2015年ロンリーハーツ植物紀行
6月21日、秋田駒で花三昧2

大焼砂を訪ねたら、いつもならムーミン谷に下りるのだが、
今回は横岳山頂に戻り、そこからあまり通ったことの無い馬の背の稜線を辿ってみることにした。
ミヤマダイコンソウとミヤマキンバイ Potentilla matsumurae

ミヤマダイコンソウ
Geum calthifolium var.
nipponicum
エゾツツジの蕾
(廻りにホソバイワベンケイ)

コマクサほどポピュラーではないが、秋田駒には他の高山ではあまり見かけない花が大量に生えている。。
例えば、ミヤマダイコンソウ。これはミヤマキンバイをでかくしたような草姿で、葉は丸くて立派だが、花つきはあまりよくない。
よって、話題になることは少ない。
エゾツツジは和名や学名からも分かるように北海道以北では一般的な高山植物。秋田駒ケ岳はその分布の南限付近に当たるが、数はしこたま多い。
丈の割りに花がでかく、鮮やかなマゼンタはよく目立つ。今回の山行きではまだ蕾ばかりだったが、一株だけ咲いてるものがあった。
エゾツツシ
Therorhodion camtschaticum (Rhododendron camtschaticum)

今回は行かなかったムーミン谷を見下ろす。。
小岳付近


女岳付近
岩場に咲く花
イワウメ Diapensia lapponica var. obovata イワヒゲ Cassiope lycopodioides

イワウメとミヤマダイコンソウ

イワカガミ Schizocodon soldanelloides
とミヤマキンバイ
こちらはヒメイワカガミ Schizocodon ilicifolius か。

阿弥陀池と最高峰・女目岳

阿弥陀池周辺の草地で見た花
ヒナザクラ 横顔

チングルマ Geum pentapetalum とイワカガミ

まだ初々しいチングルマ

ムシトリスミレ Pinguicula vulgaris とチングルマ ハイマツ Pinus pumila
高山植物の代表種なのに写真に撮る人は少ない。

ミヤマウスユキソウ Leontopodium fauriei

降りる途中で見かけた花
イワテハタザオ Arabis serrata var. japonica f. fauriei
岩手山と秋田駒にしかないと言われる希少植物。

コミヤマカタバミ Oxalis acetosella アキタブキ Petasites japonicus subsp. giganteus

今日は視程はあまり好い日とは言えなかったが、朝登るときは北の方の山はよく見えた。
乳頭山

乳頭山や笊森山、岩手山など

このあと季節的には2013年の20年ぶりの秋田駒ケ岳、7月20日(1)に繋がるかな。

行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2015年7月25日にアップしました。)