アルプラント師匠の激レア植物写真館
世界の写草から/中国雲南省(1)

14592.今年もお手柔らかに、、、
アルプラント@成田新勝寺   1月1日(日) 15時25分
謹賀新年、、、
村の外れの鎮守様こと、成田新勝寺様にあやかって、
ドンジャラ幼稚園と、集う心若き、皆様方の益々のご盛縁、謹んでお祝いモウし奉ります。
写真はシベリア上空から日の出です。


14610.モウ@実家より帰還   1月2日(月) 20時40分
alplantさん。あけおめことよろ。今いずこにいらっしゃるんでしょ。
(^^;)唐突ですが、マン●ラ●ラの写真、投下して下されませ。


14619アルプラント@オハヨ、、、 1月3日(火) 4時31分
ご希望にお答えしてマ●ド●ゴラの写真を、、、
ナス科の花、、、この写真は雲南省シャングリラの天池で昨年撮影したもの、色々と謂れの多い花。
私のところにも実生から育てたかなりの大株が有り、今年の春辺りに初花を期待しています。

マンドラゴラ カウレスケンス Mandragora caulescens
管理者注:本写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!

14621.arisu@しんじょう   1月3日(火) 8時16分
アルプラントさん。シベリア上空から日の出とてもスケールが大きくて素敵です。
雲南省のシャングリラの天池で昨年撮影のマンドラゴラって、うつむきかげんのかわいい仔ですね。珍しい花を見せて頂きありがとうございます。アルプラントさんて、世界を巡る空飛ぶ園芸家?
>ドンジャラ幼稚園・・・
ここりは(^0^)あはは〜。もちろん私も??含まれている様だ。


14622アルプラント@オハヨ、、、   1月3日(火) 9時1分
goodモウning,,,,
モウ一種類、ナス科の珍しい花、アニソドス Anisodus liridus です。緑のトランペットのような花す。アニソドス  Anisodus liridus
この花も雲南のシャングリラ、紅山でのご対面でした。

管理者注:右写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!

14632.もウ@風雪流れ足袋の世界   1月3日(火) 15時33分
庇さん。いやalplant師匠。
我々のためにすこぶる貴重な画像を掲示頂き、
御礼の言葉も見つからないほど感謝しております。

>私のところにも実生から育てたかなりの大株が有り、今年の春辺りに初花を期待しています。
それは凄い!!
無事開花の暁は、成田山&マンドレーク参拝ツアーってのはどうでしょう
((^^;)私は行けそうにないのですが)

園\(▼▼メ)(▼m▼)(▼。▼メ) 「横浜G探検隊」の皆さん。出動準備は宜しいかな。


14633.みー@兵庫   1月3日(火) 16時48分
アルプラントさん、皆様あけましておめでとうございます。
これが森先生の講演会にも話題に出たマンドラゴラなのですね。
あの時、映像のご紹介もあったのでしょうか?amiさん覚えてる?
わたし拝見したようなしていないような・・・(゚ー゚*?)オヨ? 映像が怒涛過ぎて覚えてないという、いい加減で恥ずかしい受講生でした(ToT)ゞ
こちらで改めて拝見させていただき、とてもうれしく思います。
思いの他かわいらしいお花ですね。アルプラントさん実際に育てていらっしゃるのですか〜。
すごいですね〜。春には開花の映像が拝見できるでしょうか。アニソドスもとてもかわいらしく貴重なお写真ですね。
なんでも出てくるドラえもんポッケのアルプラントさん、リクエストいただいたモウ様、ありがとうございました。


14638.はまうつぼ   1月3日(火) 18時21分
マンドラゴラ、怪しき果汁たっぷりの実も楽しみですぅぅ。(あれっ、ラブアップルってのは別もんだっけ?)


