鳥海山麓・新緑狩り紀行2/萌えるしし神様2

ふと樹冠を見上げてみる。
ブナだけかと思ったら、手前(右上)にはコシアブラが。
ここでもまたコシアブラが これは?
新緑してるのは何もブナだけではない。よく見ると他の樹木もけっこう混じってる。
ハウチワカエデかな。
この木はシナノキみたい。
その場でスパスパ名前を言い当てられたらとても素敵なのに・・・(-_-;)樹木の分類は難しい。

目の高さには
オオバクロモジの花と芽吹き
春がキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!
てな感じのこいつ
ムラサキヤシオ
オオカメノキ(ムシカリ)。ここでは芽吹きと開花が同居している。
ムラサキヤシオの花は疎らだが、そのマゼンタはよく目立つ。深山の森の数少ない美女。

足下のこの赤い実は秋にも見たな。 ⇒こちら
越冬したツルシキミ(ミカン科)の実
ツルシキミも↓ハイイヌガヤも半分地面をのたうち廻っている。豪雪に耐えられるよう進化した結果と聞く。
ハイイヌガヤ
実は食べられるとのこと。
スミレサイシン


名残惜しいけど
そろそろ
しし神様にお暇しなくちゃ。
中島台の入口から眺めた鳥海山。右側の山は稲倉岳。

☆中島台の真夏の様子は ⇒ 「しし神様の住まう処」 
☆紅葉の有り様は ⇒ 「2007/10/28 しし神様の秋庭」

次(百宅シャングリラ)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2008年5月6日にアップしました。)