アルプラント師匠の激レア植物写真館
世界の写草から/チベット・ダライ湖周辺の花
(君はパラクレギアを知っとるかね)

29810.チベット・ダライ湖周辺の花
アルプラント@成田   2月15日(金) 6時28分
お早うございます。
チベットの写真をチットご覧ください。
写真はダライ湖、その名は現地のチベット人の呼び方で中国語ではスジナ湖が正しく、その意味は‘金持ちの湖’。
毎年春にラマ教の信者が集まり湖畔でお祭りが開かれる。
ダライ湖の周囲はこの季節誰もいない、来ない、外国人は殆ど入っていない? 貸し切り状態の約5,000mの湖畔、寒くなかった。
場所はラサから約150km程で林芝に向う海抜5,013mの米拉山口(ミラ峠)手前の山岳地帯で標高4,800m〜5,000m程の所です。
29811.
湖畔に咲くウルップソウの仲間、Lagotis sp.
29812.
(上右は)ゴマノハグサ科シオガマギク属のペディクラリス・プルゼワルスキー Pedicularis przewalskii
29813.
ガレ場に咲く草丈が10cm程の葉に棘の多い青いケシ、メコノプシス・ホリドゥラ Meconopsis horridula
29815.
猛一枚、葉に棘の多い青いケシ、Meconopsis horridula
29816.
猛猛一枚、葉に棘の多い青いケシ、Meconopsis horridula
29818.
(上は)美しいオレンジ色のアネモネのキンポウゲ科イチリンソウ属のアネモネ・コエレスティナ・リネアリス Anemone coelestina var.linearis
29819.
黄色のユキノシタ科のサキシフラガらしき花
後篇に続く、、、
29820.アルプラント@成田   2月15日(金) 6時59分 セツブンソウの小山飾り
セツブンソウが咲き始めました。
アルプラントの風呂雲では無く、風呂敷でも無く、ドンジャラの付録のようなプログもよろしく。
アルプラントのブログ  山の花は友達
29821.あゆ   2月15日(金) 8時44分
毛さん みなさん おはようございまーす。
しんししゅくじょの皆さん、お目覚めは爽やかかな??
ボクは爽やかです(^^)v

>チベットの写真をチビットご覧ください。

おっとー、出たぁ〜 アルさんも爽やかですなぁ。
あははは、けっこうですね。
アルさんは「チョコ」をいっぱい頂いたので食べきれないそうです。
29824.てぬ   2月15日(金) 13時8分
>標高4,800m〜5,000m程の所です

ひゃ〜、空気が薄そうです。雪が無いのですねo(@.@)o
青ケシ、きれいですね〜〜
29827.樹音@極寒   2月15日(金) 14時12分
>チベットの写真をチビットご覧ください。

アルプラントさん 素晴らしい〜〜! チビットどころか大々的にご覧にならせて頂きま〜す。
画面最大で微細な植物や地衣類までまで粗探し〜(悪意じゃないですよ)♪
トゲトゲ青ケシの生命力にビックラ、シオガマギク系やオレンジなアネモネと一緒の薄ピンクの可愛い子・・ もしかして球根でムスカリ系ですか?? 

セツブンソウ♪♪  ブログの自生地素晴らしいですね、溜息つきつき見させて頂いてますよ。
我庭の子、今期無事に咲いてくれたら〜、追加しまっすぅ、は〜〜るよ 来い♪ まだ遠いな・・(涙)
29831.ムク@冬晴れ&鬼さむ   2月15日(金) 15時28分
ぁわわわわ((((°д°)))))
青いケシもだけど、セツブンソウの群生に涎が止まりませーん(*T▽T*)
写真で見れるだけでもシアワセ♪










29835.モウ@寒波緩み気味   2月15日(金) 21時55分 lapisさんのスノードロップ
セツブンソウの群生に涎が止まりませーん(*T▽T*)

ワーッ(^◇^♪ほんとだ。素晴らしいですね。
lapiさんのスノドロと好いコントラストですね。片や下を向いて清楚。片や上を向いてキャピキャピ。うちのBBSを通じて一緒に見られるなんてとても素晴らしいことです。