14640.setton8@関東内陸南部  1月3日(火) 19時51分
>マンドラゴラ、怪しき果汁たっぷりの実
Love Apple or Satan's Apple というようです。↓のurlに写真がありますが、橙色の実の写真も他サイトにあります。
熟すと緑から橙色になるのかしらん。(しかし、loveapple ってトマトのこともいうのでは?)
http://www.giftpflanzen.com/mandragora_officinarum.html


14647ami@京都   1月4日(水) 0時47分
>あの時、映像のご紹介もあったのでしょうか?
みーさん、うい。ありましたよ。たしか(←たしかかよ!) マンドラゴラを犬に引かせている銅版画(管理者注: こちらのサイト参照のこと)の不気味さ加減が大好き!アルプラントさん貴重な画像ありがとうございます。
シャングリラにたどり着くには酸欠に打ち勝つ強靭な肉体が不可欠、ハシリドコロ(右写真)ハシリドコロ 提供はモウズイカとかヒヨスとかなら私にも見ることできるのかしら〜。
>今年の春辺りに初花を期待しています。
ひゃ〜!開花のおりは是非ご披露下さい。


14650.みー@兵庫   1月4日(水) 10時18分
amiさん、さすがちゃ〜んと覚えていらっしゃったのですね〜♪
わたしはこの植物の話題が出ると、ハリーポッターの教室中うるさく飛び回る小さな妖精のシーンを思い出してしまいます。
パンジーのホビットベルボバギンスを笑えないわたしでした(*´ェ`*)ゞ


14653.ボロボロの木@風邪から復帰   1月4日(水) 12時29分
かなーり出遅れ気味(汗)
アルプラントさん、モウさん、みなさん明けましておめでとうで、ござりますです〜〜。
ボロボロはこの話題でマジレンジャーのマンドラぼうやを思い出してしまうでございますです〜 〜。
マンドラゴラは実は熟すと食べられるんでしたっけ?


14654.setton8@関東内陸南部   1月4日(水) 12時55分
>マンドラゴラは実は熟すと食べられるんでしたっけ?
↓をご参考にどうぞ。アブナイように思います。
http://www.pfaf.org/database/plants.php?Mandragora+officinarum


14655.IDU@関東某所   1月4日(水) 13時17分
追伸〜、なんだかsetton8さんの後をついて回る金魚の○のようですが〜手元の毒草図鑑によりますと(オイ)アルカロイド系のアトロピン、スコポラミン、ヒヨスチアミンの3つが含まれておりまして、量によってはマジ命落としますです。根っこの方が危ないですけど・・。
この中でお世話になったのはアトロピンだけですな。(眼科で散瞳剤)
ゲームだといろんなアイテムに使えるのだが〜(^^;)☆\バキ


14806.アルプラント@大阪   1月12日(木) 5時11分
マンドラゴラは写真を添付している雲南の種よりヨーロッパにある、Mandragora officinarumの方が有名です。
私が栽培しているのもこの種です。去年も早々と葉を展開してしまって花は咲かないようです。もし、咲けばお知らせするのですが、、
マンドラゴラ Mandragora officinarum L. の謂れや効能などについては、この学名で検索すると5000件程のサイトが出ます。少し有名すぎますね。。。


14661アルプラント@初詣   1月5日(木) 0時7分
少し趣向を変えて、去年の雲南で私が一番感激したのは白茫雪山のパラクレギア・ミクロフィラ Paraquilegia microphylla でした。
標高約4300mの峠でランクルを下りて、パラクレギア・ミクロフィラ
自分の足で4500m程まで登った岩場に群生していました。
では、その写真を、、、

管理者注:右写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!

14740.もう@秋田   1月8日(日) 8時51分
アル師匠の投稿写真ですが、中には珍しすぎて絶句!(海外はともかくとして国内ではネット初登場!)といった写真もありんす。
後々テレビや園芸誌等で発表される機会もありましょうが、このBBSは少し時が経てば、電子の藻屑になってしまい、あまりにも勿体無い。
そこで提案です。
「アルプラント師匠の激レア植物写真館」
といったテーマのコーナーを儲けて
そこに常時展示しておくというのはいかがでしょうか。
もちろん写真の著作権は久●博◆氏(単独)に帰属し、
(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
とかきっちり表示するつもりです。
今のところ、本スレのマンドラゴラ、アニソドス、パラクレギアが候補です。皆さんのコメントも適宜掲載しましょう。


14741.アルプラント@紀州   1月8日(日) 9時14分
お早うございます。紀州も寒い夜明けです。
モウさん、、ご配慮ありがとうございます。
モウ反対が無ければ、是非よろしくおねがいします。
足した写真はございませんが、ポジの写真が沢山あり、時間を見てボチボチスキャニングいたしますが。。。。


14742.もう@秋田   1月8日(日) 10時31分
早速のご快諾レスありがとうございます。師匠はヘンタイタイヘンお忙しい身の上です。お手隙、しかも気の向いた時でケッコウでございます。
ドンジャラ幼稚園と、集う心若き、皆の為によろしくお願いします。


