君はヒメサユリを見たか

25851.あゆ   6月29日(金) 12時50分
みなさん こんにちは。今日は、ヒメサユリのことを少しだけ。。。
ご存知のように、この花は山形・新潟・福島の三県の県境周辺を自生地とする花です。
ササユリから変異した個体が、このように進化したといわれています。
ボクも何年か前から、この花を育てようと苦心しています。現在は小山さんの指導を頂いたりしながら、五年目のものを育苗中ですが、自生地のものを観察するのが「手っ取り早い」っつうんで700kmを走破してみてきました。
この個体は、販売されている軟弱なものと違って幹径が1センチ位はあります。ユリは開花の年を追うごとに一輪ずつ花を増やすと聞いてますが、そうだとすると、すんげぇですね(^_^)v
んじゃまぁ、見てください。

25852.
このヒメサユリは、福島県南会津町の高清水公園のものです。
先週の土曜日に行きましたが、花の咲き具合は七分ほどの程よい時期でした。
大きな関心を寄せている、栽培家の月○さんにもお会いし長い時間はなしをさせて頂きました。
販売されている固体は矮性化され、50cmほどのものが多いですが、自生地のものは、ヤマユリと見間違うほどの背丈があります。
木道からの撮影者は、ヨソの人です(^_^)
こんなふうん「ドバッ」と咲いてます、圧巻ですよ。
雲は夏雲、なんでオラが行くと天気がいいんだべかねぇ。

25856.
これは高清水の東側、駒止湿原のものです。魚眼レンズを使うと、こんなんです(^_^)v
コバイケイソウも見てね。それと、風景も。。。
駒止湿原のコバイケイソウ/小山さんBBSより借用。

25857.樹音@網走は雨だ〜 しかも最高気温13度   6月29日(金) 16時43分
うっきゃ〜〜〜  あゆさ〜ん 巣・酢・凄〜い綺麗! メチャ綺麗!! とにかく綺麗!!!つがるっこさんのユリ苗
こんなんピンクなんですか・・ なんて美味しそうな〜(違) んんにゃ素敵なピンクだ(溜息)
まるで天上界のよーですー・・ 魚眼レンズに写る青空がまた良いですだー!!
晴れ男のあゆさんが向かう場所には聖地が存在するのですね、最高に眼が肥えました。。
・・んで、端っこが「上がる」のと「下がる」のって同じレンズなのかしらん(メカ音痴です)?
25858.IDU@関東某所   6月29日(金) 19時16分
む〜ん、これだけ元気に咲いているとよいですね。色もいいし♪
爽やか〜な空気も一緒に。とてもよい日和の訪問だったのでしょうが
やっぱりあゆさんが言われたように梅雨時期の空ではないなぁ〜と思っいます。(でもすごく綺麗)
25859.つがるっこ   6月29日(金) 20時5分
ヤマユリとヒメサユリ、タネからやってます。
写真の右手前がヒメサユリのはずです。
(あゆさんの写真とくらべて、葉っぱがちょっと丸っぽすぎるのが気になりますが)
これらが花を咲かせるのは、いまから何年ぐらい先になるのでしょうか?
25862.ami@京都   6月29日(金) 20時36分
あゆさん ひえー美しい〜♪
魚眼レンズのお写真、人間の記憶したものを具現化したような映像です。
群生地はどんな香りがしましたか?
ササユリって綿菓子の香りしますよね?
つがるっこさんの実生、楽しみですね♪
25864.とみちゃん・ビンゴ♪   6月29日(金) 22時7分
あゆさんこんばんは オトメユリというのと同じものですか?
美しいですね・・・
>ユリは開花の年を追うごとに一輪ずつ花を増やすと聞いてます
ササユリも同じことが言えますか?
ふるさとの山で、ササユリを見ますが2輪までしか見たことがありません。育ちにくいのかもしれませんね。
鉢植えを上手に管理できない私は つがるっこさんに、感動します。どうぞ無事に開花させて また見せてくださいね。
25865.モウ@秋田   6月29日(金) 22時19分
あゆちゃん。
素晴らしい投稿に感謝します。こんなに好い天気なのに色も飛ばず、お見事な写真群・・・
ところで(-_-;)何を隠さん助さん。そろそろまいりまひょか。
自\(`へ’)(^m^)(-_- ) (水戸黄門トリオ)じゃない何を隠そう
┬┴┬┴┤π`;)  ワタシ30数年前、ヒメサユリを盗掘したことがあるんです。
場所は山形市の郊外、自転車をキーコキーコ漕いでとある丘陵を訪ねたら、斜面の草叢にポツリポツリと咲いてました。
色はこんな綺麗なピンクじゃなくてくすんだ鮭肉のような色合いでしたが、明らかにヒメサユリでした。
近くに有った枯れ枝を使って、球根を二個ほど掘り上げ、下宿へ持ち帰りました。翌年は咲くどころか芽も出ませんでした。
それ以降、ワタシは山鳥と袂を分かちました。あゆさんのヒメサユリ2年芽
つさん>ヤマユリとヒメサユリ、タネからやってます。
かくあるべしです。
>これらが花を咲かせるのは、いまから何年ぐらい先になるのでしょうか?
でぃえー(llllll・o・llllll)ーーーーっ!!らま!!のようなケースもあります。気長に待ちませう。
25869.ムク@携帯から   6月30日(土) 0時35分
小山さんとこで大きな写真を拝見した時はゾゾ〜と鳥肌立ちましたねぇ。
あゆさん、素敵写真をありがとうございます<(. .)>
モウさまの山鳥にはショック( ̄(エ) ̄‖‖
いつもカタログでこの手のユリを見ると欲しくなるんですが(手を出したことはない)、あーゆーのは実生ですね?
つがるっこさんの今後が楽しみだす♪♪
25870.メルモ@都内某所   6月30日(土) 0時37分
あゆさん、沢山の写真をありがとうございます。
絵に描いたような青空ですね〜。
#25852 の写真は、肉眼で見るともっとピンクが目立っていたのだろうと思いました。