でチベットですが、
うっ( ̄π ̄;これもすん晴らしい。
師匠。↓に引き篭もらず今後もよろしくお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/alplant/
29839.lapis@寒さのぶり返し   2月16日(土) 8時26分
チベットからのお花、ありがとうございます。
青い可憐なメコノプシス、足元は棘の鎧で防御してるんですねえ!
アルプラントさんのおかげでいつもいろいろなメコノプシスが楽しめて、本当にうれしいです。
アネモネのオレンジ色がなんともゴージャス!
セツブンソウはお先にブログのほうで拝見させて頂きましたが、小山飾りのセツブンソウも可愛いですね♪

たまたま、最近見たこちらのテレビのドキュメンタリーで、もとモンティパイソンに出ていた人が世界のいろんな所に出かけてレポートするというのがあって、ラマ教のお祭りの取材を見たばかりなので、アル師匠がそこに行かれるまでの道のりなどがよくわかっているので、いっそう興味深く拝見しました。
29840.モウ@寒波緩み気味   2月16日(土) 10時24分
ところで師匠。
今回の写真はいつ頃写したものですか。
29843.アルプラント@成田   2月16日(土) 13時51分
話せば長くなりますが、よろしいでしょうか。
・・・(一部省略)
もう、何年前かな?
安政の頃ではなかったし、
そう、本題のチベットは昨年の6月下旬でした。
では、行ってきます。何処へ?
29845.モウ@寒波緩み気味   2月16日(土) 14時17分
師匠。早速ありがとございました。
・・・(一部省略)
>では、行ってきます。何処へ?
(^^;)お気をつけて〜。で羽田からいったい何処へ?

(以下、省略スマソ)










29964.アルプラント@成田   2月23日(土) 6時29分
チベットの花の続きです。
最初は塩釜、、では無い、シオガマ属のペディクラリス・ムスコイデス Pedicularis muscoides
パラクレギア Paraquilegia anemonoides
29965.
次は全員で歓声を上げたパラクレギア・アネモノイデス Paraquilegia anemonoides です。
凄く花色の濃い種です。
29966.
岩場に咲く小型の青いケシ、Meconopsis horridula

29967.
桃色花のベンケイソウ科イワベンケイ属のロディオラ・ファスティギアタ Rhodiora fastigiata
29968.
(上は)同じ属と思われる Rhodiora sp.
29969.
もう一枚 Paraquilegia anemonoides
良い花ですね。日本でもタネから栽培されていますが、育て難い種です。

29970.
白い小形のサクラソウ科トチナイソウ属のアンドロサケ・ワーディ Andorosace wardii

29971.
葉姿が特異なシソ科ホルミス属のフロミス・ロタータ Phlomis rotata
29972.
(上右は)ゴマノハグサ科シオガマギク属のPedicularis sp.
29973.
シャクナゲでツツジ科ツツジ属のロドデンドロン・ニヴァレ Rhododendron nivale
29974.
小形のキク科シオン属のAster sp.
29978.毛蕊花   2月23日(土) 11時2分
師匠。またまたありがとございました。
(^◇^♪アコガレの花、パラクレギアの本格登場ですね。にしても色が濃いですね。
可能でしたら、もっともっと(^^;)☆\バキ
29989.ami   2月23日(土) 22時50分
パラクレギアー!画面の向うでも歓声あげました♪なんという紫の集団よ!
毎度空気の薄さを感じながら、地面にへばりつく植物のただ咲いているさまに感動しました。

昨年夏、砒素かにスタートしていたアル師匠のブログですが、
青海省のメコノプシスも是非ご覧下さい。
見渡す限り、青ケシや名も知らぬ高山植物達が咲き乱れています(個人的には4,5枚目に絶句(^◇^;))マチュピチュの遺跡
あわせて中国チベット
四川省もどうぞ。



















