2014年ロンリーハーツ植物紀行
7月上旬、夏鳥海にアプローチ

今日(7月6日)は無性に鳥海山が観たくなり、クルマを南へと走らせた。
角度的には秋田市から観たのとほぼ同じだが、此処まで来るとさすがにでかい。
2014/07/06 由利高原グリーンランド付近より

花立高原から祓川への道に入ると、しばらく森林のかげになり、鳥海山は見えなくなるが、
駒の王子近くなると、樹林越しに一時、見えるようになる。
横と縦、どちらがいいだろう。
善神沼の入口

門被りのブナの下をくぐり、善神沼に降りてみた。
モリアオガエルの卵塊
そこにはしし神様が舞い降りて来そうな風景が広がっていた。
こだまのような生き物にも遭遇。
ギンリョウソウ

車道の終点は祓川(はらいかわ)
クルマに乗ったまま鳥海山が望めるのはこの辺がリミットだろう。
周囲を少しだけ散策してみる。

私の手持レンズではこれで最大。

クルマを降りて歩き出すと最初に目に留まったのは濃いピンクのタニウツギ。
下界にもうじゃうじゃ有る低木だが、高所のそれは花色が濃く凛として見える。
白い花木はコブシかタムシバ
この高さでは7月の今頃がちょうど春なのだ。
ミズバショウ

一面に萌える丸い葉はイワイチョウ。
イワイチョウの花。 コイワカガミ

竜ヶ原湿原に到着。
ミツガシワ
ヒオウギアヤメ
今回は花はさっぱりだった。
地味なミツガシワのほかはヒオウギアヤメが数株のみ。個人的にはここから眺める稲倉岳が好きだ。
稲倉岳

左下に見える雪渓が懺悔坂。

竜ヶ原湿原までなら誰でも行けるが、祓川神社から先は違う。
まずは懺悔坂の雪渓(上写真、左下の雪渓)が立ちはだかっている。
ここを登りきらねばそれより上には行けない。今回は装備不十分につき、ここで退却。。((((((逃geru

懺悔坂の雪渓を真下から仰ぐ。

祓川の標高は約1220m。となると、山頂までの標高差は1010mとなる。
去年の8月はこの先にも行ってる。 ⇒ 2013/08/11風と雪の鳥海山・風雲編  風と雪の鳥海山・雪渓編  


(7月下旬のお花畑)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2014年7月26日にアップしました。)