2019年ロンリーハーツ植物紀行
5月7日、房住山(サンカヨウ)と七座山

今年は5月1日から元号が変わっている。平成最後の山は4月29日の太平山となった(記録はこちらが、令和の初登山はどこになるだろうか。
私事で恐縮だが、太平山に登った翌日から、風邪の症状が現れ(どうもインフルエンザのような感じ)、家でおとなしくしていた。
その後、家内も発症、ワタシの方は回復したので、5月4日、男鹿毛無山に行ったが、足が鉛のように重たくなり、途中で断念。
山頂まで極めた山としては、7日の房住山(ぼうじゅうさん)が令和最初の山となった。
標高は400m程度、天然の秋田杉と広葉樹に覆われた静かな山で、連休明けでもあり、この日、登っていたのはワタシ独りだった。

ブナ林の登り

天然の秋田杉と広葉樹 天然の秋田杉

稜線からの眺め

今回、この山に来たのはサンカヨウを見たかったから。
昨年4月、この山で夥しい数のサンカヨウの芽出しに遭遇している(こちら参照)
開花時に是非訪ねてみたいと思っていたところ、5月6日の夜、少し雨が降った。
サンカヨウの花は降雨後に透明化することがあるので、翌5月7日の早朝に訪ねてみた。
雨のせいで登山道は歩きにくかったが、一部の花で透明花現象が見られた。ただし完全な物とは言えなかったし、
もう一、二時間、来るのが遅かったら真っ白に戻っていただろう。

サンカヨウ特有の
透明花現象(不完全)
サンカヨウ Diphylleia grayi の芽出し

サンカヨウの大株。降雨で散った花が多かった。

雨は透明化以上にサンカヨウの花そのものを散らしてしまうようだ。サンカヨウの完全な透明花に遭うのはなかなか難しい。

今回、房住山では、サンカヨウ以外には見るべき花はほとんど無かった。

シラネアオイ Glaucidium palmatum
数は少なかった。
ワサビ Eutrema japonicum

コキンバイ Geum ternatum
山頂近くの雑木林に多かった。

他に咲いていたのは、タチカメバソウ、タチツボスミレ、スミレサイシン、ツクバネソウくらいだった。

山頂から南側を望む。
今日は残念ながら、鳥海山は見えなかった。

房住山ラストは石仏。
山頂で見た石仏。
怖い顔で、「番外三、大山祇命」と言うそうだ。
こちらは優しいお顔。
十六番 千手観世音。



5月7日は房住山の後、近くにある七座山(ななくらやま)にも登ってみた。

七座山の連なり

登山道は大杉の脇から始まる。 天然の秋田杉

稜線に至る階段 蓑座の展望台

こちらは最高峰でも300mにも満たず、今回登ったのは蓑座(みのくら)192.4mの展望台まで。
稜線に至る階段、並びに蓑座の展望台はいつの間にかリニューアルされていた昨年11月は古いままだった)
階段は登りやすくなったが、展望台は以前よりも低くなっていた。
したがって、眺めは以前に較べ、悪くなっていた(以前の眺めはこちら
東側、米代川の眺め

北側の眺め。
以前は藤里駒ヶ岳がしっかり見えていたのに、今回は木の陰になり、見えにくい。

蓑座までの行き来では花はほぼ皆無だった。
北側の原生林だったら、何か有るだろうと少し藪を漕いでみた。

林床はトリカブトだらけ。 猛毒植物、
ハシリドコロ Scopolia japonica

此処は山菜取りをしない私がぱっと見るかぎりでも、シドケ、アイコ、ホンナ、ヒデコ、ミズなど山菜の宝庫だった。
しかし廻りにはトリカブトやハシリドコロがうじゃうじゃ生えているので、一本でも混入したらこれはやばいなと思った。

ニリンソウ Anemone flaccida とエンレイソウ Trillium smallii の残り花

ルイヨウボタン Caulophyllum robustum クルマバツクバネソウ
Paris verticillata

ラショウモンカズラ
Meehania urticifolia
タチカメバソウ Trigonotis guilielmii


次(姫神山)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2019年6月28日にアップしました。)