あと南半球ですが、
マチュピチュの花も凄いと思います。遺跡も凄いですが、その周辺に咲く花まで扱った企画は本邦では唯一だと思います。
是非ご覧下さい。

・・・とこれで終わりかと思ったら、まだ続きがあった。
30011.ムク@蘭展視てますた   2月24日(日) 15時30分
アル師匠アリガトゴザイマス!!
岩場の小さなケシの健気なこと(* ̄(エ) ̄*)
そして、トゲの多さを再確認!
何の為のトゲなんでしょうね?
30016.毛蕊花    2月24日(日) 16時31分
>何の為のトゲなんでしょうね?
ヤクの食害防止ですかな。ヤク
30020.アルプラント@成田   2月24日(日) 19時21分
モウ・・・さん、ワテは ヤ・・・さんのヤクでおま。
モウさんの弱い4000m以上の高地はワテの縄張りデンガナ、
ワテはヤクに立ちまっせ。
そやけど、青いケシの棘は邪魔で苦手ドスワ。
いつもヤク113頭で屯するんやけど、今日はヤクの規ヤクでサマーバケション、寛いでオマ。
30022.モウ蕊花   2月24日(日) 20時26分
やはりそうでしたか。
ところでヤクは何故113頭なんでしょ。

・・・(一部略)



30032.lapis@ヘレボルス開花中   2月25日(月) 3時19分
チベットからの続編、ありがとうございます。
パラクレギアの綺麗な花色にびっくりです。
実際に見られたお花は、どんなにすばらしかった事でしょうね!
いつも葉っぱが気になる私ですが、シルバーグレーの葉っぱが花の色をさらに引き立てているように思います♪
メコノプシスは、またまたすごい棘で防御してますね。
30051.ムク@春はどこー?   2月26日(火) 12時53分
え゛( ̄(エ) ̄;)
ヤクがそんな岩場に!?(←アル師匠が命綱付けて撮影してる急斜面で危険な崖を想像ちう)
ところで、パラクレギアって・・
オダマキの仲間ですか?花も葉っぱもステキ。
30054.樹音@春恋し   2月26日(火) 15時19分
遅ればせながらー アルプラントさん、現実に逢える事の無い「夢の世界」への御招待、感謝・感謝です。
毎回ながら大きな画面での景色に溜息つきつつ見させて頂いてます。

パラクレギアの花色と風情にはノックアウト状態・・ アンドロサセの色の移り加減に惚れ惚れ♪

約113頭のヤクさん 監視なヤクやらいろんなヤク職頑張ってくらはいな。。
30061.アルプラント@成田   2月26日(火) 21時34分
皆さん、お晩でした。
ご覧いただいてホントに有りがたか。
バラクレギア・・・ホントに良い花ドスナ。
キンポウゲ科パラクレギア属で中央アジアからアジア北部に4種程が分布しとりまんねん。

Paraquilegia anemonoides は特に花色の濃い種で目立ちます。
この地は一面に自生する取って置きの場所です。
是非、ラサへのご出張のついでにお立ち寄りください。
では、写真をもう一枚。⇒
30064.モウ@飽きたの長い冬   2月26日(火) 22時48分
アル師匠。屋久さんも含め、追加写真ありがとございました。

ムクさん>ところで、パラクレギアって・・
>オダマキの仲間ですか?花も葉っぱもステキ。


学問的なことはよくわかりませんが、オダマキ属 Aquilegia、ヒメウズ属 Semiaquilegia、パラクレギア属 Paraquilegiaの3属は近い関係にあるみたいです。私は前二属も好きですが、パラ・・・の場合、大好きなオキナグサ Pulsatillaのエッセンスも入ってるような感じがして、これが(;´Д`)ワタシには堪らなく好いんで・・・。
ちなみに手餅本によるとAquilegiaの意味は「水(aqua)を集める(legre) 」。 かしらのparは「等しい、相似た」、paraだとすると「副」「異」などの意味になるようだけど、この場合はどちらなんだろ。








30066.アルプラント@成田   2月26日(火) 23時43分
そうですね。
バラクレギアは葉がオダマキの葉を極小型にして、花はアネモネと言う雰囲気ですね。
添付の写真は昨年の4月18日に咲いた、パラクレギア グランディフローラ です。アルペン ヤマクサで栽培した苗が開花したもので、残念ながら昨年の夏に他界されました。
Paraquilegia grandiflora

┬┴┬┴┤π`;) 師匠。他にもパラクレギアお餅でしたらご紹介下され。

行くよ〜
トップページに戻る

(本頁は2008年3月16日にアップしました。)