2014年ロンリーハーツ植物紀行
8月2日、久々の月山に見た花は(1)

2014年8月2日、山形県の月山に登ってきた。前に登ったのは、なっ( ̄π ̄;なんと1989年。ということは四半世紀ぶりということになる。
天気はイマイチ(上りはほとんど霧の中、山頂に着く直前以降と下りは晴れたり曇ったり)だったが、花は♪└(・。・)┐♪┌(・。・)┘ ♪えがった。えがった。
流石である。高山植物は隣の鳥海や秋田駒も素晴らしいのだが、種類数、ボリュームの点ではそれらの山を明らかに凌ぐのではないかと密かに思っている。

今回は北側の羽黒山ルートを上り下りした。このルートは歩き始めたところが八合目・弥陀ヶ原で既に1400mを超えており、山頂(1984m)との高度差は500mもない。
その割りにこのルートは長くメリハリも無いので厭う方もいるが、
歩き始めた途端、色とりどりの高山植物が咲いており、その状態がずっと山頂まで続き、山頂にはまた新たな花も有るので、
私のような花好きにはたまらないルートとも言える。

山頂付近のお花畑

今の時期はハクサンフウロがとてもよく目立つ。
ハクサンフウロ

トウゲブキとハクサンフウロ。仏生池にて。

黄色いキク科も多くなってきた(がまだハクサンフウロが貼りついている)
ミヤマアキノキリンソウ トウゲブキ
愈々キク科単独で。
トウゲブキ キオン

真ん中の黄色はキオン。山頂付近にて。

漫画のヒマワリのようなキク科は
ウサギギク
(ウサギギクと)ヨツバシオガマ

7月20日の鳥海山ほどではないが、ヨツバシオガマも多いなと感じた。
特に頂上小屋の廻りには庭花のように咲いていた。
他のシオガマギクも豊富。
トモエシオガマ エゾシオガマ
季節が早ければ華麗なマゼンタのミヤマシオガマも咲いているこちら

他の花たち
タテヤマウツボグサ
写真は山頂付近のものだが、弥陀ヶ原の入口にも有った。

ハクサンチドリ。
最盛期を過ぎ、新鮮な個体は少なくなっていた。
こちらも終わり近くなった
ハクサンイチゲ

少し前までハクサンイチゲが優勢だった草原はハクサンシャジンに主役交代中。

ハクサンシャジン ハクサンシャジンの手前の褐色穂花は
タカネアオヤギソウ

ハクサンシャジン。根元にミヤマコウゾリナ。

シロバナトウウチソウ。
東北地方固有のワレモコウの仲間。


次(2)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2014年8月23日にアップしました。)