( ̄π ̄;フォッサマグナ岩山紀行1A
巨大魚の棲む池と更に巨大なるライムストーン塊

園芸ガーデニングとは関係ない話題で恐縮。
「高浪の池」なんて、本サイトをご覧の皆さん大多数は知らんだろけど、実は( ̄π ̄; ワタシも最近まで知らなかった。偶々或る日、糸魚川付近の地図を見ていたら、この池を発見。今回、折角近くまで行くのだからと、8月17日の朝、立ち寄ることになった。結論を言えば、寄り道して(^◇^♪えがったえがった。
「高浪の池」の所在地は糸魚川の少し南、白馬連峰支脈の端っこ。一見、ありふれた山ん中の池か沼のようだが
ここには
斯様に巨大な鯉が棲んでいるらし〜。( ̄π ̄;ほんとかな?→こちら
「環境庁&新潟県」の看板にも書いてあるくらいだから、根も葉もない話ではなかろう。だけど、それにしてもでかすぎる。
最近決まった巨大鯉の愛称は浪太郎(なみたろう)と(みどり)。
ほんとに居るのかどうか確かめるべく(いや。┬┴┬┴┤π`;) 実は別の魂胆があって)池の周りを巡ってみた。
池の畔には、ミソハギが華麗だった。
上右写真はハッカの仲間だろうか。初めて見るシソ科だ!
これはヌスビトハギ。
藪でよく見かける代物だが、フォーカスの合わせどころ、バックのぼかし方が難しく、写真としてはずっと手持コレクションにならないでいる。
秋田では「のさばり子」とも呼ばれる。
この池、透明度はあまり高くないようだが
廻りの森林が投影している部分は
斯様に綺麗な緑色になってる。まるで翡翠を溶かし込んだような色合い。

更に少し歩いたら




えー`((:((:(:(:(llllll・o・llllll)ーーーーっ!!

うぅぅぅぅ(;゚Д゚)なんじゃ。こりは!

続きはまた(明日)/~~

(以上、8月18日に記す)

26862.setton8   8月18日(土) 22時31分
モウさま、「初めて見るシソ科」はニガクサ、あるいはツルニガクサ ってことはないですよね?
念のため、植物名索引をチェックしたところ、ニガクサが登録されていましたので、ニガクサはご存知な訳だし、そうすると、この線はナシか。ウーン、分かりません。
で、なんという続きかた!  気になって、今晩眠れないじゃないですか。

26863.ムク@携帯から   8月18日(土) 23時44分
池と沼と湖の違いがわかりません(つдi) 
立派な湖に見えます♪ 
水辺のミソハギは涼しげですね! 
隣のシソ科は‥?
で、
歩いたら‥? 
歩いたら‥何!? 
何!?何があったのーっヾ(≧▽≦)

26865.モウ@秋田   8月19日(日) 0時52分
今回、ワタシが出会った株の全体像はこんな感じ。
草丈は80センチくらいあったかな。
清太郎さんの里山で見たニガクサとはだいぶ印象が違いましたが、やはりニガクサで正しいと思います。
se8さん。ありがとん。

行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2007年8月19日にアップしました。)