2019年ロンリーハーツ植物紀行
7月6日、滝の小屋から鳥海山へ。1

鳥海山はいつも秋田側の鉾立や祓川から登っているが、今回は山形側の湯の台、厳密には滝の小屋から登ってみた。
このルートは今まで真夏から秋にかけて、それも途中の河原宿までしか歩いていない
(記録は「2008/08/12 鳥海山のお花畑を訪ねて 1」と「9月28日、鳥海山・草紅葉紀行1」)
夏の初め頃にどんな花が咲いているのか興味があったので、今年は既に6月12日にアタックしているが、
その日は雪による通行止めで挫折(記録はこちら)、今回が二度目のアタックとなった。
今日は夜明け前から晴れており、下界からも鳥海山本体が見えていたが、何故か滝の小屋付近には雲がかかっていた。

庄内平野(八幡町付近)から夜明けの鳥海山を望む。

滝の小屋入り口の駐車場 小屋から先はすぐに渡渉、
そして雪渓歩き。

八丁坂入り口付近から来し方を振り返る。
滝の小屋と渡渉点、雪渓が見える。

八丁坂(標高1300〜1530m)はミヤマナラなどの低木にびっしりと覆われた斜面で花も適度にあり、見晴らしがとても良好。
しかしここは晴れていたら、暑くてしんどい場所だろう。今日は雲で日差しが遮られていたので消耗することはなかった。

ミヤマハンショウヅルが少し。 ニッコウキスゲが少し

多いのは・・・
ウラジロヨウラク

ウラジロハナヒリノキ

マルバシモツケ ハクサンシャクナゲとミヤマヘビノネゴザ?

上の方に行くと、ヨツバシオガマが濃くなって来た。


ヨツバシオガマ ハクサンフウロ
は咲き出したばかり

河原宿(標高は約1540m)が近づいたら、急に平らになり、
雲も晴れて、ドーンと目の前に鳥海山本体が現れた。


ここから先は雪渓歩きになる。
このルートが(鉾立ルートに較べ)花が少ないと感じるのは、雪渓のせいだろう。
今頃の時期だとルート全体の約三分の一が雪渓歩き。
登りは久々にアイゼンを履いた。


雪渓際の登り。 雪渓際で見つけた
コシジオウレンとニッコウキスゲの芽出し。

雪渓越しに庄内平野を望む。

雪渓終点に到着。
こちらの斜面に咲く花は八丁坂のそれとは少し違う。

ベニバナイチゴ

ベニバナイチゴの花をアップで。

雪渓が終わった地点から伏拝岳山頂までの斜面を「薊坂」と呼ぶが、アザミ類はまだ咲いてなかった。

ミヤマキンポウゲ キバナノコマノツメ

月山

大雪渓や庄内平野を見下ろす。

鉾立ルートとの合流点、伏拝岳が近づくと、笙ヶ岳や鳥の海が見えて来る。

笙ヶ岳や鳥の海

鳥の海

やっと伏拝岳。ここで鉾立(外輪山経由)ルートと合流。



次(2)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2019年10月4日にアップしました。)