アルプランツ師匠の激レア植物写真館
/嗚呼!カムチャツカ8
{>(´π`)<}〃パタパタ♪いよいよ完結編(3)

21433.カムチャツカを完成させましょう3
アルプラント@成田    11月12日(日) 17時27分
カムチャツカの最終はナリチェボ渓谷、渓谷と言っても実際は周囲が山に囲まれた草原、車道が無いらしく、通常は途中から山を越えて歩いて入るらしい。日本からのツアへーの場合はロシア軍の古い扇風機では無い、チャーターのヘリコプターで空港から一時間程で到着する。天候が悪いと飛ばないことが多く、私の場合も半日待たされた。
では、そのヘリコプター。

21434.
ヘリコプターの景気(計器)操作板、これからも長い長い好景気をタノンマッセ。

21435.
何箇所かで見られたカステレラ パリダ

カステレラ(カスティレイア)・パリダ Castilleja pallida
21436.ホテイアツモリソウ。
花の最盛期は既に過ぎていた 。

21437.
ヤナギラン。この花の分布は広い。各地で遭遇する。


21438.
林床にはクルマユリが満開。日本に自生のものとは幾分花が小輪な感じ。


21439.
ダイアンサス(ディアントゥス) レペンス。
火山ガスが吹き上がる砂礫地にこの花だけが咲く不思議な植物、不思議な光景・・・

Dianthus repens

21440.
露天で噴出す温泉、90度を越える温泉というより、沸騰泉、直ぐ下にマグマ大使がお住まい ?


21441.
温泉が流れ込む川は自然の露天風呂、混浴で至福の一時が楽しめるが、私服(水着)着用が必要。
それから別の温泉、パラトゥンカのホテルの側の温泉も凄い。ここも混浴、美しいロシアのお姉さんを眺めながらプールのような大きい露天のお風呂に入れる。
それはいいのだが、この風呂が深い。1.8m程もあって現(うつつ)を抜かしていると溺れそうになる。ご注意の程を。


21442.
草原の遠望。
渓谷の雰囲気は無い。少し歩くと狭い川の周囲が日本の渓谷の雰囲気。


21443.
キンロバイ。ポテンティラだ。

21444.
日本でもお馴染みのヒオウギアヤメ

21445.
ヒオウギアヤメの白花。これは珍しい。
日本でも遭遇している方がおられるかどうか?の花だ。

21447.
オオタカネバラらしき花。タカネバラよりやや大型。

21448.
ワレモコウ。


21449.
トモエシオガマの群落。

21450.
トモエシオガマの白花

21451.ウメバチソウと
21452.デルフィニウム ブラキケントルムの桃色花。通常の花は青紫色。

ウメバチソウ デルフィニウム ブラキケントルムの桃色花

21454.アルプラント@成田    11月12日(日) 18時3分
そして最後はここの宿。
ログハウス風の宿舎が完備されている。食事は地元の方がアレンジしてくれるバーベキューのディナーが美味しい。


21459.モウ@バタバタ冬支度    11月12日(日) 18時32分
此方も、すっ(llllll・o・llllll)すんげえーーーーっ!!
皆さん。この際ですので、師匠にどんじゃら感想なり質問下され(カムチャに関してですが・・・)。
まずは私から・・・
>21439.
>ダイアンサス レペンス、火山ガスが吹き上がる砂礫地にこの花だけが咲く、不思議な植物、不思議な光景

ほんと不思議な光景です。
火山ガスが吹き上がるような屁臭い場所と言えば、秋田辺りでは、ヤマタヌキランのようなユーモラスなスゲとかススキ、ツツジ科の特殊な低木くらいしか記憶がないんですが・・・ディアンサス レペンス
ナデシコ科のこんな可憐な草花が、何故に・・・嗚呼!!


