( ̄π ̄;フォッサマグナ岩山紀行2
君は海谷山塊を知っとるかね。1

熊谷(埼玉県)、多治見(岐阜県)で40.9℃と、これまでの国内最高気温記録を塗り替えた日(2007年8月16日)の午後4時、私はとある岩山の前に立ちつくしていた。
いきなり魁偉な岩山をお目に掛けてしまったが、この山の名前は・・・

昔、大糸線に乗り、糸魚川から松本方面に旅した時、根知(ねち)の駅辺りで、東の方に魁偉な岩山を見つけた。
駅に停車の前後、ほんの数分間、見ただけだが、その岩山は西の明星山同様、強烈な印象を私に与えた。
(`◇´)いつかこの岩山を征服してやるぞーっ!などとは思わなかったが、モウ少し間近でじっくりと眺めてみたいと長年思っていた。
今回の信州ツアーの最後にわざわざ糸魚川を掠めたのは、明星山とこの岩山に肉薄せんがため。

根知の駅からホンの少し東に入ったところで車を停め、山を写していたら
左は阿弥陀山1511m、中央の丸いのが駒ケ岳1498m
(((´π`;)/お〜い!
駒ケ岳1498m
(((´π`;)/お〜い!
と自転車に乗ったお爺ちゃん(明らかに農業)が話しかけてきた。
「勝手に田んぼ(畦)に入り込んですいません。にしても(^o^;)凄い岩山ですね。」と感想を述べると、(((´π`;)/ その通り、あれが駒ヶ岳、○□岳、△▽山、それから雨飾山・・・と山の名前を教えてくれた。妙高山も見えるとか言ってたが、それは嘘だ。山の陰に隠れて見えるはずがない。(´π`;)どこから来た?と聞かれたので、秋田です。と答えたところ、「秋田なら(´π`;)俺も昔、行ったことがある。秋田の山はみんななだらかで眠たくなるような姿だった。どうだ。秋田にはこんな立派な山は無いだろ!」と自慢話が止まらない。
山奥に行けば少数ながらもけっこう立派な岩壁はある(例えば安ノ滝周辺など)のだが、ここでは敢えて異論は差し挟まなかった。
いずれにしろ平地の田園地帯からいきなり千数百mもの岩山が幾つも聳え立つ風景は実にみごと。こんな風景は日本では極めて珍しい。
駒ヶ岳1498mと雨飾山1963m

日本百名山・三十一番札所、雨飾山1963m

それなのに、この地の山岳風景はさっぱり知られていない。
理由1.北アルプス(白馬連峰)や妙高戸隠など高くて立派な山がすぐ近くにいっぱい有る。
理由2.日本百名山ブーム以降、雨飾山は有名になったが、その前衛は恩恵に浴していない。車でのアクセスや登山道の整備が遅れている。
しかし、以前ここは映画「楢山節考」の撮影地になったとも聞く。見る人は見ているんだなと気付く。
(^^;)この地がいったい何処にあるものやら見当も付かない方のために、参考マップはまずはこちら。より詳細はこちら

この山塊により肉薄すべく県道221号線詳細地図で上野とある辺り)に入ると
時折、駒ヶ岳の岩壁が覆いかぶさるように見え隠れする。
県道から派生した林道を奥に進み、終点と思われる広場に着いたら、
目の前に冒頭の
大岩壁があった。
ところが、この岩山の名前は詳細地図にも手持ちの道路地図にも載っていない。

広場(海谷三峡パーク)の案内板を見たところ、
千丈ヶ岳と分かった。阿弥陀山1511mや烏帽子岳1451mの前衛にあたる山のようだ。


行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2007年12月24日にアップしました。)