にさしかかると西側の景色も見えるようになった。
モックラ坂から南西方向を望む。
以東岳とまた別の雲海、姥ヶ岳、湯殿山も見えてきた。

月山西側の支峰
手前から紫灯(さいとう)森、金姥の稜線と湯殿山

品倉尾根

西補陀落

姥沢ルートの稜線や朝日連峰を望む。姥沢のリフト上駅も見える。

以東岳

朝日連峰と雲海
夏場にこんなによく晴れて見通しの効く日は極めて珍しいと聞く(このエリアで山ガイドをされているという方が仰ってました)

ところで月山本体はさっぱり紹介してなかった。
月山山頂南側台地から山頂(右側)と鳥海山を望む。

月山山頂付近から見た鳥海山

鳥海山は下り道からもよく見えた。
モックラ坂から見た鳥海山

昼近くなったら雲海も晴れ、隣の葉山も全体が見えるようになってきた。

行者返しから鳥海山を望む。

もうすぐで弥陀ヶ原


行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2016年8月20日にアップしました。)