2018年ロンリーハーツ植物紀行
7月20日、鳥海山は百花繚乱。(1.長坂道稜線)

fb友人達の投稿を見ていると、今年の鳥海山はニッコウキスゲの当たり年のようだ。
最盛期と思われる中旬は他の山(八幡平のこちら)に行ってしまったので、そのすぐ後を狙ったが、今度は天気がよろしくない。
少し待って晴れの予報が出た7月20日に決行。この日の秋田地方はちょうどpm2.5に襲われた時のようにカスミに包まれ、
視程はからきしダメだったが、メインは花なのだからと鳥海山に向かってみた。
すると不思議なことに鉾立(標高約1100m)が近づくにつれ、山がハッキリと見えて来て、上の方は綺麗に晴れ上がっていた。
暑くなる前に登ってしまおうと午前4時40分に登山スタート。
4時50分頃、奈曽渓谷はまだ暗かったが、鳥海山本体は朝日の薄衣をまとって聳えていた。

歩き始めて約一時間、賽の河原より上では雪渓が健在だった。
多くの皆さんは雪渓を避け、御浜に直行するが、天邪鬼なワタシは雪渓に挑戦。
御浜ではなく、河原宿(大平ルート)とその先の長坂道稜線をめざす。
賽の河原付近の雪渓

日陰の場所はまだ凍っていてツルツル滑ったが、場所を選べば、アイゼン無しでもナントカ歩けた。
河原宿より上の雪渓ではみごとなスプーンカットも見られた。
河原宿雪渓のスプーンカット

雪渓を乗り越え、長坂道稜線に達すると、再び鳥海山の姿が。

ヨツバシオガマ

ニッコウキスゲの群生

ニッコウキスゲは既に衰え気味だったが、他の花が凄かった。撮影時間帯は早朝6〜7時頃。

シロバナトウウチソウ トウゲブキ

ニッコウキスゲとトウゲブキ

ハクサンシャジンも参戦。

ハクサンシャジンがちょうど見頃になっていた。
ハクサンシャジン

ハクサンシャジンとヨツバシオガマ

チョウカイフスマ

チョウカイフスマは御田ヶ原から先の鳥海山本体に咲くものだと思っていたが、
今回は長坂道稜線にも一株だけ見い出した。

笙ヶ岳方面を望む。

空を分ける青い線は日本海の水平線。


再び鳥海山本体に向かって歩き出す。
ミヤマトウキの多いお花畑と鳥海山本体

やがて鳥の海(鳥海湖)が見えて来た。

鳥の海(鳥海湖)と鳥海山本体


御浜までやって来ると、稲倉岳もよく見えるようになる。
稲倉岳

この斜面はニッコウキスゲが濃い場所と記憶している。なのに、今回は疎らだった。来るのが、少し遅かったようだ。

次(2.御浜〜御田ヶ原)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2018年9月7日にアップしました。)