2017年ロンリーハーツ植物紀行
4月17日、出羽丘陵を彷徨う。

北国・秋田市も昨日あたり、ついに桜が開花したが、まだ花見するほどのものではない。
今日は市の梅園に立ち寄ってみた。そこは秋田県の南半分を広く覆う出羽丘陵の一角にあたる。
梅はちょうど見頃だったが、

ここを訪ねた本当の理由は少女袴じゃなくて猩々袴(ショウジョウバカマ)。
どこにでもある山草だが、秋田市ではこの梅園の下に多く、わざわざ見に来る人も多い。 (´π`;)ワタシもその一人だった。
ショウジョウバカマ Heloniopsis orientalis

ショウジョウバカマ Heloniopsis orientalis
他に咲いてた野花。
オオバキスミレ Viola brevistipulata
咲き出したばかり。
ナガハシスミレ Viola rostrata var. japonica

春になると、マンサクやウメ、ソメイヨシノのように葉よりも先に花を咲かせる樹木がけっこう多い。
ここではオオバクロモジが春の日差しを浴びて綺麗だった。
オオバクロモジ Lindera umbellata var. membrancea

次いでアブラチャンとキブシ。
どちらも春の低山でよく見かける木。
アブラチャンは(オオバ)クロモジ同様、クスノキ科であっという間に緑色になってしまう。
アブラチャン Lindera praecox

キブシ Stachyurus praecox

木の花に釣られて出羽丘陵を南下していく。
格別珍しい花ではないが、草花も。
カタクリ Erythronium japonicum キバナノアマナ Gagea lutea

アキタブキ Petasites japonicus subsp. giganteus
これは直径20センチくらいとでかかった。
隣で咲いてた青紫系の
キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica

キクザキイチゲは秋田の春の山では最もありふれた草花のひとつだろう。
花の色は白や薄青紫が一般的だが、中にはドキッとするほど濃いものもある。
今年はそれに出羽丘陵で遭遇した。
キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica


この日は午後から出羽丘陵の深部まで入ってみた。
深部とは言っても、標高はたかだか200m程度。
しかし傾斜がとても急で転落したら怪我では済まされない場所もある。

何故そんな場所に行ったのか。
雪割草の原種のひとつ、オオミスミソウに出会うためだ。
この花は秋田県が北限と言われるが、新潟や山形(高館山など)のように遊歩道脇で簡単に見られる花ではない。
道など全くない、しかも限られた急傾斜地にだけ生えている。
今日はその自生地のひとつを約20年ぶりに訪ねてみた。
ここは以前から盗掘がひどくて存続が危ぶまれていた処だが、急傾斜地にはまだ少しだけ残っていた。
オオミスミソウ Hepatica nobilis var. japonica f. magna


オオミスミソウ Hepatica nobilis var. japonica f. magna
花はもうすぐで終わるところだった。
色の濃いものや大きな株はとても少なかった。

近くの稜線ではオオイワウチワが盛りだった。
オオイワウチワ Shortia uniflora


アラゲヒョウタンボク Lonicera strophiophora

あとシライトソウのロゼットも見つけた。
こちらも分布の北限だったと思う。
シライトソウ Chionographis japonica ウスバサイシン Asarum sieboldii


次(男鹿真山)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2017年5月12日にアップしました。)