14743.メルモ@関東   1月8日(日) 11時9分
まあああ!
朝っぱらから、なんと心躍るやりとりをなさっていたのか。
秋田と紀州でお話がまとまった以上、こちらはただただ楽しみに待たせて頂きます。
これらの植物に興味はあっても、そこまで見に行く根性のない私、行けたとしても盛りの時期に行き会えるとは限らない皆さまのためにも、最高の企画だと思います。
正直、アルプラント師匠の努力の結晶をこんなに簡単に見せて頂いてしまっていいのだろうかと 後ろめたい気持もないわけじゃないんですけど、常時展示の場所を作って頂いて何度でも見返すことが出来る魅力には抗えません。
モウ様、アルプラント様、急かしませんから、お時間のあるときに、少しずつ、無理のないように、どうぞよろしくお願いします♪♪♪


14746.とみちゃん(ビンゴ♪)   1月8日(日) 12時0分
パチ・パチ・パチ!(喜びの拍手!)


14798はまうつぼ@HGヒメウズ好き!   1月11日(水) 9時51分
パラアクレギアもいいけど、セミアクレギアもいいでよ。風鈴オダマキ、もっとガーデンに使えばいいのになあ。


14799.小山@千葉   1月11日(水) 12時28分
Semiaquilegia 大好きですよん。三枚ほど画像投下〜
花が小振りなので、どうしても鉢植え鑑賞になってしまいますね。八重咲きなら、けっこう見応えあるかも。

小山さん提供のフウリンオダマキ

14807.ムク@春はまだかぃのぅ?   1月12日(木) 12時44分
>「アルプラント師匠の激レア植物写真館」
(* ̄(エ) ̄*)えぇ〜家に居てお菓子食べながらそんな激レア写真見てもいいんですかぁ!? あ、いや、正座してちゃんと見ますて。
小山さんの風鈴オダマキ(ですか?)カワエエ♪キンポ科は葉もイイですよね!


14810.もう@除雪州  1月12日(木) 22時52分
>「アルプラント師匠の激レア植物写真館」
新企画頁の表題ですが、これでいいかな?もっと烏賊す表現ないかな?思いつき次第、この後に続けてねん。


・・・・・

14820パスタイム@オネアミス王国   1月13日(金) 18時51分
っと驚く
ンルン気分horagaiさんから借りたヒメウズの写真
リティーでびゅーてほーな
イブラリー
〜〜〜〜〜(´Д`;)ハアハア思わず興奮の
ンデモネー写真館

・・・・・


14826.horagai   1月14日(土) 0時46分
"アルプ師匠の激レア植物写真館"楽しみに待ってます。
あ、そのコーナーのタイトルを考えるのがノルマ?

「世界の写草から」とか(^^;)☆\バキッ
そういえばヒメウズのページを作ってからずっと放っといたままだった。(^^;
なお、最近の分子系統分類学によれば、フウリンオダマキ Aquilegia ecalcarata はオダマキ属 (Aquilegia)に分類するのが妥当だという研究結果があります。
"Molecular phylogeny of the Aquilegia group (Ranunculaceae) based on internal transcribed spacers and 5.8S nuclear ribosomal DNA",Kyung-Eui Ro, and Bruce A. McPheron,Biochemical Systematics and Ecology,Vol.25,Issue 5,pp. 445-461, July, 1997.


14839.パスタイム@オネアミス王国   1月14日(土) 16時24分
私も
「世界の夢想花〜撮って撮って撮って撮って撮って登って登って登って登るぅ〜〜〜」
に一票(大違)
「世界の写草から」に一票です。
これは適度にダジャレでシンプルで綺麗でいいですね。


14759アルプラント@紀州   1月8日(日) 22時46分
では、お言葉に甘えてボチボチと写真をご紹介します。
これまでの雲南省の続きでシャングリラの天池への途中で見られる白い花のフクジュソウです。花は少し小輪ですが、一面に群生しています。

アドニス・ブレビスティラ Adonis brevistera
管理者注:↑と↓二枚の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!

