2018年ロンリーハーツ植物紀行
7月20日、鳥海山は百花繚乱。(2.御浜〜御田ヶ原)

(本頁は「7月20日、鳥海山は百花繚乱。(1.長坂道稜線)」の続きです。)

御浜からの眺めは鳥の海(鳥海湖)と鍋森に尽きる。
御浜からの鳥の海(鳥海湖)と鍋森、笙ヶ岳の眺め。

遥か遠く、雲の上に突き出した山は・・・
月山

鳥の海(鳥海湖)と鍋森

ヨツバシオガマと鳥の海(鳥海湖) チングルマ(実)

御浜のお花畑

トウゲブキやタカネアオヤギソウ、ハクサンシャジンが多い中に
クルマユリやハクサンフウロが混じる。

クルマユリ ハクサンフウロ

扇子森に登ると、鳥の海(鳥海湖)は隠れてしまうが、ここも素敵なお花畑になっていた。
扇子森のお花畑

ミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ)の古花

御田ヶ原まで来ると、その先には茫漠とした風景が展開する。
扇子森の小祠と鳥海山本体

ハクサンイチゲ

御田ヶ原や八丁坂ではハクサンイチゲがまだ咲いていた。これは咲き残りなのか二度咲きなのか。
ハクサンイチゲの群生

ハクサンシャジンとトウゲブキ

ニッコウキスゲ コバイケイソウ

千畳ヶ原、月山森を望む。遠くに見える山は月山。

八丁坂から七五三掛(しめかげ)にかけても花が多い。
チョウカイアザミ チョウカイアザミ

ミヤマトウキ シラネニンジン


次(3.七五三掛〜外輪山)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2018年9月7日にアップしました。)