2015年ロンリーハーツ植物紀行
7月5日、ふたたび月山(羽黒ルート1)

7月5日は鳥海か月山、どちらに行こうか迷ったが、鳥海通の友人アドバイスもあり、結局、月山に登って来た。
今年は6月7日についで二回目で、今回は羽黒ルートを往復。前回、すこぶる良かった山岳展望は早朝、鳥海山が見えたくらいでさっぱりだったが、
「がっさん=ガスさん」とはならず、薄日にほぼ無風で花の撮影にはベストの一日だった。
早朝の限られた時間だけ、鳥海山が見えた。

よって花の種類も多くなったので、三頁に分けて報告してみる。
まずは今が盛りのミニエーデルワイスこと
ミヤマウスユキソウと前回咲いてなかったミヤマクロユリを。
ミヤマウスユキソウ Leontopodium fauriei (とキバナノコマノツメ Viola biflora)の群生

月山の黒百合
ミヤマクロユリ Fritillaria camtschatcensis var. keisukei
はホンの数本見ただけで、しかもまだ咲き残っていたのは上の2本だけだった。
昔は山頂付近にうじゃうじゃと咲いていたのだが、どうしたんだろう。
山頂付近(南側から望む)
ミヤマウスユキソウはいっぱい有った。
少し近づいてみると・・・
ミヤマウスユキソウ Leontopodium fauriei

ミヤマウスユキソウ Leontopodium fauriei
とキバナノコマノツメ Viola biflora

ミヤマウスユキソウ Leontopodium fauriei
とウサギギク Arnica unalascensis var. tschonoskyi
前回、素晴らしかった朝日連峰の眺めは今回はこの程度。
朝日連峰は以東岳がちらりと見えた。
意外なところでチシマギキョウに遭遇。
東北でこの花の見られる山は限られる。よく似たイワギキョウはこの山には無いようだ。
チシマギキョウ Campanula chamissonis


チシマギキョウ Campanula chamissonis
とホソバイワベンケイ Rhodiola ishidae
山頂南側のお花畑?

前回、期待していたのに時期尚早だったミヤマシオガマ。
あれからひと月、経っているので、今回は花には間に合わないものと諦めていた
花後のミヤマシオガマ Pedicularis apodochila
が、根気強く探したら有った。
開花中のミヤマシオガマ Pedicularis apodochila


これからはヨツバシオガマの季節になる。
ヨツバシオガマ Pedicularis japonica

ヨツバシオガマ Pedicularis japonica

パッと見、ハクサンチドリはヨツバシオガマに似ている。
ウズラバハクサンチドリ Dactylorhiza aristata f. punctata
月山には葉に斑点の無いハクサンチドリもあるが、
他の山に較べるとうずら葉タイプの比率が高い。
ナンブタカネアザミ Cirsium nambuense
昨年8月に登った時はアザミだらけ、
特にナンブタカネアザミが多いのに驚いたが、
今頃から咲き出す花なんだと知る。
以上はヨツバシオガマ(やキバナノコマノツメ、ウサギギク)を除けば、月山に特徴的とも言える植物。
もちろんこれらの植物は東北の他の山にも有るので、あくまでも通常の登山コースを歩く限りでの印象としておく。
月山は花の名山だが、この山に固有な植物は無いとされる。

次(羽黒ルート2)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2015年8月1日にアップしました。)