14766.もう@明らかに悪乗り   1月9日(月) 17時3分
今日は小雪がぱらついたものの、時折日も差す穏やかな一日でした。
ホンのちょっと街に出たのですが、久々に(^^;)おそらく半月ぶりに雪の無い国道を走りました。街中の小路はいまだに轍が2〜3本で、交差に難儀してますが、それでも一昨日あたりに較べたら進化です。単純に(^^♪嬉しいです。
さて、冒頭のアドニス・ブレビスティラに関して。
フクジュソウと言えば、眩いばかりの黄色をイメージしますが、こちらは白なんですね。でも葉っぱを見ると確かにフクジュソウ。
寒中に咲く日本のフクちゃん(↓url)のように葉っぱよりも先に開花するんでしょうか?
http://mozmoz.web.infoseek.co.jp/fukuri.htm


14779.樹音@出遅れだ〜い。。   1月10日(火) 10時36分
おお〜〜  此処も涎の止まらぬ話題がてんこ盛り(^O^)
アルプラントさん 「是非とも」&「感謝」の言葉を降り注がせて戴きます。。夢の世界の花達が此処で見られるなんて・・ パソとネットって、凄いです!
そして、それらを操られるみなさまも凄い! こんな情報自宅で見られるなんて・・
アルプラントさん ありがとうございますm(_ _)m この場を提供して下さるモウ様 ありがとうございます〜〜m(_ _)m


14787.越後屋   1月10日(火) 21時42分
アルプラントさん いつも写真楽しませていただいています。
白いフクジュソウですが、本でチラット読んだだけなんですが、あれには薄紫のもあるようですね、かなり珍しいものでしょうか。ぜひ見たい(というより栽培したい)と、ややあこがれです。


14788.setton8@関東内陸南部   1月10日(火) 23時22分
>白いフクジュソウですが、本でチラット読んだだけなんですが、あれには薄紫のも・・・
↓のurlのような色のことでしょうか?
http://www.abc.se/~m8449/pic/R12.jpg
確か、表は白で裏は青紫のAdonis brevistyla については、以前にアルプラントさんに教えて頂いたように思います。


14789.アルプラント@京都   1月10日(火) 22時52分
白いフクジュソウは花弁の裏が紫色のものが結構沢山あります。この種は、ある所の情報では韓国で増殖されて昨年結構沢山日本に入っています。私の家でも開花し、日本の黄色のものと交配して種子を採取して蒔いていますが、掛かっているかどうか? 発芽するかどうか不明です。
日本での栽培は夏まで、葉が残って成績が良いように見えたのですが、秋にバタバタと枯れました。現地の大株から二年草のようなものでは無いと思うのですが、一斉に枯れる理由が今一つ不明瞭です。
右写真は花弁の裏が紫色を帯びる個体です。
そして↓は現地の群生風景です。

アドニス・ブレビスティラ Adonis brevisteraの自生風景
管理者注:↑と更に↑二枚の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!



14780アルプラント@紀州   1月10日(火) 14時45分
次もシャングリラの天池、ユリ科の植物ノモカリス Nomocharis forestii です。
日本にも球根が入っていますが、暖地では育て憎いです。昨年の6月は特に乾燥していて花数が少なかったです。

管理者注:↑二枚と↓のアップ写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!

14781.アルプラント@京都   1月10日(火) 14時49分
ノモカリスをモウ一枚、花の大きさの目安に、、、


14783.ami@松任   1月10日(火) 15時32分
ノモカリス、「世界の野草・山草」にて見たとき、
ピンク地に赤い水玉模様が子供のとき持っていたハート形のブリキ缶とおそろいの色柄だったので驚きました。
自然界の色彩には人工的に思えるものもありますね、まるっきり主観ですが。

>夢の世界の花達が此処で見られるなんて・・ パソとネットって、凄いです!
樹音さん同意!
アルプラントさんまたも惜しげもなくめずらしい植物ありがとうございます。


14785.小山@千葉   1月10日(火) 17時34分
おおぉー☆ あこがれのNomocharis いいですねぇ〜
いずれは栽培の腕を上げて、播種に挑戦したい属です。
植物園の冷温室での栽培例は良く聞きますが、
アマチュアレベルで咲かせるのは、至難の業かな。。。確か宮崎さんが普通の栽培で咲かせたらしい・・・