21462.アルプラント@成田    11月12日(日) 18時44分
>・・・ナデシコ科のこんな可憐な草花が、何故に・・・嗚呼!!
ソウなんです。
私もこんな植物を見たのは初めて。
周囲には他の植物が全く生えていないし、近づいて写真を撮影したんですが、火山ガスの臭いが強くて息苦しい一時でした。
花は美しいナデシコです。写真をもう一枚ご覧ください。


21463.setton8@関東内陸南部    11月12日(日) 19時3分
アルプラント師匠、膨大な画像ありがとうございます。
とりあえずの質問です。
1.(別スレで書いたのですが)木本はないのでしょうか?
2.同種で色変わりの花が見られるものがいくつもあるようですが、他の場所に比べて多いのでしょうか?(ヒオウギアヤメの青と白、トモエシオガマの赤と白など)
3.冬期には、温泉も雪(氷)の下になるんでしょうか?


21464.アルプラント@成田    11月12日(日) 19時44分
setton8さん、今晩はその節は有難うございました。
低地には木があります。ダケカンバやミヤマハンノキなどだったような気がします。余り木には気が無くてスミマセン。アバチャの山麓にはブルベリーの一種が沢山有って沢山実を食べました。また、花変わりが結構ありましたね。選別する人もいないし、私もそういう目で植物を見るので目に付くのかもしれませんね。冬は行った事が無いので詳しいことは解からないのですが、今回の紹介場所は人が住める状態では無いと思います。
低地の写真添付します。周囲の木はダケカンバのようです。


21465.麦わら帽子@昼は蝶々が飛んでた網走    11月12日(日) 20時42分
アルプラント@成田さん今晩は。
野生の花の美しいことと言ったら・・・・絶句ですね。
デルフィニウム・ブラキケントルムとウメバチソウのバックが岩肌と赤土に見えるんですが・・・。
草原の遠望とワレモコウは凄いです。
それとカステリア・パリダの花と、白いヒオウギアヤメの横に写ってる花が良いですね。
とにかくびっくりしてしまいました。


21468.ムク@さぶっ    11月12日(日) 20時58分
アル師匠のスレがてんこ盛りで・・
くすすな感じですが( ̄(エ) ̄;)☆\バキ! 
こちらにレスでいいのかしら~~?
21454のログハウスみたいなとこに住みたいナッ♪
今は温泉に浸かりたいぃぃ!!90度は熱すぎだけど。。
いつもお花だけでなく乗り物の写真も載せてくださるのがアル師匠ぽいですねー。お花はどれも可愛らしいです!野に咲いてるからかしらねぇ?
ナデシコの強靭さにはビックリですだー!!
いつもながら貴重なお写真、ありがとございました♪


21469.setton8@関東内陸南部    11月12日(日) 21時17分
アルプラント師匠、お答えありがとうございます。
カムチャッカシリーズを振り返ってきましたが、最初に木が出てきていました(21464に画像を再度添付して頂きすみませんでした)
で、登るとなくなるんですよね。不勉強のせいでいまだに植物の垂直分布がよく分からないんです。
そうそう、モウさま、カムチャツカの続編「5」のアップありがとうございます。
実は、ついでに、カムチャッカ半島の位置も確認しました。
道東へ行った時に、湖畔の噴気口を見て不思議な感にうたれたのですが、アバチャ山の蒸気?の夕焼け高緯度のカムチャッカに沢山の火山があるというのも、なかなか受け入れ難いです。地理の再勉強も必要みたいです。


21472.ami@京都    11月13日(月) 2時42分
カムチャッカは近くて遠い気がします、かなりの人跡未踏な地にこうしていろいろ潜んでて1.8メートルの温泉も湧いているなんて生きてる地球を感じます。
火山ガスの危険にさらされながらの撮影の賜物ありがとうございました。
火山ガス撫子がほんとに美しい。


21475.樹音@どんより・・    11月13日(月) 8時15分
モウさま お借りします・・ 
まずは「すっ(llllll・o・llllll)すんげえーーーーっ!!」
基本的には当地自生種が多いのですが、規模がちゃいますねん、礼文島内をヘリで移動みたいな感じ?
白のヒオウギアヤメ良いですね、当地自生の中にも有るのかなー 湿地が多いので遠目では探しきれない。
レポ見ると冬場環境の厳しさを植生で感じますです・・ 当地でもダケカンバ地帯の観光地では一部スキー場を除いては冬季閉鎖が常識です(^^;)


21476.lapis@イングランド南東部、罰金我無者    11月13日(月) 8時24分
アルプラントさん。カムチャッカからのたくさんの画像、ありがとうございます。
いつもながらに、野に咲く花々の可憐さに見入ってしまいました。

そんな可憐な花の中に、
えー(llllll・o・llllll)ーーーーっ!信じられない!!!

