2017年ロンリーハーツ植物紀行
10月5日、紅葉と初冠雪の鳥海山へ。

10月5日は晴れたので、毎日が日曜の特権を行使し、昼から鳥海山に行ってみた。
山頂まで行くのは時間的にも体調(膝故障中)からも無理なので、途中七合目の御浜までだったが、
初雪と一緒に紅葉も愉しめた。何か得したような気分の山行きだった。

まずは五合目、鉾立からの大観。

稲倉岳と御浜との連結部の辺り。

鳥海山本体をクローズアップ。

この日、紅葉の神様ご一行は奈曽谷より上、1500mくらいの高さにご滞在のようだ。

鉾立から20分ほど登ったら、紅葉の上から真っ白な鳥海山本体が顔を覗かせる贅沢なポイントに到達した。
この日、見た最高の鳥海山かもしれない。

雲が湧き出し、手前の稜線に隠れ、鳥海山本体は見えなくなってしまったが、黙々と高度を稼ぐ。
紅葉を前面に稲倉岳。

六合目・賽の河原から来し方を振り返る。
仁賀保平野の稲田がよく見える。
賽の河原にて。

賽の河原からまっすぐ御浜には向かわず、吹浦口の河原宿に向かう踏み跡に入り込む。
そこで振り返ったら、水路のようなものを見つけた。こんな高所に何故?!

吹浦口の河原宿から先、今度は鳥海湖に向かう道に乗り換え。ここから先は昨日降り積もった雪が残っていて冬の様相だった。

長坂道の稜線に到着。
いつもなら此処で庄内側の景色がパーッと開け、鳥海山本体がドーンと現れるのだが、
残念、山頂部は雲に包まれていた。

お鍋ちゃんこと鍋森。これは溶岩ドームだ。

更に・・・ {{{゚◇゚;}}}ガクガク 稜線は風が冷たい!!
こちらは早速、重ね着で凌いだものの、指がかじかんでしまい、シャッターを押すのも一苦労。
手袋を忘れたことを悔やむ。

稜線を少し進むと鳥の海(鳥海湖)が見え出した。

雲が無ければ、この先はこんな眺めなのだが・・・
2015年10月18日の眺め。詳細はこちら

来し方を振り返ると、笙ヶ岳や庄内平野が。
右から三峰、二峰、笙ヶ岳の連なり。左奥に庄内平野。

個人的には笙ヶ岳のうなじと言うか足元の辺りの地形が好きだ。
檜ノ沢(ひのそ)の源流部

さらに稜線を進み、御浜に到着。
ここから北側を眺めると、筋骨隆々とした稲倉岳が。仁賀保平野もまだ黄金色だ。
御浜から稲倉岳を望む。


南側は御浜定番の風景。
鳥の海(鳥海湖)と鍋森

今回、稜線付近で遭遇した草紅葉や残り花。
ミヤマキンバイの草紅葉 ネバリノギランの草紅葉

ハクサンイチゲの残り花 ミヤマリンドウの残り花

チングルマの草紅葉

シロバナトウウチソウの草紅葉 下山途中、
またまた謎の水路。

例の謎の水路だが、fb友人、齋藤宏さんによると、
「小砂川堰」と言って、昔、作られた人工の堰でこの水は奈曽谷の方には向かわず、西の方に流れていることが判明した。

以下、齋藤宏さんのコメントを引用させて頂く。
賽の河原の水路の末端を探索したことはありませんが、この水が地下に潜って、小砂川地区田んぼのどっかに出てくるんだと思ひます。
この辺は、元滝もさうですけど、本滝の上には、石から・カラコと言つて、途中から表面には出て来づ潜っていて、出口につながってます。
同じやうに、田んぼに水が最高に必要な4月から8月初めまでの期間、賽の河原の豊富な雪解け水を水路にして、その末端に放流することで、
田んぼの水路の水源に繫がってるひとつの水源なのではないかと思ひます。
現在のやうにヘリもないときに、現地に石垣の間知石を背負って行つたか、あのあたりの石を割って石垣を積んだのかは分かりませんが、
近年でも、崩れた個所を積み直し、コンクリとかモルタルで補修した後もありますよね。
詳しいことは、小砂川地区の長老たちにでも聞かないと分かりませんが、、、
いづれにしても、小砂川地区は灌漑用水が不足気味の所ですので、1リットルの水でも欲しんだと思ひます。
それにしても、先人たちの水源発見の調査力といふか、それを管理、利用してきたことに頭が下がりますね。
まさにその通り。

下山途中、鉾立手前の例の場所。
稜線上では姿を隠していた鳥海山本体が完全に姿を現わしていた。
御浜小屋に資材を運搬のヘリコプターも写っている。

白糸の滝。
賽の河原の水の大多数を集め、奈曽谷に落下する。夏場はほとんど枯れてしまうので
見過ごすことが多いが、今回は初冠雪とその後の急速な雪解けで復活していた。

ちょっと意外に思われるかもしれないが、今年、鳥海山に登ったのは今日が初めてだった。
リタイアして一年目、今まで登ってなかった山々に登るのが忙しすぎて、近場の鳥海山は疎かというか山麓や遠方からその姿を眺めるばかりだった。
そのまま、今シーズンを終わるのかなと思っていた矢先での今回の登山、山頂までは行けなかったが、
素晴らしい景色を見せてくれた鳥海山に感謝しつつ、この稿を終える。

へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2017年11月25日にアップしました。)