14786.宮崎   1月10日(火) 18時26分
>確か宮崎さんが普通の栽培で咲かせたらしい・・・
咲かせたことはありますが、誤解なきよう。ノモカリスはユリとフリチラリアの中間のような印象の植物で、夏の暑さにはたいへん弱いようです。私も継続的に栽培できたらと思っていますが、残念ながらできていません。以前にイギリスより球根を輸入して標高1000mのところで育てたのですが、だんだん貧弱になりお亡くなりになりました。このような場所のロッケリーであれば維持ができるのかもしれません。小山さんの言われるように実生が一番だと思います。さいわいに種子の入手はそんなに難しくありません(園地で系統維持されている大輪の種類を選ぶべきでしょう)ので国内で馴化ができればと思います。とはいえできるのは寒冷地に限られると思います。
現在、少しずつ寒冷地の球根植物を手がけています。国内ではあまり見ることはできませんが意外と種類も多く、楽しみも多い植物群です。そして球根植物の栽培も実生からはじめるのが一番だと思います。この頃はどんどん種子を蒔いています。一部の園芸品種は国外から株で輸入していますが。


14787.越後屋   1月10日(火) 21時42分
アルプラントさん いつも写真楽しませていただいています。
小山さん、宮崎さん はじめまして。
すいません、便乗質問なんですが
ノモカリスの球根って、どんな大きさで開花するもんなんでしょうか?
もちろん種類によりちがうのでしょうが、花の大きさの半分くらいかなあ?
右写真は、数年前にタネを播いたものです。
なかなか思うように育ちません。

それと白いフクジュソウですが・・・


14793アルプラント@京都   1月10日(火) 23時39分
雲南省、シャングリラの天池は約4000m、山頂に池があるのでこの名があるのだろう。
写真はその風景、一面の小形のシャクナゲの中に例のマンドラゴラや黒いユリ(フリティラリアでは無くリリウム)、それにイワヒゲや黄色のアマナの近縁種など、様々なの花が咲く。。

ロドデンドロン・ファスティギアツム Rhododendron fastigiatum
(`◇´)何人たりとも無断使用は・・・

今は湖の湖岸近くに意味が解らない大きなオブジェが作られている。

(`◇´)何人たりとも・・・

14794アルプラント@京都   1月10日(火) 23時55分
黒いユリとイワヒゲの一種。学名は写真に記載、ご覧ください。

ロドデンドロン・ファスティギアツムとリリウム・スーリエ Lilium souliei
↑↓写真は(`◇´)何人たり・・・
カシオーペ・ペクチナータ Cassiope pectinata

14801.arisu@しんじょう   1月11日(水) 20時35分
よっこらしょ。珍しいものシリーズを拾ってきましたよん。(^^)
>一面の小形のシャクナゲ
おおぉ!向こうのお山まで咲いてるのですか?すごい景色です。黒いユリいいですね。
シャングリラ。花咲き乱れる理想郷そのものですね。(=^^=)
ウウッ(--;)一生かかってもこの景色を見ることはないなぁ〜。あはは♪ アルプラントさん、貴重な写真をありがとうございます。


14804.もう@ウエストコースト豪雪州   1月11日(水) 21時54分
不思議なユリですね〜。
マンドラゴラ(右写真)のDNAが混じったような・・・!


14809.はまうつぼHG   1月12日(木) 15時39分
黒いユリも気になるが、
この小型のシャクナゲ。まるで箱根米つつじみたいで興味深いです。


14811.メルモ@キングコングかっこいいぞ!   1月12日(木) 23時18分
皆さまに同じく
リリウムでこんなクロユリがあるんだあ! ってのと、
このシャクナゲ、いい・・・でございます。
向こうの山がほんのりピンクなのは、この灌木の花なのですよね。
凄いものを見せて頂いております。ありがとうございます、師匠。


ところで、アルプラントさんって誰なんですか?
本名:久志 博信 (ひさし ひろのぶ)
ダジャレ演芸園芸研究家(野の花塾主宰)。幼少の頃から花や園芸に親しみ、野の花の観察や写真撮影、はたまた生け花(某流正教授)や栽培などに力を注ぐ。山野草の栽培歴は30年以上。NHK「趣味の園芸」講師としても活躍中。『山野草大百科』(講談社)、『日本の山野草ポケット事典』『山野草テクニック』(両書籍ともNHK出版)など著書・共著を多数出版中。
(^o^;)本サイトでは、植花夢3(小山飾りのヒミツ)(▼▼メ)関東新年会RHSJ講演会の二次会などにも出演中。





行くよ〜
(´π`♪関連頁 ↓     
アミーズレポート
トップページに戻る


(本頁は2006年1月20日にアップしました。)