>ディアンサス レペンス、火山ガスが吹き上がる砂礫地にこの花だけが咲く、不思議な植物、不思議な光景
>ナデシコ科のこんな可憐な草花が、何故に・・・嗚呼!!


不思議な花もあるものですね!
そう言えば、マグマの噴出す海底にすむ魚もいましたよね・・・


21482.メルモ@都内某所    11月14日(火) 0時26分
アル師匠 怒濤の連投、ありがとうございます&お疲れ様です。
圧倒されてしまって、見るだけでも疲れました。たぶんこれでも撮り足りないのではないかと感じます。
白花のヒオウギアヤメなんて存在すら知りませんでした。
あるんですねえ。一緒に咲いている白い花は何でしょう。それも気になります。オオバコの仲間??(思いっきり当てずっぽう)

で、お花もいいのですが、川が流れ込んでできた天然の温泉がいいです。
肩こり、腰痛に効くのなら入りに行きたい!湯浴みするロシアの美人 しかもロシアの美人つき!
でも1.8mの水深だったら、私、一度沈んだら二度と浮かび上がれない気がします。


21485.アルプラント@成田    11月14日(火) 8時22分
お早うございます。
メルモさん、先日は美味しい集い、良かったですね。
白い花は多分イブキトラノオだと思います。
花の下のもやもやが気になるので、ムカゴトラノオの要素もあります。
何れにしてもタデ科のイブキトラノオ属でしょう。


21523.ささゆり    11月16日(木) 14時31分
え~~~、11月12日にヤナギランが咲いているのですか?
来年も我家の庭で、ヤナギランを育てたいと思っています。
寒い地方の鮮やかな花色にはかないませんが。


21524.setton8@関東内陸南部    11月16日(木) 15時39分
>11月12日にヤナギランが咲いているのですか?
ささゆりさん、アルプラント師匠がヤナギランの写真をお撮りになったのは、おそらく夏(いつの夏かは?)ではないかと思います。
たまたま、画像を投稿なさったのが、この11月12日ということです。


21526.とみちゃん(ビンゴ♪)    11月16日(木) 16時19分
アルプラント様。貴重な写真の数々ありがとうございます。
(植物にすれば、知ったこっちゃ無いのでしょうが、)秘境の地に人知れず一生懸命咲く花々・・・
でもでも、この花たちは師匠に撮影してもらい たくさんの人々に生きた証しを知ってもらえ やはり何かの縁で、選ばれた花々なんだろうなぁ と・・・
みんな美しくて 力を感じます。お目にかけていただいてありがとうございます。
ドンジャラに来させて頂いていてうれしかったです。モウ様、ありがとうございます。


21527.ささゆり    11月16日(木) 20時37分
setton8さんへ
教えてくださってありがとう。
ヤナギランはやはり夏の花なんですね。
マイガーデンのヤナギランは影も形も無くなりました。こぼれ種の芽が出てくれたら嬉しいのですが。


21534.メルモ@都内某所    11月18日(土) 9時20分
#21485 アル師匠
白い花についての解説をありがとうございました。
イブキトラノオ(の仲間)ですか。
ようやく確認してみて、名前の上がった二種類のどちらかなら、ムカゴトラノオの方が感じが似ているように思いました。もちろん同定するとかそういう話じゃありません。
実際には見たことのない(目にしたことがあったとしても、それと気付かない)植物にこうして意識が向いて、いつか何かのきっかけで実物にお目にかかることがあったとき、ふいに「これが、あの○○トラノオだ!」と結びつく瞬間があると嬉しいな♪
ユーレカ!


カムチャツカ2008へ行く
トップページに戻る

管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2007年1月13日にアップしました。)