2014年ロンリーハーツ植物紀行
9月23日、秋田駒は紅葉してるかな

今年は近場ばかりだが、けっこういろんな山を訪ねている。特に8月下旬以降は休日に晴れが多かったせいもあり、休みのたびに山に入り浸っていた。
なのに何故か秋田駒ケ岳だけは行ってないことに気づく。
一昨日、月山に行ったら、1400m付近でもけっこう紅葉が進んでいたこちら参照)。ならば1600m超の秋田駒なら・・・と
急遽、9月23日に行くことになった。いきなり男岳山頂から始めよう。


上から目線で見る限り、けっこう赤くなっていた。
ただし、この日の秋田駒の上半分は雲に取り付かれていたので、遠くの展望はイマイチだった(直下の田沢湖もろくに見えなかった)。

男岳山頂神社 珍しいエゾツツジの紅葉


女岳からは微かに湯気が上がっている。
こちらはあまり焼けていない。

ここから先はいろいろな高山植物の草紅葉を愉しもう。
ミヤマダイコンソウ

左からミヤマダイコンソウ、ヤマハハコ、ミヤマキンバイ

チングルマ
にミヤマキンバイも少し混じってる。
たぶんミネズオウ。
こんなに黒っぽく紅葉するとは知らなかった。

イワカガミも黒く紅葉していた(緑のままのものもあった)。

トウゲブキ、ハクサンフウロ、ミヤマダイコンソウ トウゲブキ

トウゲブキがワインカラーに紅葉することは知っていたが、
ミヤマダイコンソウがこんなに紅くなるとは今まで知らなかった。他の高山ではあまり見かけないからだろう。

ミヤマキンバイ、ネバリノギランに黄葉のセリ科はイワテトウキだろうか。

これは樹木、オオカメノキ オクトリカブトだろうか。

植物ばかり続いてしまった。この日の山岳風景も少し。
男岳の途中から横岳に連なる稜線を望む。

小岳を見下ろす。
ムーミン谷の紅葉はまだ浅かった。
横岳に行く途中の鋭鋒。名はあるのだろうか。

ムーミン谷に突き出した無名の岩峰はほどよく紅葉していた。

最高峰・男女岳(おなめだけ)と阿弥陀池

焼森方面はよく焼けていた。


山や紅葉ではないが、秋田駒に行く前日(9月22日)に見た里の秋風景を二枚。
奥の山は男鹿本山。集落は安全寺。ここの棚田風景は美しい。
反対側の眺めはこうなっている。
奥に見える青いのは日本海。
この二景が眺められる橋の名は「なまはげおおはし」。


次(同時期の鳥海山)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2014年12月6日にアップしました。)