2016年ロンリーハーツ植物紀行
ブナの森の葉隠れ姫に会わんとして

「ブナの森の葉隠れ姫」とはトガクシショウマ(トガクシソウ) Ranzania japonica のことです。
今回(2016年5月15日)、とある場所で8年ふりに野生品に出会いましたので報告致します(2008年の報告はこちら)。

トガクシショウマ(トガクシソウ) Ranzania japonica

今年は暖冬で雪が異常に少なかったので、もしやと思い、5月6日に訪ねてみました。
ところがとある場所にはまだ雪が多く残っており、ショウジョウバカマがやっと咲き出したレベルでした。

ショウジョウバカマ Heloniopsis orientalis ヒメモチ Ilex leucoclada

よって出直しを決意し、その日は近場の低標高のブナ林を巡って帰りました。
小さな湿原ではミズバショウやエゾノリュウキンカが咲き、コバイケイソウが力強く芽を出していました。
なお写真はありませんが、この湿原の端っこにくまモンも居ました。
ミズバショウ Lysichiton camtschatcense

エゾノリュウキンカ Caltha palustris var. barthei コバイケイソウ Veratrum stamineum


今回(2016年5月15日)は満を持して臨みました。
とある場所のブナも芽吹いています。
ブナ Fagus crenata
姫が住まうと思われる沢に分け入ります。よって履物は登山靴ではなく、ゴム長です。
こんな崖があったら要注意。
居ました。居ました。
しばし姫の御姿を。
トガクシショウマ(トガクシソウ) Ranzania japonica




同じ場所に咲いてた他の花たち。
数の上ではシラネアオイの方が多かったかもしれません。
シラネアオイ Glaucidium palmatum


ツバメオモト Clintonia udensis ミヤマスミレ Viola selkirkii



次(西八幡平)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2016年6月11日にアップしました。)