2015年ロンリーハーツ植物紀行
10月18日、よたび鳥海山&中島台紅葉狩り1

今年、鳥海山に登るのは、9月27日がラストだと思っていたが、突然あるミッションをおびて10月18日にも行くことになった。
あるミッションとはこのような姿の鳥海山を撮影すること。
ミッションとなった写真。鳥海山本体と鳥の海。

今回は鉾立ルート上の賽の河原から、吹浦ルートの河原宿を経て、西鳥海山の稜線に取り付く。そのまま稜線を歩き、御浜方面へ。
さいわい天候にも恵まれ、首尾よく撮影出来たので、山頂には行かず、御田ヶ原で早い握り飯を食べ、同じ道をさっさと下山した。
なお太陽光の角度の関係から、写真は下山時に撮ったものが多い。
御田ヶ原から見た鳥海本体。

今回、珍しく自分入りの写真を。
御田ヶ原にて。

御田ヶ原から見た千畳ヶ原と月山森(1650m)。

雲の向こうに月山(1984m)。

鍋森(1652m)

鳥海山の西側には鳥の海と言う火口湖がある(最近は鳥海湖とも呼ばれるがワタシはこの呼び名を好まない。海の方が広くていいなと思う)
その隣には麦わら帽子を伏せたような鍋森。鳥海山の中ではこの付近の景色が一番好きだ。
御浜から鳥の海を望む。

笙ヶ岳方面を望む。

鳥の海。奥に千畳ヶ原。

鳥海山本体と鳥の海

鳥海山本体と鍋森

鳥海山の1000m以上では紅葉は終わり、ほとんどの高山植物は枯れてしまった。
緑色に見えるのはハイマツとササばかりだが、

一部、常緑で冬を越す草木もあり、その姿は感動的ですらあった。
ハクサンシャクナゲ Rhododendron brachycarpum シシガシラ Blechnum nipponicum
とイワカガミ Schizocodon soldanelloides

御浜の上から稲倉岳東面と中島台方面を望む。
急斜面の下に紅葉がまだ残っている。

御浜から見た稲倉岳(1554m)

日本海の眺め。
手前の小山は観音森(685m)。
ミヤマナラ Quercus mongolica var. undulatifolia
の晩期紅葉

鉾立に近づくと・・・
鉾立の少し上から鉾立展望台を望む。

鉾立展望台からの大観
この写真を撮った直後、鳥海山は雲に包まれ、しばらく見えなくなった。
今回はなんとも幸運な撮影行だった。


一転して、鳥海山麓の中島台
鳥海山の上の方の紅葉は終わっていたので、此処で私は紅葉狩りを愉しむつもりだった。
が、( ̄π ̄;ちょっと早かったようだ。
中島台のブナ林


アンパンマンがバイキンマンに変身するところみたいな
ブナの木。
カエデが少しだけ紅葉していた。


次(中島台2・・・)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2015年12月19日にアップしました。)