2015年ロンリーハーツ植物紀行
早すぎたか。5月30日。鳥海山。(壱)

5月30日、秋田市は東北六魂祭で湧きかえっているが、 (´π`; 人混みが苦手なワタシは単身、鳥海山に向かった。
今年は積雪が少なく、その後の季節の進行も早いので、もしかしたら山の上でも花が咲いているかもしれない。
登る前に山麓から見た鳥海山。
朝5時頃、にかほ市平沢郊外より。

登山口・鉾立からの大観
朝6時頃、鉾立展望台より。

今日は六魂祭の影響か、はたまた時期が早すぎるのか、登山者はほとんど見かけなかった。
鉾立からは自動車道並に立派な登山道を歩くが、両側がササや低木ばかりで日当たりが良く、いつも消耗してしまう。
雪渓が始まる前に出会った数少ない花をアップしてみる。
タムシバ Magnolia salicifolia

ミヤマスミレ Viola selkirkii ハクサンチドリ Dactylorhiza aristata

イワカガミ Schizocodon soldanelloides

シラネアオイ Glaucidium palmatum ミツバオウレン Coptis trifolia

今回は山形との県境を過ぎると、
すぐに雪渓が始まり、そこから長坂道の走る稜線までは土踏まずだった。
後から登ってきて、ワタシを追い越していく登山者の多くはスキーを背負っていた。
今はまだ春スキーのシーズンだったのだ。
長坂道の稜線が近づくと、再び鳥海本体が見えるようになった。

雪解け後の枯草の中から咲き出した花たち
ヒメイチゲ Anemone debilis ショウジョウバカマ Heloniopsis orientalis

コシジオウレン(ミツバノバイカオウレン) Coptis trifoliolata
いよいよ稜線だ。


稜線に立つと、南側の視界が急に開ける。
月山と朝日連峰

鳥海山本体とハクサンイチゲ Anemone narcissiflora var. japonica のお花畑
風当たりの強い稜線では早くもハクサンイチゲが咲き出していた。
ハクサンイチゲ Anemone narcissiflora var. japonica の花畑
こんなに新鮮なハクサンイチゲを見たのは初めてだ。

ハクサンイチゲ Anemone narcissiflora var. japonica

ハクサンイチゲの蕾には青味が強いものも有った。 さっきからチョロチョロ出ている黄色い花は
ミヤマキンバイ

ミヤマキンバイ Potentilla matsumurae



次(弐)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2015年6月26日にアップしました。)