2008/08/12 鳥海山のお花畑を訪ねて 3
果てし無きイエロー&シャジン・ロード

まずはよく目立つ黄色のキク科
トウゲブキ Ligularia hodgsonii 。葉はフキのようだが、
フキ Petasites の仲間ではない。ツワブキ Farfugium とも違う。マルバダケブキやオタカラコウと同じメタカラコウ属。
東北では月山より北の高山、亜高山帯で見られる。更に北海道から千島、サハリンに分布すると聞く(カムチャツカまであるかどうかは不明)
もう少し早く来たら、此処は黄色の帯に見えたかもしれない。

続いてハクサンシャジン。
此方はちょうど盛りのようだ。
タカネツリガネニンジンとも言う。低地に多いツリガネニンジンの高山型と言うが、両者の識別は困難。
東北地方の高い山には物凄く多いのでタクサンシャジンと呼ばれる。八月のお花畑の主役。
これだけ個体数が多いと、花色もいろいろ。
白花タイプ 濃色タイプ
岩場に咲くと更にカッコいい。

もうシャジンはタクサン!と言われそうなので、少しずつ別の花にスライドして行く。
手前はミヤマシシウドだと思うが・・・
(^o^;)セリ科も難し〜
中ほどの黄色い小花は
ミヤマアキノキリンソウ(コガネギク)。
この花も低地に多いアキノキリンソウとの識別が難しい。

行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2008年8月30日にアップしました。)