25874.あゆ   6月30日(土) 10時7分
みなさん おはようございます。
樹音さん。
あのね、あの景色はね、あんな地形なんですよ(^_^)v・・・うそ。
魚眼レンズの特性はですね、簡単にいいますと地上の被写体に対して、レンズが地平線に沿って向いていると、レンズから180度の画角のものはほぼマッスグに写ります。(なんだか、判りにくいかなぁ・・)
レンズを少し空側に向けますと、おっしゃる通り凹レンズのように真ん中が凹んで両端が持ち上がります。レンズを地上側に向けると、凸レンズのように真ん中が高くなります。あとで、いろいろ解説しながら貼りますね(^_^)五年目の苗
つがるっこさん。
こんにちは、はじめまして。。つがるっこさんの写真、手前右のハチ。恐らく、蒔いてから二年目のものと思われます。このまま順調にいきますと、早ければ三年後に初花が見られると思います。
(ホントに気の長いはなしですねぇ・・)・・だけど、ここに書いている皆さんは、そのようなスタンスで植物に接していますよ(^^)v
んでね、ボクの見方なのですが、蒔いた翌年は休眠してますから発芽しません。
葉っぱが幅広なのは用土の栄養分が充分だからだと思います。
写真は、つがるっこさんと同じ「二年芽」です。
右の写真は、ここまで来るのに五年かかってます・・来年は咲くかなぁ(^。^)








25875.
とみちゃん。はい、同じだよ〜♪
あのね、小山さんと初秋のころ自生地に行きました。
(花が無いときに行くんだから・・・通っていうか、アホらしいっつうか・・)
自然のものは背が高くて頑丈なんですよ(^_^)
ヤマユリの球根を採ってきた事があります。そこにおいとくと盗掘にあいそうだから、保護しただけ。
(あのね、みんな勝手な理屈をつけて採ってくるんですよね)
だけど、一番だいじなことは「根付かない」ってことを早く知って同じ「愚」を繰り返さないことだと思います。
(一部略)
はい、写真です。
これは高清水公園の入口、販売用のヒメサユリを運んでる人が右に見えます。このヒトが栽培の商業化を成功させた月○農園の社長さんです。

