2008/08/12 鳥海山のお花畑を訪ねて 5
河原宿は今日あたりが最高に・・・

いやー(^o^;)ホント疲れまひた。
ふだん運動してないもんだから、足が吃驚し、何十度となく止まりまひた。いよいよ心臓も止まるかと思いきや、やっと河原宿の小屋が見えてきた。
ガイドブックでは1.5時間のところだが(^o^;)私はたっぷり3時間かかった。
風に揺らぐ花を500枚近くも撮影しながらの登山なので、時間がかかるのは当然だが、体力の衰えはいかんともしがたい。
それでもここまで来れたのは、あのご老人の
「(´π`)♪・・・河原宿は今日あたりが最高に花盛りだろう。あそこのニッコウキスゲは凄い!」の話があったからこそ・・・。
バックの雪渓は「心字雪渓」と呼ばれる。
なのに
うぅぅぅぅ(;゚Д゚)なんじゃ。こりは!ササしか生えてないじゃないか!花はどこへ行った?

ずっと先に着いて、もっと上まで行って降りて来た例のご老人(地元の方)が「イヤーッ。(´π`;)ミゴトに外れましたなー。」と侘びを入れたが、(-_-;)今更遅い。
意地でも花はないものかと(河原宿)小屋周辺を探し回る。
まずはこれ
8月9日、蔵王でも見かけた赤みがったシロバナトウウチソウだ。
この株は茎が赤く葉が青みがかっていた。
それからアザミの仲間
ウゴアザミ これはナンブタカネアザミだろうか。
これはアザミではない。ミヤマアキノキリンソウ(コガネギク)
世界中で鳥海山だけにしかない
チョウカイアザミ
終わり間近のニッコウキスゲ

咲かないまま枯れようとしているコバイケイソウ
れは
チングルマの実(右はコイワカガミの実)
花数が少なくタテヤマリンドウみたいな
ミヤマリンドウ
イワショウブ
とまあ、こんな按配だった。
他にも少し花は咲いていたが、今回はここまでとしよう。
最後にもう一度、河原宿、そして雲に包まれた鳥海山を振り返ってみる。

行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2008年9月6日にアップしました。)