アルプランツ師匠の激レア植物写真館
/嗚呼!カムチャツカ4

18541.おヒサシ振りのカムチャッカ
アルプラント@成田   6月29日(木) 4時19分
ご無沙汰しています。カムチャッカのアバチャ山麓の写真を送ります。
アバチャ山は2,741mの美しい火山でこの山麓の800m辺りにロッジがあって宿泊できます。周辺は色々な花に溢れています。

アバチャ山

トレッキングに使用する特殊な車両、装甲車の改造?車

河川敷に群生するオキトロピス・アヤネンシスと思われる種、日本に自生するレブンソウに近い。群生量は一面で半端でない。

次はやや小形のホソバアライトヒナゲシ、小形のケシの仲間で、薄っすらと桃色を帯びる。

ウルップソウ。
日本でも高山に自生するお馴染みの花

日本にも自生する種が全体の70%程も見られる。そんな意味でもカムチャッカは身近な場所だ。

チシマツガザクラ Bryanthus gmelinii
小形の小さな花が一斉に開花する。大雪山でも時々見かける。
チシマクモマグサ Saxifraga merkii
日本の大雪山でも時々見かける花(→こちら)。
別の場所では凄く大きな塊になって道路際に群生する。
エルマニア・パリオイデス Ermania parryoides
(アブラナ科)。この地で始めて出会えた珍しい種

アズマギクに似た、アスター・シベリクス。
結構群生が多い。

最後にもう一度アバチャ山のちょっぴりズーム写真。

では、今日から10日間、四川省にドンジャラ親衛隊が花の撮影に行って参ります。


ホソバアライトヒナゲシ18552.樹音@ホッカイロ   6月29日(木) 6時53分
(*^_^*)(*^_^*)ありがとうございます。
夢のカムチャッカ近いはずなのに遠い場所・・
今回は標高が高いのかしら・・ 礫地に点々と育った様子が良く解ります。
特殊車両? の周り・・ 解ります(^_^) 降りたらまずは足元のチェック!
道路際の雑草が全て「貴重種」なんですよねー(笑)
四川省レポート 首を長〜〜くしてお待ちしてま〜〜〜す(^_^)/~

(少し略)


18567.もんこ@今日は帰りが早い   6月29日(木) 21時39分
おう(^o^;)うっかりしておりました。
カムチャけっこう続きますね。ヒグマには遭わなかったようで何よりです。

setton8さん>四川省行、ご無事でお戻りになるよう願っております。
>もちろん、お写真を楽しみにしております。

(^o^;)銅管です。ダビディアや大熊猫に遭えるといいですね。

メコノプシス・ラケモサ Meconopsis racemosa


18570.花菱@球根堀上げ人   6月29日(木) 22時46分
うわ〜高山でお目にかかれるものが、道端って・・・(^^;)  
さすが、カムチャッカ!!群生するにも、同じ仲間だけなんだろうか?
栄養ないところだと、生存競争だし、命のリレーまで感じるご報告、
いつもながら、ありがとうございます。
次回は四川省かあ〜今頃は・・・酒盛り(^^;?


18572.アルプラント@成田   6月29日(木) 23時50分
皆さん今晩は。
無事に四川省の成都に到着しましたよ。
成都の空港で飛行機を出た瞬間、その暑さにびっくりしました。
この町は高度も500m程度でかなり南部で更に盆地で暑いらしいです。
四川省で人口が約8000万人、成都市も1000万人程住んでいるらしいです。
中国はホントに大きい。
明日は九寨溝に行きながら途中の3500m程度の峠で花の観察です(右のような花がうじゃうじゃ?)。 
因みに日本との時間差は1時間です。   久志


アルプランツ師匠の激レア植物写真館
/嗚呼!四川省のメコノプシス

18811.四川省のメコノプシス
アルプラント@成田   7月9日(日) 23時50分
今晩は。四川省の高地のメコノプシスの写真です。

メコノプシス ラケモサ Meconopsis racemosa
の黒花タイプ
メコノプシス ヘンリッキー ラケミフローラ
Meconopsis henricii var.racemiflora

18815.メルモ@前半戦の山   7月10日(月) 0時41分
アル師匠、こんばんは。
メコノプシス3連発ですね^^
以前、RHSJの講演会で取り上げられたのを聴いて以来、メコノプシスが単に「ヒマラヤの青いケシ」なだけではない、興味深い植物なのだと認識出来るようになりました。
暑い東京に居ながらにして、青くないメコノプシスの画像が拝見できる眼福を味わっております。有り難うございます。
周囲の植生ともども、3枚の画像を並べて、日差しや風のことなども想像しつつうっとりと眺めています。

うつむき加減のメコノプシス プニケア
Meconopsis punicea
黄色の花のメコノプシス インテグリフォーリア
Meconopsis integrifolia

18854.ボウ@埼玉   7月11日(火) 9時36分
ヒマラヤの青いけし。その名を初めて聞いたのは半世紀前デス。
青色だけではない花色・メコノプシスっていうんだ〜
アルプラントさんありがとうございます。埼玉にも涼しい風が吹きました。


18858.ami@京都   7月12日(水) 15時49分
おお〜多種メコノプシス・・・。素敵です、そして酸素が薄そうです。
こんなところでお花畑に遭遇し、うきゃーとばか騒ぎをしたら即座に酸欠です。
偏頭痛なわたしは以前、森先生のスライドショーにてお聞きした高山病のお話に恐れをなして中国のお花畑は諦めました。
バンクーバーに同行した高齢者と呼ばれる一歩手前の伯父夫婦は
その一ヶ月後ほどに雲南省にお花を見に行きましたが
叔母は酸素ボンベで高山病と戦ったそうです。
アルプラントさんの貴重なお写真、世界の写草からの充実楽しみにしています。


18865.モウ@金欠   7月12日(水) 22時15分
amiさん>こんなところでお花畑に遭遇し、うきゃーとばか騒ぎをしたら即座に酸欠です。
>片頭痛なわたしは・・・酸素ボンベで高山病と戦ったそうです。

過去の一時期、うちのサイト(特にBBS)を取り仕切ってらっしゃった
或るお方が斯様な頁を作っていたことをふと思い出しました。
酸欠との闘い、凄まじいものがありますが、
それ以上に展示写真のヌシ畠山陽一先生はある意味、究めて壮絶な御方です。
私の植物&写真の師匠でもありんす。
そういった観点からも、今回のアル師匠の御投稿写真、
個人的にはハハハハハーm(_ _;)mのポーズで眺めさせて頂いておりま〜す。


18867.アルプラント@成田    7月12日(水) 22時50分
今晩は。
色々なご見解ありがとうございます。
勉強になります。
ヘンリッキー ラケミフローラ(18811.右写真)の傍にある青い花はコリダリスです。
メコノプシスと目の覚めるような青さを競い合っている可愛い植物です。

今月の下旬から今度は中国の青海省にまいります。今までは
4500m程度まで何とか耐えられましたが、今度は5000mを超える場所に参ります。
一日青いケシを見ながら高地を走ります。
今度はどんなメコノプシスに会えるか?8月の半ば頃には結果が報告できます。
右写真は箱根湿性花園の青いケシ、ベトニキフォリアとグランシス?


次(カムチャ5)
行くよ〜

or

次(四川省黄龍)
行くよ〜
トップページに戻る

管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2006年8月12日にアップしました。)