次は、この社長さんがヒマに任せて作った「ホルン」です。どっかで見たことがありますねぇ、そう「アルプスの少女」にありました。
ボクも吹いてみたけど、少ししか音がでませんでした。
この写真は、ヒメサユリの自生地に入るゲートです。

ここは自然の自生地ですが、みんなで守っているんだ・・と、感じました。
小山さんBBSより借用。

25876.
んじゃ、調子にのってインパクトの強いのを三枚。
ホンネは、これをほじくって(この言葉わかる人居てますか? )球根がどんなのか見てみてえっす。
んんん、写真は重複してなけりゃいいなぁ(^^)v
もうさん、ボクはホントのことを云うと「ヒメサユリ」よりも米代川や阿仁川が気になって夜も眠れねぇっすよ(^。^)

(一部略)
25891.lapis@ 洪水とテロ爆弾のイギリスから   6月30日(土) 23時4分
あゆさん。美しいヒメサユリの自生地の写真、ありがとうございます。
ヒメサユリって、オトメユリのことですよね。
日本のユリは、本当にすばらしいですね♪
西洋の人たちが、日本のユリに驚嘆して、たくさんの園芸種を作ろうとしたのがよくわかります。
日本にいた時は、野山に行けばたくさんササユリ(関西ですので)が咲いていて、それがごく普通の事だと思っていましたが、こちらではユリは庭園で見るものなので、ちょっとつまらないです。
たまに見かけるのは、マルタゴンリリーくらい。
(これも、ピレネーの方から来たもので、もともとのイギリスの自生ではありません)
自生地がいつまでも続く事を、祈りたいですね。
私は、ここ数年ネパレンセに挑戦していますが、このユリもここではなかなか難しいです。今年も出てきた芽をナメクジにやられてしまいました〜。 (×_×;)
メルモさんちのマドンナリリー25895.つがるっこ   6月30日(土) 23時49分
みなさん、実生ヒメサユリ応援ありがとうございます〜
あゆさん、情報ありがとうございます。早くても、これからまだ三年ですね。了解です。
ヒメサユリは放置するしかないので、長くかかっても大丈夫だと思います。たぶん。
添付した写真は、津軽では困難なマドンナリリーです。こっちも応援して下さい〜〜(^^ゞ ヒメサユリと同じく、二年目ですが、こちらはほっとくわけにはいかず(耐寒性がない、しかも冬場に光合成をする必要があるらしい)、どうなることやら……
でも、最近、四枚目の葉っぱが伸びてきました。一応、成長してくれてるようです。何年先になるか不明ですが、津軽でタネから育てたマドンナリリーを見ることができたらうれしいです(故CRLさんも喜んでくださるでしょう……)
(一部略)
25925.メルモ@都内某所   7月1日(日) 23時51分
ごめんなさい、ごめんなさい
今年ウチで咲いたマドンナ・リリーです。
通販で手に入れた球根が、お手軽に咲いてしまいました。透明感のある白にすっかり魅せられております。
球根に負担をかけることを知っていながら、誘惑に負けて、現在子房を一つ残しています。種がとれたら播いてみたいと思って。
つがるっこさん
3年なんてあっという間です。見事開花に行き着きますように。
あゆさん
ご無沙汰しています。これから本業シーズンで、ますますお目にかかる機会が減りそう??
本業……といえば、昨日、別な趣味の友人と久々に会ったのですが、彼女がなんと園芸好きで、ドンジャラもよく覗いているという話を初めて知りました。今までそっち方面に話題が転がる事がなかったのです。で、黙っているのも何なので「アシュウッドのレポートを書いてます」とお知らせいたしました。
だから、そのうちメ友の新人さんがぽっかり書き込みをしてくれるかも知れません。
みなさま、その際にはどうぞよろしく♪




2008年のヒメサユリ・レポートへ行く
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る

管理者注:本頁の写真は
(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2007年8月11日にアップしました。)