2008年スプリングエフェメラル紀行
┬┴┬┴┤π`;) 萌える毒ヶ森
 
これから紹介するスプエフェ・スポットは今まで紹介して来た旧・西木村西和賀とはだいぶ様相が違う。人里に極めて近いところなのに、何か事情があるのか原生的自然が比較的よく保たれている。
既に一昨年、「秋田内陸スプエフェ三昧(2)草萌え編」や昨年、「スプエフェ三昧2007A/しっとり萌える草達」でも取り上げているが、性懲りもなく今年も・・・。
2008/04/20
例年よりも十日くらい早く来てみたが、カタクリやイチゲ類などのスプエフェはすっかり店じまいモードだった。
当然である。今年は季節の進行がことのほか速いのだ。秋田辺りでも桜の開花は十日から二週間くらい早くなっている。
ハシリドコロやトリカブトの群生は相変わらずおみごと。
ハシリドコロ トリカブトの一種
生育地保護?の観点から、この場所の正式な地名は伏せることとする。
ハシリドコロやトリカブトなど猛毒植物がいっぱいあるので、勝手に「毒ヶ森(ぶすがもり)」と呼ぶことにした。
こいつも毒草。
マムシグサの仲間の芽出し
毎度のことながら、春に初めて見る時は・・・( ̄π ̄;ドッキリする。

こちらは毒無し。山菜としても使われる。
ユキザサ
指にチクッと鋭い痛みが走った。痒みも伴う痛みだ。
犯人はこいつだ。↓
ミヤマイラクサ
秋田ではアイコと呼ばれ、山菜として重宝される。
採取時は有毒の棘に注意。茹でると棘は軟化して気にならなくなる。
オシダの芽吹きは迫力満点

この山は山菜も豊富だが、それ以上に毒草だらけなので、採取にあたっては十分なる注意が必要。
エンレイソウ
確かこれも毒草だった筈。
ネコノメソウと
コミヤマカタバミ

スミレサイシン アズマイチゲ(たしか毒あり)

キクザキイチゲ(たしか毒あり) カタクリ(毒なし)

木々も萌えている。
ルイヨウボタンの新葉はとても綺麗な萌黄色だった。 トリカブトの大群生

毒ヶ森よ。来年の春はもっと早く来てみるよ。出来たらその前、トリカブトが咲く秋にも・・・。
行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2007年4月27日にアップしました。)