マジカルミステリツアー
2.裏摩周への長い道のり

今日のドライブルートだが、当初は、
弟子屈から、摩周湖や屈斜路湖を周遊し、また阿寒湖に戻り、最後にオンネトーを掠めて帯広に戻るつもりだった。
今朝になり、摩周湖は摩周湖でも、あまり知られていない裏摩周にも行って皆と差別化してやろうなどと、邪なことを急に思い立つ。
その為には、弟子屈から先は北進せず、東の方、根室国までクルマを進めなければならない。
北に望むは摩周火山。右のベコのような山は西別岳。
根網国境の山並み。真ん中辺の残雪があるのは斜里岳か。
北に遠く山並みが見える以外は、どこを見ても牧場風景が延々と広がっている。たまにベコの群れを見かけるものの、人家や人影はさっぱりで、電線や道路標識を除けば、いわゆる人工物は皆無に近かった(例えば、ガソリンスタンド、コンビニ、自販機など)。さいわいクルマのガソリンの心配は無かったものの、ドライバーの喉がカラカラになってしまった。

老牛(根室国・中標津町)の集落で自販機を見つけた時は(^^♪嬉しかった。
養老牛から先、今度は北西の方角に走る。目前の山の斜面に「牛」のような文字が。
なんか(^^♪フールオンザヒルを口ずさみたい気分
それは近づいてみてもやはり「牛」だった。
原子心母はちょっと口ずさめんな。
(^_^;)このベコ、厳密には十勝の上足寄で写したもの。

行く手に摩周火山が立ちはだかる。
左・西別岳 800m、右・摩周岳(カムイヌプリ) 857m

こっ(;゚Д゚)この山の陰にあの有名な「摩周湖」がある!
今日はこんなに天気が好い。いくらなんでも霧で見えないなんてことは無いよね。


根室網走国境の清里峠(434m)が近づくと、道路端にこんな綺麗な花がチラホラ。
チシマフウロ、エゾグンナイフウロ。どちらなんだろう。
撮影の機会は逸してしまったが、他にも、スカシユリの仲間やコウリンタンポポ、ルピナス、フランスギクなどが道端で咲き乱れていた。その多くは法面緑化で使ったものの名残りだろう。

綺麗とは言えないが、こんな草も・・・
コンフリー オオウバユリの壮絶な蕾


さて、いよいよ摩周湖が。{>(´π`)<}〃パタパタ
そっ(;゚Д゚)そりも裏から見た姿だよん。












裏摩周展望台より望む。
う〜ん。(-_-;)樹がちょっと邪魔で・・・

裏摩周展望台は網走根室釧路三国の国境付近に位置している。

問題は此処からどうやって脱出するか。
表摩周の第一、第三展望台は目と鼻の先にあるが、地図を見ると、直接繋がる道路が無い。表摩周に行くには、
(1)今来た長い道のりをそのまんま数十キロ戻り、弟子屈経由で行くか、
(2)このまんま北上し、網走国の清里町の途中から小清水町に移り、国道391号線に乗り換え、南下する(こちらも(-_-;)やはり数十キロ)
しか方法は無さそうだ。

北側を見ると、斜里岳が俺を呼んでる。
結局、私は後者(2)のルートを選択。
そして此処まで来てしまった以上、(`◇´)オホーツク海まで行ってみるべ!ってなことになった。
マジカルミステリツアー目次
1.まりもっこり阿寒湖から 2.裏摩周への長い道のり 3.オホーツクとの邂逅 4.麦わら帽子さんの庭 5.表摩周・屈斜路・オンネトー・・・
(3.オホーツクとの邂逅)へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2007年7月14日にアップしました。)