2014年ロンリーハーツ植物紀行
とりとめもなく晩秋の秋田

2014年は近場ばかりとは言え、花や紅葉を求めてあちこちの山を歩き回った一年だった。
さすがに冬が近くなれば、山にも登らなくなり、麓から眺めるだけだが、その中から、あれっ( ̄π ̄;秋田にもこんな素晴らしい風景があったんだーと思ったものを
幾つか紹介してみる。

まずは鳥海山。
11月中旬のとある日、いつも通り、猿倉から鉾立に向かおうとしたら、堰口(標高735m)で通行止めだった。
仕方なく周辺で何か無いかと探し回った。
ヤドリギに取り付かれた木 この木は鳥海山に向かって反り返り、
何か叫んでるように見えた。



たぶんブナの二次林
落葉した樹木だってけっこう美しい。ただし天気が好ければの話だが・・・。

猿倉付近から見た鳥海山

にかほ市郊外から見た鳥海山


続いて出羽丘陵の晩期紅葉を。

コナラやクリの紅葉は褐色で地味だが、個人的には綺麗だと思う。
それは他の木の紅葉が終わってもしぶとく残り続ける。



11月下旬、奥羽脊梁山脈にも近づいてみた。
真昼岳(1060m)
真昼岳は1000m台の山だが、降雪のせいかずっと高く見える。
反対側の牧草地は秋田離れした風景だ。


牧草地の開拓記念樹。
こんなにでかいプラタナスはそうはないだろう。



11月下旬、ラストは海も加わった風景
寒風山から南の方角を望む。

海上遥かに鳥海山
私が鳥海山を見たのは、2014年ではこの日が最後だった。
これから約三ヶ月間、秋田では日の射さない天候が続く。

次(12月以降)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2015年2月14日にアップしました。)