2016年ロンリーハーツ植物紀行
7月16日、月山の西稜線に咲く花たち

今日の山形上空は厚い雲にびっしりと覆われている。もちろん下界から月山の姿はマッタク見えなかった。
ガッサンだからガスサンでもしょうがない、花は何とかなるだろうと向かったところ、
中腹の志津から姥沢までの間は予想した通りの濃い霧で何も見えなかった。しかしリフトに乗り、上駅が近づいたら、
ご覧のように晴れ上がっていた。
リフトは霧の中を進む。
下はニッコウキスゲのお花畑
リフト上駅近くから見た姥ヶ岳(1679m)

姥ヶ岳への登り道からは月山本体の姿がよく見えた。
月山(本体)
しかしそれもつかの間。
月山に続く稜線
9時前、ガスがかかって以降、月山の姿は見えなくなってしまった。

月山は見えなくても、姥ヶ岳山頂部には花がいっぱい咲いていた。

ニッコウキスゲ Hemerocallis dumortieri var. esculenta
とヨツバシオガマ Pedicularis japonica
タカネアオヤギソウ
Veratrum maackii var. longibracteatum

ミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ) Leontopodium fauriei

ミヤマリンドウ Gentiana nipponica ナンブタカネアザミ Cirsium nambuense

金姥の稜線


金姥の稜線で淡いピンクのお姫様たちに出会った。
エゾツガザクラ(エゾノツガザクラ) Phyllodoce caerulea

月山のエゾツガザクラ(エゾノツガザクラ) Phyllodoce caerulea は花冠の色が薄いことから、
厳密にはアオノツガザクラ Phyllodoce aleutica との雑種のコエゾツガザクラ Phyllodoce caerulea f.yezoensis ではないかと思われるが、
はっきりしたことはわからない。エゾツガザクラ、コエゾツガザクラのいずれにしても、月山は分布の南限にあたる。

更に稜線を進むと・・・
エゾシオガマ Pedicularis yezoensis ウサギギク
Arnica unalascensis var. tschonoskyi

ハクサンシャクナゲ Rhododendron brachycarpum

ハクサンフウロ Geranium yesoemse var. nipponicum

ハクサンイチゲ Anemone narcissiflora var. japonica

月山なのに白山が続いた後は
金姥から紫灯森に続く稜線 ミヤマホツツジ Cladothamnus bracteatus


チングルマ Geum pentapetalum

今日はキヌガサソウを見に装束場まで降りて行った(こちら)関係もあり、月山山頂までは行けなかったが、
姥ヶ岳やそれに連なる稜線だけでも十分すぎるほどの花を見ることが出来た。
そのことに感謝しつつ下山。

行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2016年8月14日にアップしました。)