2018年ロンリーハーツ植物紀行
7月20日、鳥海山は百花繚乱。(4.山頂間近&下山時)

(本頁は「7月20日、鳥海山は百花繚乱。(3.七五三掛〜外輪山)」の続きです。)

山頂がだいぶ近くなって来た。
行者岳付近から新山、御室、七高山を望む。

千蛇ヶ谷と稲倉岳。雪渓はけっこう残っていた。

ミヤマキンバイの咲き残り ミヤマリンドウ

ホソバイワベンケイ

イワギキョウの大株

イワギキョウ

イワギキョウ こんな上にもヨツバシオガマが。
黄色い花はコガネギク。

行者岳まで登ったら、イワギキョウも咲いていた。
これで今回、見るべき花のノルマは一応、達成した。山頂まであと少しだが、ここで引き返すことにした。

行者岳から外輪山越しに鳥の海を望む。


ここから先は下山時に見た風景を抜粋、羅列してみる。
今回のルートは東西方向に歩いているので、太陽光角度の関係もあり、行き(朝)と帰り(昼過ぎ)では風景の印象が大きく異なる。
扇子森の小祠と鳥海山本体

御浜のお花畑と鳥の海(鳥海湖)、鍋森

長坂道稜線まで戻る。
朝とは違い、鳥海山本体が順光になってよく見えるようになっていた。
鳥の海(鳥海湖)と鳥海山本体

鳥の海(鳥海湖)と鳥海山本体

鳥の海(鳥海湖)と鳥海山本体

帰りもこんな風に綺麗に見えるのは極めて珍しい。
長坂道稜線お花畑と鳥海山本体、鍋森。

鍋森

笙ヶ岳

河原宿から賽の河原にかけての雪渓

雪渓の下から、小砂川堰が現れていた。
堰の詳細はこちらの下の方。
鉾立付近から稲倉岳。
手前にクガイソウ。

鉾立付近から奈曽渓谷と鳥海山本体。

下界に降りたら、早朝と同様、霞んだままだった。
遠くの景色は見えなかったが、あちこちでネムノキが咲いていた。
一合目付近のネムノキ


次(焼石岳)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2018年9月14日にアップしました。)